【2016SS】気になるトレンドたち -その1「刺繍」-

意外に身近な「刺繍」

春夏シーズンの立ち上がりを、どんどん迎えております!

2016年の春夏シーズンのトレンドについて、まとめ記事をすでにお届けしたのですが…
そこで取り上げなかった細かいネタを、ちょろちょろとお届けしたいと思います。

関連特集:トレンドまとめ

今回は、男女共通で注目されているもの。
「刺繍」について!

http://www.fashionsnap.com/collection/valentino/mens/2016ss/gallery/index9.php

http://www.fashionsnap.com/collection/valentino/mens/2016ss/gallery/index9.php

スカジャンは無理…という人にも!

スカジャンが注目アイテムだっぜ!ということは以前にもお伝えしました。
今年はスカジャンもトレンドですが、「刺繍」という装飾のひとつが大注目なのです。

よくあるのは、シャツの胸元にブランドのロゴやマークをちょこんと刺繍したものですが…。
今年注目なのは、より大胆な刺繍です。
ワンポイントどころか、場を支配するような完全主役級の刺繍に注目です!

ショーの写真にてイメージを掴みましょう。

下は、GUCCIの2016SS。
レース素材のシャツに、薔薇の刺繍を。

http://www.fashionsnap.com/collection/gucci/mens/2016ss/gallery/index6.php

http://www.fashionsnap.com/collection/gucci/mens/2016ss/gallery/index6.php

下は、クリスチャンダダの2016SS。
スカジャンの刺繍部分が、わかりやすい写真。

http://www.fashionsnap.com/collection/christian-dada/mens/2016ss/gallery/index24.php

http://www.fashionsnap.com/collection/christian-dada/mens/2016ss/gallery/index24.php

下は、ドリスヴァンノッテンの2016SS。
ジャケットにスパンコールで刺繍を。蠍かな?

http://www.fashionsnap.com/collection/dries-van-noten/mens/2016ss/gallery/index36.php

http://www.fashionsnap.com/collection/dries-van-noten/mens/2016ss/gallery/index36.php

下は、ドルチェ&ガッバーナの2016SS。
ショー全体に、美しい刺繍を多く取り入れております。

http://www.fashionsnap.com/collection/dolcegabbana/man/2016ss/gallery/index24.php

http://www.fashionsnap.com/collection/dolcegabbana/man/2016ss/gallery/index24.php

デニムへの刺繍も。
いやあ細かい仕事ですねえ…お値段が気になるところ…(こわごわ

http://www.fashionsnap.com/collection/dolcegabbana/man/2016ss/gallery/index44.php

http://www.fashionsnap.com/collection/dolcegabbana/man/2016ss/gallery/index44.php

アウターからシューズまで「刺繍」大活躍

ファッションショーでは、ブルゾンやジャケットなどアウターへの刺繍が目立ちましたが、シャツやカットソー、パンツなどの他衣類や、バッグやシューズなどの小物に刺繍が施されたものも登場しています。

スカジャンより取り入れやすいアイテムにも、続々と刺繍は取り入れられております!
スカジャン無理派のあなたもご安心ください(にっこり

例えば、ロゴアイテムのロゴ部分が、プリントではなく刺繍になったものだとか。
今季は、いつもならばプリントでもよさそうなところが、刺繍になっていたりします。

http://zozo.jp/shop/apc/goods/7196763/?did=19646802

http://zozo.jp/shop/apc/goods/7196763/?did=19646802

http://zozo.jp/shop/garden/goods/7992527/?did=21296311

http://zozo.jp/shop/garden/goods/7992527/?did=21296311

刺繍が施されたシャツは、多く見かけることになりそうです。
特に流行のデニムシャツ+刺繍の合わせ技アイテムは、今年のあるあるアイテムになるかもしれない!

