【報告】ジュンヤワタナベ 2016SS立ち上がりレポート

ジュンヤワタナベオンリー回

恒例となりつつある、コムデギャルソンの立ち上がりレポート!

今回は、「ジュンヤワタナベ」「ジュンヤワタナベマン」をお届けします。
2016SSのコムデギャルソン、オムプリュス、シャツ、トリコは、すでにレポート済みだぜ!

関連記事:【報告】ギャルソン 2016SS立ち上がり潜入レポート -前半-

ジュンヤさんオンリー回です、どうぞ!!!

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe-man/2016ss/

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe-man/2016ss/

ジュンヤワタナベ 2016SS

ジュンヤのレディースラインから。

今回、レディース・メンズと共通して、「アフリカン」に代表される「民族衣装」からインスピレーションを受けているそうなのですが、レディースはそれだけじゃあないッ!
2014SSから続く、近未来感みたいなものも、残っていたぜッ!

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe/2016ss/gallery/index7.php

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe/2016ss/gallery/index7.php

アクセサリーを作りたいとまず考えて、作ったアクセサリーに合う服を…と作っていったコレクションだと伺いました。
実際、アクセサリーのインパクトが大きいので(うおおお)と思うだけで、実際に展開される洋服自体は、そこまで奇抜ではありません。

上の写真の一式が、立ち上がりで入荷。
アクセサリーがなければ、なんてことはございません!着やすいシャツワンピとシューズと、ちょっぴり派手なストールちゃん!!!

特に赤ワンピース(色違いもあるよ)
鮮やかな発色と、麻特有の素材感が一番目立っていました。価格は5万円台だったような。

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe/2016ss/gallery/index3.php

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe/2016ss/gallery/index3.php

上の写真のアイテムも立ち上がりで入荷。

ワンピース、生地の質感が特徴的かつカットワークも細かくて、目を惹きました。
「パリパリしていて紙みたいですね」と言ったら「はい、紙です!」と店員さんに元気に返されました。マ、マジか…!

色合い的には、鮮やかな色ものか、黒白の印象です。
デニムラインのアイテムも種類豊富でした。ワンピースなど。

個人的に驚いたのは、トレンチコートが立ち上がりから登場していたこと!
最初からトレンチ出しちゃうんだ!的な。なんていうか、紅白歌合戦の序盤で北島三郎(他出演者を従えて「祭」を歌唱)を出しちゃうみたいなことです!!!

靴は、ルックで使っているぺたんこの革靴が並びました。

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe/2016ss/gallery/index14.php

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe/2016ss/gallery/index14.php

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe/2016ss/gallery/index11.php

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe/2016ss/gallery/index11.php

ジュンヤワタナベマン 2016SS

今回は、着やすいシーズンのターン!!!
レディースと同じく、アクセサリーが主張するだけなのです!!服自体はそこまで派手ではなく、日常的に着やすいカジュアルな洋服が揃います。

コレクションを見て「今季も無理」と思った人も、諦めちゃだめだ。諦めたらそこで試合終(ry

和柄、フォーマルと着づらい感じが続いての…
14AWシーズンぶりの、大パッチワーク祭でーす!!!

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe-man/2016ss/gallery/index4.php

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe-man/2016ss/gallery/index4.php

とにかくパッチワーク!
シャツも、カットソーも、アウターも、デニムも…なんでもパッチワーク!!!

今回は、アフリカンを筆頭に民族衣装からインスピレーションを云々ということで、麻素材が多く使われています。
色合いも割とナチュラルで、奇抜さがない。そして爽やか!
とにかく着やすそうな、実用的だと感じる服が揃っていました。

価格的には、全体的にちょっと高価な印象。

http://zozo.jp/shop/junyawatanabeman/goods/9485341/

http://zozo.jp/shop/junyawatanabeman/goods/9485341/

上の写真の、麻素材のマウンテンパーカ。
非常に使いやすそうな代物ですが…悲しいけどこれ、10万超なのよね…
(裏地が素敵生地。フードの内側部分で裏地の主張が可能ですけども)

パッチワークが施されたシャツは多数登場しますが、長袖の場合、安い物で約4万円位だったかと。パッチワークが細かいものだと、約10万円。

お店で値段を聞いてフリーズしないよう、価格帯は頭に入れておかないとね!!!値段は大事だよ!!!

