寺島しのぶさんのVIPセール事件考

 名前出さないだけ、あの人より大人

最近、女優の寺島しのぶさんのブログが話題になりました。
ご覧になった方も多いと思います。

短いんで、転載しちゃいます。

 

寺島しのぶさん公式ブログより、6月14日の記事です。

http://www.a-petits-pas.net/terajima/column/

 

———————————–

つい最近、代官山のとあるセレクトショップにて大枚はたいてショッピング。
そして何日もしないうちにVIP SALEのお知らせ。
50パーから70パーオフ!なんなんだよ!
何日か前に正規値段で買ったのに!
ここのお店で何年も散財してるのに何も教えてくれなかった。
しかも、今日行ったら初日なのになーんにもない。
「何でですか?」って聞いたら「VIPの方はみんな事前にキープされてるんですよ」って。
なんだよそれ!そんなことできるなんて知らなかったし。
そんなんだったらVIP SALEのお知らせなんて送らなきゃいい。
送った以上は、その人達を平等に扱って欲しい。
知らぬが仏だった。
でも、知った以上は腹が立つ。

————————————

 

一応、VIPセールも行っていたショップの店員経験があるので、
この事件に関して、自分なりに分析・解説したいと思います。

この件に関してネット上には、ちょっとズレた意見が多いので…
VIPセールの仕組みなど、お話しをできたらと。

 

 

★なぜ、定価で購入してすぐVIPのお知らせが届いたか

これには数種類の可能性があります。

 

まずVIPセールに呼ばれるのは、本来は最上顧客です。

顧客のランク分けは、基本的にはシーズンの購入金額で決まります。

だから、「大枚はたいた」という直近の購入で、初めて最上顧客に上がってしまった可能性もあるわけです。
直近のその時に買わなければ、VIPセールの対象者になれなかった。
皮肉にも、その直近の買い物がなければ招待状も来なかったというパターンかもしれません。

だから店員は、直近の買い物の際には、VIPセールが近いと言わなかった(言えなかった)可能性もある。

 

もうひとつ。

店員が、寺島さんの顔と名前を一致して、認識していなかった。

本来、VIP顧客クラスだと、担当店員が付いてやり取りがあります。
完全に店側が顔と名前を把握して、接客に当たります。

ただ寺島さんは女優ですし、店員とあまり喋らなかったり、サングラスなどをしていたりして顔がイマイチ認識されてなかった可能性も。
だから、直近の買い物の際に、セールのことを伝えられなかった可能性。

 

まず思いつくのは、この2つでした

あとは、芸能人にセールの案内をするのは失礼と思ったとか…。
購入した商品はセール対象外だったから言う必要が無いと思ったとか、そういう可能性もありますけど…。

 

 

★VIPセールの事前取り置きは本当か

ぶっちゃけ、やる店はやってます。

結構、やってると思いますよ。

 

例えば、セールの7〜10日位前に電話して…
「VIPセールですよ、気になる物あれば取り置きもしますよ!なんなら取り寄せもします!よければ下見にいらしてください、でも内緒ですよ!」

要約すると、こんな感じの案内が行われたりします。

 

別に店員がこっそり行っているわけでもなく、やる場合には、その店公式で行うことがほとんどです。

VIPセール対象者って、大体は買い上げ金額での抽出ですが、その中にも、買上額の差も、来店頻度の差もあります。

 

中でも、連絡しやすくて、よく来てくれるお客さんには、電話やメールで連絡を取って、気になるもの取っておきますよ、とか、事前に下見に来て貰って購入する物を決めてもらう…ってパターンは多い。

これは、確実な来店約束が取り付けられる関係を築いているお客様です。
だって、来なかったら困りますもん!

 

barnrys_1

 

blogの「みんな」が、どの程度を指してるかは、わからないですけど…。

VIPセールの日は大抵混みます。
しかも、全員が大切な上顧客様、ブランドによっては基本アポ制。
事前取り置きを実施しないと、確実にご来店くださる仲良し
VIP顧客様へ、満足がいく接客が出来ないのを理由にしたり…。

VIP顧客様に対し、通常のセールでは満足いく対応ができない!という思いからの、プレセール。
さらに、プレより早いVIPセール。そして、事前取り置き。

 

本来は、平等に扱うべきなんだと思います。

VIPの中でも、購入金額や来店頻度や来店歴もバラバラなのはわかります。
しかし、同じ括りの中で差を付けすぎるのはよくないので、更にVIPを仕分けるなりして、平等にすべきとは思います。

