【2016SS】手本は50年代のワークスタイル!”エプロン”に注目

おつかいの途中じゃないです

個人的に大注目のアイテムがあります「エプロン」です。

ワークウェアが注目を集める中で、おしゃれ用エプロンを作るブランドやショップがちらほらと!

個人的にかなり気になるアイテムなので、ピックアップです。
本日は、おしゃれ用エプロンについて!

http://www.nepenthes.co.jp/brands/2016ss/eg.html

http://www.nepenthes.co.jp/brands/2016ss/eg.html

50年代のワークスタイルを!

1950年代。
パリやニューヨークなどの労働者の象徴的スタイルのひとつが、ワークエプロン×ワークジャケットです。

いま、ワークウェアがトレンドではありませんか。
ちょっと敷居は高いかもしれないけど、50年代の労働者を彷彿とさせる「エプロンを使った着こなし」が、一部でくらいは流行っても良いのではないかと!
エプロンを着るというのは”重ね着”であり、”レイヤードスタイル”でもありますから、トレンド要素を色々と押さえたファッションでもありますし…(ごにょごにょ

写真で見たほうが、イメージは沸きやすい!
ここはひとつ、50年代当時のリアルな着こなしを、見てみようではありませんか!

50年代の労働者の姿を収めた写真集「Irving Penn: Small Trades」の一部を参考に、どうぞ!!

http://www.hamiltonsgallery.com/artists/27-irving-penn/series/small-trades/

http://www.hamiltonsgallery.com/artists/27-irving-penn/series/small-trades/

上はまさに、エプロン+ジャケットのスタイル。
50年代のこういった労働者スタイルを、現代風にアレンジして楽しもうぜ!って話です。

ジャケットを着ていないバージョンは、こんな感じ。

http://www.theartsdesk.com/visual-arts/irving-penn-small-trades-hamiltons-gallery-portraits-npg

http://www.theartsdesk.com/visual-arts/irving-penn-small-trades-hamiltons-gallery-portraits-npg

こんな50年代のワークスタイルをお手本に。
男性も女性も、エプロンをファッションに取り入れてみてはいかがでしょう!

http://dailyserving.com/2010/10/residue-of-enchantment/

http://dailyserving.com/2010/10/residue-of-enchantment/

取り入れやすいのは丈短タイプ

丈が短くてベストのような感覚で使えるものや、”ギャルソンエプロン”と呼ばれる下半身のみを覆うタイプが、まずは使いやすいと思います。

取り入れやすそうな”ワークエプロン”を、いくつか選んでみました。

「NATAL DESIGN」ワークエプロン

http://zozo.jp/shop/zozooutdoor/goods/9330124/

http://zozo.jp/shop/zozooutdoor/goods/9330124/

上と下(一番左)は、同じエプロンの色違いを着用しています。
ベストのようで、なかなかオシャレじゃありませんか!

http://zozo.jp/shop/zozooutdoor/goods/9330124/?did=23346003

http://zozo.jp/shop/zozooutdoor/goods/9330124/?did=23346003

エプロンに寄った写真がこちら。
「NATAL DESIGN(ネイタルデザイン)」の商品、10,800円です。

http://zozo.jp/shop/zozooutdoor/goods/9330124/

http://zozo.jp/shop/zozooutdoor/goods/9330124/

「GDC」エプロン風ベスト

「GDC」は、エプロンの要素を取り入れたベストを制作。
通常のエプロンタイプより洋服っぽいので、取り入れやすいアイテムだと思います。

http://zozo.jp/shop/zozooutdoor/goods/9330124/

http://zozo.jp/shop/zozooutdoor/goods/9330124/

前が長い作りで、背面にはロゴ。3色展開です。
28,080円!

http://zozo.jp/shop/gdc/goods/1886528/

http://zozo.jp/shop/gdc/goods/1886528/

「TROVE」着方いろいろエプロン

「TROVE」も、エプロン風ベストを制作。
ハンターをイメージしたエプロンだそうです(ぶ、物騒だな!

ベストのように着用したり、腰で巻いて着用したり、同素材のアイテムで固めてセットアップで着用したりと、様々な使い方をブランドが提案しています。

http://zozo.jp/shop/trove/goods/8264518/

http://zozo.jp/shop/trove/goods/8264518/

http://zozo.jp/shop/trove/goods/8264518/

http://zozo.jp/shop/trove/goods/8264518/

写真上2枚と下1枚は、同じアイテムです。
腰で巻くか、首紐を長めにして着丈を長くし、上からトップスを被せて着ると、下のように使えるということですね!!

http://zozo.jp/shop/trove/goods/8264518/

http://zozo.jp/shop/trove/goods/8264518/

全4種類(無地3種とストライプ1種)です。
価格は、13,500円!

これは紐も細く、金具も小さめで。
ワークといえども雄々しさ控えめなので、女性でも使いやすそうです。

http://zozo.jp/shop/trove/goods/8264518/

http://zozo.jp/shop/trove/goods/8264518/

http://zozo.jp/shop/trove/goods/8264518/

http://zozo.jp/shop/trove/goods/8264518/

「Butler Verner Sails」 エンジニアエプロン

丈があるエプロンは、ガチワーキング感が出がちで、ちょっと難易度高め。
エプロンは、アイテム選びから注意が必要です。

よくあるエプロンと明らかに違う印象のものを選んだほうが、使いやすいと思います。
明らかに丈が長いとか、明らかに素材が家事用じゃないとか。

「Butler Verner Sails」のエンジニアエプロンは、丈が長め。

http://zozo.jp/shop/ability/goods/6380707/

http://zozo.jp/shop/ability/goods/6380707/

中央に切込みが入り、動きやすい仕様になっております(嬉しい

よくあるエプロンより明らかに丈が長い!
このくらい丈があれば、上に長めのショップコートやワークコートを着た時にも、エプロンの裾を覗かせることができますね。首元の紐も長めなので、着丈の調節もしやすそう。

上のような胸当ありのエプロンの上から、トップスを重ねて着ちゃってもいいんですが。
胸当無しタイプもあります。

カモフラージュとストライプの2柄展開です!