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe-man/2016ss/gallery/index10.php

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe-man/2016ss/gallery/index10.php

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe-man/2016ss/gallery/index50.php

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe-man/2016ss/gallery/index50.php

使われている色柄が、全体的に優しい。
原色が入っていても、素材の優しさのおかげか、そこまで強くキツい印象になりません。
ショーの写真よりも、実物はよりナチュラルな印象です。

リーバイスのカスタムデニム、今季もあります。
(セントジェームスやラコステとコラボしたアイテムは、立ち上がりに無かったと思います。この2社とのコラボものは売れそう。)

トリコの時にも書いたことですが、今季は「これだよこれ!!!」となる人と、「またかよ…」となる人とに分かれるんじゃないかと。
ジュンヤを定期的に見るという方は、見覚えのある布がパッチワークされているのを探すのも面白いですよ(にっこり

なんだかんだ、叫んだって。
今回は着やすいアイテム勢揃いなので、売れる気がしています。
ジュンヤのパッチワークが大好きだぜ!という方は、今季をチェックすべし!

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe-man/2016ss/gallery/index27.php

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/junya-watanabe-man/2016ss/gallery/index27.php

以上になります!

今回は、ジュンヤワタナベのレディース/メンズについてお届けしました。
お店に見に行った個人的な報告かつ感想なので、そこのところよろしくね!

「服自体は意外に着やすい」、コレです。
特にメンズは、トレンドも押さえた、着やすく爽やかなアイテムが揃っていると思います。

そのうち、ガンリュウとコムコムはやります。
…オム?オムはジュンヤを落ち着かせた感じだよ!(雑

参考になれば、幸いです!

4 Comments

  1. WD

    アクセサリーの存在感の大きさに、かなり騙されてしまいますね(苦笑)。
    ジュンヤさんの熱烈なファン、というほどでもない自分(2015-2016シーズンの、リーバイスとのコラボのコートにはかなり惹かれましたが)にとっては、ずっとパッチワークが続いている印象です。決して悪口のつもりではなく、ブランドにはそういう定着したイメージが必要だと思います。

    2016-2017秋冬のショーも始まって、ちょこちょこと見ていますが、「PRADA、やっぱり凄いな」と思います。
    上着(特にダブルのもの)とか、欲しいですが、お値段も凄いので…

    • ジュンヤワタナベマンといえば、やはり「パッチワーク」のイメージですよね。
      毎回パッチワークものは何かしらあるのですが、今回は全体的にカジュアルかつパッチワーク。久々のパッチワーク祭です 笑

      私も、このブランドといえばコレ!というものは必要だと思います。
      人に覚えてもらう特徴、強みって、大切だと思います。
      とりあえずコレ買っとけ!みたいな取っ掛かりがあると、買ってみようかなという気にもなりやすいですし。
      (それを大事にしながら、飽きられずに続けていくというのも大変ですが)

      秋冬のショーも始まっていますね!
      PRADAはやはり素敵ですね。素敵なのですが、シューズやバッグはともかく、洋服となると腰が引けますよね…。

  2. kawabata

    楽しいブログをいつもありがとうございます。今回もノリノリですね! 安◯先生もでてきたし笑
    レポートの内容もすごく楽しめました。
    このテンションなら、お身体の調子はまずまず良いのかな?そうだったら幸いです。

    ありがとうございました!

    • ただ店で見てきたこと、思ったことをレポートするだけで…ぶっちゃけ楽ですからね!!ギャルソン・ジュンヤ自体好きなブランドですし 笑
      楽しんでいただけたなら、なによりです!

      体調も、だいぶ良くなりました、元気です!
      ただ、夜になると咳が止まらない日があって、それだけがちょっと困りものです。
      ご心配いただき、すみません。こちらこそありがとうございます!

Comment