ユナイテッドアローズ、新事業「アストラット」立ち上げ

 

 

セレクトショップ、どこ派?
日本にも、大なり小なりセレクトショップが存在していて、
きっと皆さんも活用していらっしゃると思います

今もセレクトショップ四天王となると、
ユナイテッドアローズ、トゥモローランド、SHIPS、ジャーナルスタンダード
になるのでしょうか?

 

知名度的にも、規模的にも、この4つかなあと思います
それぞれ、経営する会社も違って、それぞれ派生店舗があります

アローズなら、グリーンレーベル、ビューティ&ユース等が派生店舗
別事業は、coen、DRAWERなどなど…色々とあります

 

アローズだけじゃなく、他のアパレル企業も、
ターゲットやコンセプトを変え、他の店名で色々と展開しています

トゥモローのエディションや、ジャーナルはEDIFICEなど。。

 

 

detail_uyr_01_345x250.jpg

 

ユナイテッドアローズが、新しいショップを展開するそうです

 

 

将来の主力事業を目指す、
ウィメンズ・メンズの新事業「ASTRAET(アストラット)」、だそう

2014年に3月オープン予定を目指すそうです

 

ターゲット層は「精神的・文化的に成熟した大人の男女」

お金と心に余裕があり、ファッションの知識もある
自分に似合う物がわかり、良い物にはお金を出せる…
「ファッションに時間とお金をかけることができる」
…そんな大人向け、ってところ?

 

自社企画商品の想定価格帯を見ると、結構強気です

 

ジャケット — ¥54,000

アウター — ¥72,000

ボトム — ¥23,000

ニット —¥25,000

ブラウス —¥18,000

 

これ、いわゆるアローズが作る服の値段であって、
セレクト物ではありませんからね!

 

いわゆる「セレオリ」といわれる服の値段ですが、
東京コレクション出展ブランドくらいの価格帯ですよ

まずはレディースメインで始めて、
メンズも後に展開する予定だそうです

どのレベルのブランドをセレクトするのか、そこが見物です
いやもう、楽しみはそこです。

 

構成比は、自社製作商品:仕入れ(セレクト)=65:35
半分以上がオリジナルという構成です
(そんなにオリジナル並べるのかよ…)が本音

大人向けで、アローズよりも高価なラインナップになる新事業
将来の主力を目指す、という位ですから、気合入れてくるでしょう
どんなブランドをセレクトしてくれるのでしょうか?

そして気になる、オリジナル製品の強気な価格設定
デザイナーズに負けない価値のある製品を作ってくるのか?
色々と楽しみです!

 


何故、内田選手のカレンダーはバカ売れするのか

 

 

 

2 Comments

  1. WD

    セレクトショップ、なんだかんだ言いつつも、頼ってしまう存在です。
    四天王となると、ビームスは外せないのでは?
    それとアローズで、あと2つは個人的に迷うところです。
    四天王には入らないと思いますが、ドレステリアは独自色が強い気がします。
    記事にあったアローズの新ショップ、女性はともかく男性の客層がそんなにあるのか、心配でもあります。
    それと「想定価格帯」…本当に強気ですね。
    楽しみではあります。

  2. ちゃん(管理人)

    ああっ!BEAMSをすっかり忘れていました!
    そうなるとジャーナルout、BEAMS inでしょう
    ラグシーやナノユニバース、アーバンリサーチ…有名所だけでも沢山ありますね
    ドレステリアやラブレス、ロンハーマンなんかは独自の色がある気が。
    いま大手は、あまり独自の特徴がないように感じます
    しかし、セレオリでこの価格帯って、凄いですよね
    ファッション通の大人は、逆にこの額をセレオリには出さない気が…
    デザイナーズに負けない額に見合った価値ある服を提供するのでしょうか?
    取り扱うブランド陣が気になるところです。。

Comment