【NEWS】今週のファッションニュース -2017.10.23-

10月も終わり

もう10月も終わりですよ。
そう考えれば、寒くて当然ですよね。

リゾート(プレ春)を展開しはじめるブランドもあって、ああ秋冬物買ってる場合じゃないんだな、なんて。
シーズンの終わりだから、コラボやクリスマス限定品のニュースばっかりなんだな、なんて。

今回は、気になるニュースについても取り上げております。
来週のあれこれです!

http://www.driesvannoten.be/

【26日】NIKELAB×Riccardo Tisci、最新コレクション発売

ナイキラボとリカルド・ティッシの最新コラボレーションコレクション「NIKELAB × RT ヴィクトリアス・ミノタウロス コレクション」が、10月26日より発売になります。

http://nike.jp/nikebiz/news/other_171013.html

架空のバスケットボールチーム「ヴィクトリアス・ミノタウルス」を設定・作成し、そのチームのユニホームやトレーニングウェア…といったイメージで製品が作られているそうです。
つまりあれだ、全体的にバスケっぽいデザインってことだな!

実際、製品にはアメリカのバスケチームっぽさが漂っております。
ウェアはメンズ4型、ウィメンズ3型の展開ですが、目玉はスニーカー「エアフォースワン」でしょうね。

https://www.fashionsnap.com/news/2017-10-13/nikert/

リカルド・ティッシは、普段からエアフォースワンを愛用しており、特別なこだわりを持っているそうで。
今回のコラボレーションでも、エアフォースワンが最も自分のスタイルを表したものとなっていると話しております。

大事なお値段。
NIKELAB × RT エアフォースワンは、価格25,920円

\これは売れるぞー/

販売店舗:NIKE.COM/NIKELAB、NIKELAB MA5、DSM GINZA

https://www.fashionsnap.com/news/2017-10-13/nikert/gallery/index5.php

【27日~】マルジェラ、ドーバーで展示

10月27日より、ドーバーストリートマーケット銀座にて、メゾンマルジェラが2017年春夏アーティザナルコレクションの主要ルックを展示します。

アーティザナルは、マルジェラのオートクチュールラインのこと。
手がけるのは、ジョン・ガリアーノ。
アーティザナルの展示は、日本初だそうですよ。

開催期間も長く、展示の閲覧は無料!
ちょいと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

展示開催期間:2017年10月27日(金)~11月21日(火)

https://www.fashionsnap.com/collection/maison-margiela/2017ss-couture/gallery/index24.php

「Discover the Maison Margiela ‘Tabi’ story」も開催。
要するに、タビシリーズの展示です。

1989年に初登場して以来、ブランドの顔であり定番となっているタビ。
初代から新作まで、歴代のタビを展示するそうです。

タビって、30年近い歴史があるだけあり、これまで本当に様々なデザインが販売されてきました。
全く人気のなかったデザインもあると認識していますが、何を展示するのか。ちょいと興味があります。

展示開催期間:10/27~11/2
※アーティザナル展より開催期間が短いです、注意!

http://theimpression.com/maison-margiela-fashion-show-fall-2016-couture-details/

10月28日には、ドーバー銀座のために制作した限定タビブーツ(ウィメンズ)を販売します。
ゴールドレザーを白色でペイントしたという、なんとも「らしい」ブーツです。お値段も特別高価ではないので、即完売でしょうね。

価格:156,000円(税抜)

https://www.fashionsnap.com/news/2017-10-20/artisanal2017-dover/

【27日~29日】BARNEYS NEWYORK、スペシャルセール

定期的に開催される、バーニーズニューヨークの「GREAT SALE」
冬物が欲しくなる時期の開催。ナイスタイミング!

いわゆるアウトレットセールで、各種かなりお安くなっています。

セールプライスから、更に30~50%OFF。
その他、割引率云々じゃなくキリ良い数字での特別価格になっていたりと、とにかく安い。

特に、靴がお買い得だと思いました。
高級ブランドもずらりと並ぶので、サイズさえ合えば本当にお買い得な商品がごろごろです。

https://www.barneys.co.jp/events/the-great-sale.html

<開催場所>
新宿NSビル B1 NSイベントホール(大ホール)
※大江戸線「都庁前」からが近いです

<開催日時>
10/27(金) 11:00 – 20:00
10/28 (土) 11:00 – 19:00
10/29 (日) 11:00 – 18:00(17:30入場締切)

※注意※
セールに参加するには、入場券が必要です。
とはいえ、ネット上にある入場券を印刷し、名前などを記入するだけです。
行く場合には、事前に印刷・記入をしておきましょう。

イベント詳細・入場券入手は、バーニーズ公式内イベントページからどうぞ!

https://www.barneys.co.jp/events/the-great-sale.html

【朗報】ドリスヴァンノッテン、映画公開決定&書籍発売

ドリスヴァンノッテンのドキュメンタリー映画、日本での公開が決定致しました!やったね!