「Engineered Garments」ロングエプロン

トリに持って参りました!!
ブランド名は伊達じゃありません、エプロンを作り続けているEG。
今季もロング丈のエプロンを作っており、2016SSのルックにも数種登場していました。

http://www.nepenthes.co.jp/brands/2016ss/eg.html

http://www.nepenthes.co.jp/brands/2016ss/eg.html

ほぼ同色同素材のアイテムで全身を固めての、スタイリングですね。

下の写真で使われているダンガリークロスのタイプは、21,600円
上の写真のストライプ(シアサッカー生地)のタイプは、28,080円
生地によって値段が違うようなので、ご注意あれ!

http://www.nepenthes.co.jp/brands/2016ss/eg.html

http://www.nepenthes.co.jp/brands/2016ss/eg.html

エプロンを取り入れるポイント

最後に、エプロンをおしゃれに上手く取り入れる方法を考えてみます!

ここまででも、ちょこちょこ触れてきましたが…。
それらもまとめると、こんな感じでしょうか。

・明らかに家事用ぽくないデザインのエプロンを選ぶ
→丈が明らかに短い/長い、生地が明らかに特殊、などなど

・エプロンの要素が取り入れられたデザインの洋服は着やすい
→エプロン風ベスト、エプロン付きパンツ、などなど

・同じ生地を使った別アイテムと揃え、セットアップとして着用
→さすがに上着やパンツと揃っていると、特別感が出るぜ

・上着を羽織り、エプロンの背部分を見せないことでだいぶ着やすくなる
→エプロンの弱点は背面、背面さえ隠れればどうということはない!!!

・エプロンの上からトップスを着るという手もある
→レイヤードしたって構わないんだぜ?チラ見せ上等!

テイストの統一は基本、ワークウェア(エプロン)にはワークウェア
→”1950年代のワークウェア”を頭に置き、イメージを膨らませるのじゃ…

こんなところでしょうか。
ここまでに紹介した着用コーディネイト写真とあわせて、参考にして頂ければ…。

エプロンの弱点は、基本的に背中です。
背中が開いているのが見えると、エプロン感がかなり出ます。
重ね着で背中を隠してしまうか、背中が開いていないタイプを着てしまえば、かなり着やすくなると思います(経験談

http://zozo.jp/shop/zozooutdoor/goods/9330124/

http://zozo.jp/shop/zozooutdoor/goods/9330124/

レディースでも「エプロン」は注目です

基本的には、性別問わず使えるタイプが多いエプロン。
レディースの商品でも男性が違和感無く使えるものもありますし、逆もまた然りです!

レディースでも”エプロン”は注目のアイテム。
「コムデギャルソン・コムデギャルソン」でも、エプロンをコレクションで使用していました。

関連記事:【2016SS】コムデギャルソン 立ち上がりレポート -後編-

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/comme-des-garcons/2016ss/gallery/index23.php

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/comme-des-garcons/2016ss/gallery/index23.php

レディースでは、エプロンをドレス風にアレンジしたアイテムが、多く登場しています。
上がエプロン風+下がふんわりと広がったスカート(もしくは巻きスカート)…といったデザインのドレスは、ナチュラルな雰囲気の洋服を作るブランドを中心に、ちょくちょく見かけます。

この春夏、街でエプロンぽい洋服を着た女性を見かけることが、多くなるかもしれませんよ!

http://zozo.jp/shop/beautyandyouthunitedarrows/goods/9536784/

http://zozo.jp/shop/beautyandyouthunitedarrows/goods/9536784/

以上になります。

「エプロン」は取り入れやすいとは言い難いアイテムですが…。
ワークウェアがトレンドのいま、挑戦してみてはいかがでしょうか?

上手く着られれば、非常にオシャレだと思います!
重ね着ができる時期のほうが着やすいアイテムだと思うので、薄着になる前から着始め、早くからエプロン経験値を積んでおくのが良いかもしれません!

参考になれば、幸いです!

2 Comments

  1. ymst

    こんにちは
    いつも楽しく拝読しております。

    昨年、丈が短めの胸当があるワークエプロンを古着屋で購入したのですが、持て余していまして‥
    自分にとってタイムリーかつ非常に参考になる記事で、嬉しくなりコメントしました。

    家で早速試しに合わせてみましたが、背中を見せなければベスト感覚ですね〜。
    書かれている通り上着を着る時期の方がエプロンは着やすいので、早速色々試してみたいと思います。

    ぎんちゃん、お腹の調子はどうですか?
    管理人さん共々お身体にお気をつけください。
    これからも更新楽しみにしています。

    • 参考になったのなら何よりです!
      ワークエプロン、なんだかんだ敷居の高いアイテムなので、そうそう着る人がいるもんじゃないと思うので。ぜひ活躍させてあげてください!

      エプロン、やっぱり背中が問題なんですよね。
      背中が開いているからこそエプロンともいえるんですが、難しいところです。

      私は記事に掲載した、ギャルソンの水玉エプロンを買おうか迷っています 笑
      女性の場合はワンピースの中に着用したり、男性より重ね着の幅が広いので、随分と扱いやすいです。

Comment