ジルサンダー創設40周年!限定アイテムも登場

 

 

ジルサンダーさん、おめでとうございます!

 

ジルサンダーは、今年がブランド創設40周年です
おめでとうございます!

私、ジルサンダー大好きなんです

せっかくですので、簡単にジルサンダーの歴史などなど。

 

 

 

★折れない女、ジル・サンダー

ジルサンダー氏は名前からわかる通り女性

元々はデザイナーだったわけではなく、
ファッションジャーナリスト、ブティックのオーナーでした

自らの名前のついたブランドですが、何度かデザイナーを降りており、
最近ではラフシモンズが手掛けていたのは、記憶に新しいです

 

ラフシモンズのジルサンダーも良かった。

今は、ジルサンダー本人がデザイナーに戻ってきています

 

 

 

★ブランドの特徴

「装飾のなきデザイン」がコンセプト

素材感やシルエットの美しさで魅せるブランドです

 

色使いもシックで、対の言葉から選ぶなら「静」や「月」側。

基本的には、ミニマルなデザインを通しています

正直、パッと見は地味かもしれないです

華やかなものが好きな人には、受けないとも思います

 

でもカットの美しさや、絶妙なライン、潜む品の良さ。。

さりげなく強く主張してきます

 


香水が超有名ですね

そんなジルサンダー、40周年です

新宿伊勢丹で、10/1〜10/9は特別イベントを開催

これに合わせて、色々と限定品を発売しました!
34855.jpg
色違いに黒があります。14万5千円。

ジルサンダーぽい、シンプルで無駄の無いデザインです
2013-10-05 7.36.20.png
色違いに、白があります。約4万円。

クラッチバッグとの扱いですが、作り的に実質ポーチ。
スクリーンショット(2013-10-05 7.38.50).png
S〜XL、23,100円なり

限定のメンズアイテムは、T シャツです

書いてある文字は、ジルサンダーからのメッセージだそう

レディースはバックに文字がちょろっと入っているだけなので、
メンズのSを購入する女性も多そうです
スクリーンショット(2013-10-05 7.42.25).png
キーリング、大小あります

しっかりしたキーホルダー部分ですね

白い部分はレザーで、「アニバーサリーエディション」と。
大が約3万円、小が約2万円です

これくらいの小物の方が、長く太く愛用しそう

高級キーリングではありますが、格好良い!

 

 

 
その他、スカーフなどのアイテムもあります

見事に、白と黒にこだわって作られていますね

このシンプルさこそ、ジルサンダーという感じです

 

こちらのアイテムは、三越伊勢丹限定扱いなので、
全国の三越と伊勢丹でしか、購入できないっぽいですね
伊勢丹のWebストアでも購入できるので、
気になる方はそちらからチェックしてみてください

 

 

ジルサンダーを着こなせる、洗練された大人になりたいものです

50代になっても、60代になっても着たい

それまで、今の路線のままに続いていて欲しい!

ブランドの今後の繁栄を、願っております!

 

 

ブレスレットが欲しい

 

 

 

■個人的 買い物日記■

朝の五時から犬の散歩に行ったのですが、
自分の服装が無駄におしゃれで悲しくなりました

ストール:ファリエロサルティ
ワンピース:MUVEIL
パンツ:ENFOLD
バッグ:ノートエシロンス
靴:クラークス

3 Comments

  1. WD

    もうそんなに経つのですか…デザイナーご本人がブランドに戻られて、よかったと思います(ユニクロとのコラボは、お店に見に行きましたが結局買わず)。
    少し前に青山に行くと、前と同じ場所?にショップがありました。
    ご愛犬の散歩の時の服装、クラークスしか分からなかったです…

  2. ちゃん(管理人)

    本人の名を冠したブランドで、本人が他でデザイナー業を続けていて、
    別の人がデザイナーをやっていたりすると、なんだか複雑です。。
    よくあることで、会社ですし仕方がないですけど、
    やっぱり本人が手掛けて欲しいなあと思います
    散歩の服装、洋服類は全部レディースのみのブランドなので、
    分からなくても全然問題ありませんよ^^

  3. WD

    確かに、引退でもしない限り、別の方がその名前のブランドを担当するのは、割り切れない思いです。
    土曜日、丸の内の某セレクトショップで、身頃が大きめのチェック柄でハイネックのセーター(分かりにくい説明ですみません。ニット紹介の記事にあったような感じ?)を見つけて、店員さんに尋ねると、<ジル・サンダー>のでした。
    高くてなかなか手が出ないけれど、気になるデザイナーさんです。

Comment