製作されたことは知っていましたが、日本では公開されないのではとドキドキしていましたが、一安心でございます。

https://www.barks.jp/

音楽は、レディオヘッドのコリン・グリーンウッドが担当しています。
(この方、ドリスのショーの音楽も担当したことがあります)

公開は、2018年1月13日から。
ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館では上映が決定しております。全国で順次公開されるそうです。詳細は震えて待て!

ドリスファンの皆さん、お楽しみに!

http://www.driesvannoten.be/book

さらに、書籍も発売になっております。
ドリスの美しいコレクション、テキスタイル等が堪能できるものになっています、上下巻的に2冊発売。買うならセットだよな!

ドリスヴァンノッテン店舗、百貨店などで販売。
amazonでも販売中。amazonさすがだぜ!

書籍:Dries Van Noten 1-100

http://www.driesvannoten.be/book

【話題】mame、東京都支援でパリコレデビューへ

東京都と繊維ファッション産学協議会が、新たなファッションコンペ「FASHION PRIZE OF TOKYO」を設立しました。
第一回受賞は、レディースブランド「mame」となりました。

おめでとうございます!

https://www.fashionsnap.com/collection/mame/2017-18aw/gallery/index22.php

このコンペは、「東京を代表するインターナショナルブランドになる可能性を持つブランド」を支援しようというものです。

受賞すると、2シーズンのパリコレ出展の機会が与えられます!
海外でコレクションを発表するには、莫大なコストが必要ですから、これはガチで嬉しいやつです。ブランドの知名度を上げ、ビジネスを広げるチャンスであります!

「mame」は、2018-19AW、2019SSのパリコレクション参加となります。
(来年3月の東コレでもイベントを行うことができるとか)

https://www.fashionsnap.com/collection/mame/2014-15aw/

https://www.fashionsnap.com/collection/mame/2015ss/gallery/index14.php

「mame」は2010年発足、2011年からコレクションを発表。日本の技術や素材を大切にしながら物作りを行っているブランドです。

ブランドのアイコン的存在を早々生み出したうえ、それをヒットさせ定着させました。大手販売店やメディアの後押しもあり、一気に人気ブランドに。

2015年の記事で、デザイナーとブランドについて触れています。
ブランドの特徴なども書いているので、よければどうぞ。

過去記事:いま覚えたい!日本人女性ファッションデザイナー 5人

ちなみに、有名なのはPVC素材のバッグと…(持ってる)

https://www.fashionsnap.com/inside/mame-kurogouchimaiko/

こんな感じのワンピース(持ってる)
女性をきれいに見せる服を作るんです。

http://fashioncore-midwest.com/osaka_herbis/2014/2014ss_mame/

 

これらのアイコン的な製品やモチーフらを大事にしながら、新たな挑戦を続けています。

このコンペの審査プロセスを知り、最初に思いついたブランドは「mame」でした。(パリコレに合い、かつ評価も期待でき、海外ショー未進出ブランドとなると…筆頭は「mame」かなと)

…要するに、受賞に対する文句はございません!

がんばれ「mame」!
「sacai」のように世界に羽ばたけ!私は本気で期待しているぞ!

(写真下中央:デザイナーの黒河内さん。かわいい。)

http://fashion-prize-of-tokyo.jp/

以上になります。

今週末は、台風上陸ですね。
なんだか勢力が凄まじいそうですが、大丈夫でしょうか…。
みなさん、くれぐれもお気をつけください。

参考になれば、幸いです!