http://zozo.jp/shop/hystericglamour/goods/8108136/?did=21486608

http://zozo.jp/shop/hystericglamour/goods/8108136/?did=21486608

下の、「BEN DAVIS」の刺繍シャツは、9,720円とお手頃!
女々しくない刺繍で、こんな感じなら着られそうだぜ…と感じる男性は多いのでは。

http://zozo.jp/shop/naval/goods/9075234/?did=22950190

http://zozo.jp/shop/naval/goods/9075234/?did=22950190

GUCCIは今季、蜂の刺繍をシューズや小物にも取り入れています。
蜂刺繍は新生グッチのシンボル的なモチーフ。
ウェアやレディースアイテムにも取り入れられています。

http://www.gucci.com/jp/styles/407300DKG202560#407300DKG201060

http://www.gucci.com/jp/styles/407300DKG202560#407300DKG201060

http://www.gucci.com/jp/styles/408826KLQCN8461#

http://www.gucci.com/jp/styles/408826KLQCN8461#

注目の「刺繍」、値段に要注意

刺繍の施されたアイテムって、高価なものも多いです。

繊細な刺繍は、選ばれし職人による手刺繍が多いのです。
さらに、それなりの高級ブランドのものともなれば、そりゃあもう…!です。
定価を聞いてもクールに振舞う、心の準備をしておきましょう。

刺繍って、針と糸でチクチクと模様を作る作業です。
刺繍を施す土台の素材が繊細だと、ちょっとしたことで土台の生地が引きつったり、破れたりしてしまいます。
きれいに縫うだけでも難しいような素材に、繊細な刺繍がしてあったら、それなりのお値段でも仕方がないことです…。

逆に、デニムやチノみたいな強い素材は刺繍がしやすいです。
機械でガガガッ!といける。
だから、お手頃価格で刺繍のアイテムを見つけやすいかと思います。

http://www.fashionsnap.com/collection/louis-vuitton/mens/2016ss/gallery/index34.php

http://www.fashionsnap.com/collection/louis-vuitton/mens/2016ss/gallery/index34.php

以上になります。

2016年春夏シーズン注目の「刺繍」についてでした!

刺繍というと、どうしてもレディースのイメージが強いですが、今季はメンズにも色々登場します。
さりげないと見逃しがちですが、さりげないその模様、実は刺繍かもしれないぜ?

お買い物の際、「刺繍」があるかどうか、ちょっと注目してみてください。
きっと、意外にあるはず!

参考になれば、幸いです!

 

 

2 Comments

  1. WD

    刺繍、気になる要素の1つです。
    自分自身は、ずっと昔に買ったドリスのネクタイ位しか持っていないですが。草花柄で、今でも一番お気に入りのネクタイです。

    画像のGUCCIのみたいなのも、いいと思うけれど、素肌に着る勇気は自分にはないです(苦笑)。
    画像のドリスのは、多分ロブスター、海老の類ではないかと。
    記事の中のものがもし1つ入手出来るとしたら…ドルチェ&ガッバーナのでしょうか。こういうのをびしっと着てみたいです。

    今後お店に春夏物を見に行く際には、刺繍ものがないか気をつけて見てみます。

    以前コメントに書いた、在庫が消えたりまた出て来たりのニットは、結局手に入りました。在庫の残り数の読みって難しいなと実感しました(苦笑)。

    • GUCCIのメンズコレクションは、見る分には素敵で素晴らしいですけど…実際にこれを着るのは難しいと思います、はい。

      刺繍って、国や地方ごとに伝統的な手法や柄があったりします。
      「ネイティブ」として世界の様々な国や地域の特色が注目されている今シーズンだからこそ、様々な刺繍が登場していて、面白いです。

      ドルガバのような、柄が大胆で美しい刺繍は、やはり目を惹きますねえ。
      お値段も高価でしょうが、実物を見てみたいなあと思います!

      ニット、手に入ってよかったですね!
      在庫に関しては、店員でも本当にわからない部分があったりするので、客の立場だと読みは非常に難しいですね 笑

Comment