…まあ、店側からすると複雑なのはわかりますが…。

 

 

★商品が何もない!は本当か

これは「良い物が何も無い」の略だと思います。

何も無いことは、流石にないはずですよ…。

誤解されないよう、セール対象外の商品と、特別な客にだけ案内したい商品を店頭から引いた結果じゃないでしょうか。

 

仲良しVIP顧客の取り置きもあるでしょうが、原因はおそらくそれだけではないと思うんですよね…

ちなみに、「特別な客にだけ案内したい商品」は逆の意味で、ある特定の客に見られたくない商品、の場合があります。

特定の客にセールに出ていることが知られたくない商品、です。

ご購入頂いた高価なアレがセールに残っちゃった…気まずいから店頭から引いちゃおう!です。
…VIP顧客ともなると、その辺りも気を使います。

 

 

 

★結局、どっちが何が悪いのか

これは100%店側が悪いとしか、言えません…。

寺島さんの言う通りで、送った以上は平等に扱うべき。

それは、間違いありません。

 

事前キープのことも、どういう伝え方をしたのかわかりません。
なぜその事実を伝えたのでしょうか…?

 

寺「全然商品がないんですね」
店「申し訳ございません、事前にキープされる方が多いので…
次回から事前にご連絡頂ければ、キープ致しますので」

みたいに、謝罪+次回のご案内だったのか…

 

ただ、「VIPの方は皆さんキープされているので」
これで片付けられたら、気分は悪いに決まっています

私はVIPじゃないんかい、じゃあ呼ぶなよ、って…
寺島さんと同じ思いをした方も、絶対いると思います。

店側の気持ちもわかりますが…

キープの話は隠すべきだったと思いますね、はい。

 

 

★で、その代官山のセレクトショップどこなの?

LOVE◎ESS との説が濃厚です…

 

 

★個人的に、気になること

何年も通っている、との文面がありますが、VIPセールに招待されたのは初めてのような文面です。

今回、初めてVIP顧客入りしたように思います。

 

多分、今シーズンの買上額が従来より上がったか…
店側がVIP顧客の敷居を下げたか、です。

何年も通っていれば、店員側が顔を認識して、それなりの対応をしてくれるはずなのですが…

VIPというか顧客扱いをされていなかったように感じます。

 

どの程度の頻度で通っていたのか?

どの程度の額を、どのように買い物をしていたのか…?

店員は顔と買った物を覚える能力に長けていますから、普通に買い物していれば、覚えそうなもんですけどねえ

 

こればかりは、わかりません。

 

これまで、どんな買い物の仕方をしていたのでしょうか…。

あと、数日前に正規の値段で買ったのに!とのことですが、何を買ったかわかりませんが、全品割引ではありません。

寺島さんの購入した商品も、安くなったかは不明です。

 
同じブランドでも、店舗によって、VIPセールの事前取り置きを行う店と、行わない店があることも。

本来はダメなのに、店判断で勝手にやっている場合があります。
要は本社や、他店に内緒で行うんです。

売上に直結するのでこっそりやる店は後を絶ちません。
(もちろん、バレれば店長は凄く怒られます。)

 

 

寺島さんは、これからその店に行くのでしょうか?

そして店側で問題にはなっていないのか?

 

気になるところではあります

 

最終章結構面白いから、ほんと

 

 

 

◆個人的 買い物日記◆

今日、急に友達が家に遊びに来たんですが、
うちはお菓子などの甘い物の買い置きがないので、
紅茶しか出せなかった
やっぱり、家には少し何か置いておくべきですね

 

1 Comment

  1. グレートコート

    おはようございます。

    3周目の途中下車。

    この記事は何回読んでも傑作ですね。

    当時はヤフーニュースで私のゲス心をくすぐられたのを覚えてますが
    ここまで微に入り細に入りフェアな解説は池上さんも真っ青です。

    プンプンしている寺島しのぶさん
    という強めの固有名詞は大衆を煽るにはモッテコイです。

    しかしここから筆が冴え渡ります。

    この掴みから
    実弾が飛び交うファッションビジネスの最前線を
    戦場カメラマンのようにリポートしています。

    しかも明快で面白い。
    正確な情報でも退屈だと頭に入って来ないですからね。

    消費者は王様である。
    しかし賢い王様でなければならない。

    ラルフ・ネーダーの言葉だったと思うのですが
    主宰は大きく貢献していますね。

    サマーセール真っ盛り。
    広い視野で楽しみましょう。

Comment