プーマオンラインストア

8 Comments

  1. WD

    苦手なジャンル(ホラー等)もあるし「いつか観よう」と先延ばしして、滅多に映画館に行かないのですが、ドリスさんの映画は観たい気がします。幸せな気分に浸れそう。

    コラボと言えば、<サイゾー>というスキャンダル雑誌?の11月号にファッション業界の闇?についての記事があり、ヴィトンとSupremeのコラボの話や裏原ブランドの盛衰等、面白くもあり、考えさせられもしました。

    mameさん、秋冬のルックの画像をざっと見たのですが、いいですね…アシンメトリーのブラウス?やタートルの上から着けたネックレス等、欲しくなります(笑)。ロマンティックなのだけれど甘過ぎないところ、ヨーロッパっぽい(私見ですが)少しひんやりした雰囲気、惹かれます。メンズも出してもらえないだろうかと思います。

    台風気がかりですね。お互いに気をつけましょう。

    • ドリスの映画は、内容の濃さは不明としても、とりあえず美しい映像が見られることは間違いないでしょう 笑
      私も映画館は滅多に行きませんが、これは見に行こうと思っています。

      サイゾーは、ファッション業界のタブー記事を定期的に載せますね 笑
      (以前紹介した「ファッション業界のタブー」的な書籍も、サイゾーでしたよね?)
      ブランドの偽物問題はもちろん、裏原系(ストリート系)ブランド(もちろん一部)の背後を追っていくと、結局はアウトローな世界に繋がっていきますから
      そういう意味では、サイゾーやナックルズ系の分野かもしれません。

      「mame」は、一度メンズも出したと記憶します。記事にもしたかも。
      シンプルなカットソーなどでしたが、イマイチでした。今は止めたと思います。
      ブランドが大きくなり、デザイナーの腕が上がったら、また展開するかもしれませんね。

  2. 9

    こんにちは。ファッション記事、いつも楽しみにしています。
    文章の書き方が丁寧でわかりやすく、ずっと見ていたいブログの一つです。

    さかたさんは今はもうファッション系のお仕事はされてはいないのでしょうか?

    • こんにちは
      今はファッションに関係する仕事には就いていません。
      ファッション関係の仕事に就いている友人は多いので、あれこれ秘密裏に手伝ったりすることがある程度です。

      わかりやすさ、読みやすさを重視しているので、嬉しいお言葉です!
      仕事が忙しいうえ、持病もあるので、更新頻度にムラがありますが、末永くお付き合い頂ければうれしいです。

  3. Y

    ドリス待ってました!
    このニュースを聞いて本当に小躍りしちゃいました。

    mameは素晴らしいニュースですね。
    独創的で素敵ですよね。実はフレアスカートを持ってます。
    ただ、mameを見るとどうしても、女性デザイナーは自分が一番似合う服を作る、
    という言葉を思い出してしまいます。

    しかし、mame持っていらっしゃるとは意外でした。

    • ドリス映画、日本で公開されて嬉しいです!
      内容の濃さは不明ですが、ドリスおじさんが美しい空間(自宅やアトリエ)で黙々と作業している様子を見ているだけで、優しい気持ちになれそうです。

      >女性デザイナーは自分が一番似合う服を作る
      「mame」は本当にこれです…!!仰る通り!!
      あの独特な形(パターン)は、自分の体形基準かと思ってしまいます。
      いまは「自分が一番似合う服」じゃない服も作っていますが、すると途端に弱くなる(小声

      最近は購入していませんが、2014年くらいまでは購入していました。
      他にも刺繍や織生地のワンピースやレース襟のついたニット、フレアスカートなども持っています。バッグも複数 笑
      こういう女性らしく、ちんまりした服も必要な時がありますからね!

  4. ymst

    ドリスの映画はドキュメンタリーなんですね。すごく面白そうです!
    このタイトルを見るとドリスの植物柄の洋服が俄然欲しくなります。

    女性の方がおしゃれは大変だろうと思っていますが、ドリスのようなブランドを見ると女性が羨ましくなります。
    今季ドリスのレディース素敵ですね。
    おそらくお買い物されてると思いますので、報告楽しみにしています(笑)

    • 「ファブリックと花を愛する男」なんて書かれたら、花柄(植物柄)の生地なりモチーフを使用した服が欲しくなりますよね。
      私もまんまと欲しくなり、花柄のワンピースを購入してしまいました。うう…!

      ファッションに関しては、女性男性でそれぞれ良し悪しありますね。
      楽しむうえで幅が広いのは確実に女性でしょうが、それだけ大変でもあります。
      選択肢が多いというのは、間違えやすいということでもありますから。

      今季の私のお買い物は、ドリス祭ですよ。
      そろそろお買い物日記を書きます、お楽しみに…!

Comment