街で目を惹く!冬の白の使い方

冬だからこそ、白!

昨日、冬の赤色の使い方についてを記事にしましたが。
…今日は、さわやかに白の使い方についてです。

 

実際、冬の白は非常に目立ちます。

実は、ネオンカラーに負けないくらい目立てますが、派手色に比べて、悪目立ちするリスクが低いのがポイント。

夏だと白は目立ちませんが、皆が暗い服を着て空も重くなって、空気が澄んでくる寒い季節の街で着る白には、特別な存在感があると、私は思っています。
冬の満員電車、気分が重くなるくらいどんより暗くて重い!

 

また、色モノと違い、白は「白」でしかありません。

例えば流行色が「青」といっても、青は何種類もあり、青は青でも今年っぽくない青も存在し、ややこしいのですが…。
その点、白と黒は、白と黒でしかないため、色の流行の微妙変化に、振り回されることがありません!(黒と白がモードで愛されるのは、こんなとこにも理由があるかと。)

 

冬の白は、素敵。
流行のプレッピーや、もちろんベーシックにも凄く馴染む。

ぜひとも、男性にも白を活用して欲しい!

というわけで、今日は。
男性の、冬の白の使い方についてです!

 

★冬なら、ポイント使いだけでも光る

gucci_2013aw
GUCCI 2013AW
アウターが白というだけで、この特別感

 

冬の白は、とにかく目を惹きますが。
実際に挑戦しやすい、取り入れ方を考えてみました。

上の画像のGUCCIのルックのように、真っ白なアウターを買うのは勇気がいると思います…。

汚しそうだし、眩しい白さだし。
なんか衣装というか、制服っぽくね?無理じゃね?

…気持ちはわかります。

きれいめなアイテムで真っ白、となると、結構モードな印象になってしまうかと思います。
白のスーツなんて、ホストか歌手くらいしか着ていないでしょう。

だから、カジュアルなテイストのアイテムや、ポイント使いが、最初はおすすめです。

 

★冬に使える!白のおすすめアイテム は…

NeilBarrett_2013aw
ニールバレット 2013AW 白の部分が非常に目を惹きます。

服ならば、ざっくりした編み地のニットなど、カジュアルなアイテムが扱いやすいのではないでしょうか。
ハイゲージ(薄手)の真っ白って、案外使いにくいかも。
白は膨張色で太って見えるのでは…と思う方がいますが、アイテムによりけりです。

厚手のニットはどうしてもボリュームが出るので、着膨れするのが心配であれば、上のニールバレットのニットのように、つるっとした薄手で、白が効果的に使ってあるタイプなら、問題無いと思います。

 

filmelange_2013aw
フィルメランジェ 2013AW 白〜グレーのコーデ、おしゃれですなあ

 

暖かみのあるざっくりニット

今年ならば、フィッシャーマンのような、ざっくりニット!

白でも風合い的に柔らかい印象になり、使いやすいと思います。
1枚で着ても、もちろんキレイですが、真冬にアウターから覗いても、いいアクセントになります。

 

素材的にも、上からダウンベストやマウンテンパーカーを羽織っても合います。

白は合わない色が無いので、どんなボトムスとも相性が良く、コーディネイトの幅が広いこともポイントです。

 

PRINGLE_2013aw
プリングル 2013AW
ざっくりニットもモードに着られる一例

 

重ね着で活躍、白パーカー

白のパーカーも、冬だからこそおすすめです。
私は、アウターからフードや前部分を覗かせて使っています。

暗い色目のアウターに映えて、非常に使い勝手が良いですよ。

ライトグレーのパーカーは重ね着の定番ですが、同じ感覚で、パーカーを白にするだけです。
グレーより、きちんと感が出て、モードっぽい印象に。

…確かに、汚れは目立ちます。袖の裾とか。そこは難点。

 

白多めの、柄モノで勝負

白一色でなくても、白が多めに使ってる柄モノも、十分なインパクトを与えられます。

真っ白だと汚れも気になるし、抵抗が…な方には、手が出しやすいボーダーやストライプなどの定番柄でも、十分いいポイントになると思います。

 

TimCoppens_2013aw
ティムコペンズ 2013AW  黒×白のモードな柄ですが、使いやすそう!

他に、ボーダーなら、白が多くても使いやすいと思います。
変則ボーダーは、1枚でもサラッとおしゃれです。

 

間違いないのは、靴や小物類

何でも、小物から入るのが簡単です。

冬ならば、ニット帽、マフラー、スヌード、白いシューズ…
今年なら、白い布バッグも、らしいですね。

私は、白のざっくり編みのニット帽とスヌードを、長年愛用しているのですが、非常に使いやすいです。

特に首元の白いスヌードは良いアクセントになり、冬には欠かせないアイテムです。
紺のピーコートに合わせたり、茶系のヘリンボーンのカジュアルなロングコートに合わせたりと、大活躍。

男性の白手袋はすぐに汚れる&軍手っぽく見えるので、あまりオススメはできません。。。
(とても雰囲気のあるアイテムなんですけどね)

 

WRAPINKNOT_2013aw
ラッピンノット 2013AW 全身暗めにして、帽子を白!いいポイントです

 

kazuyukikumagai_2013aw
カズユキクマガイ 2013AW トップスのボーダーの白と、靴の白がポイント!
今年らしい、非常に参考になるスタイルです

靴以外、洋服は暗いトーンでまとめて、靴だけがレザー素材のスニーカーでピカピカ真っ白!だと、靴だけ浮いてしまう恐れがあります。おろしたての運動靴的というか。

その場合、ひとつ上の写真のように、上半身に一部白が入っていると、バランスが取りやすいかと思います。

 

今年らしい、レトロなスニーカー!
白×赤、冬に最高に映えそうな一足です

GEORGE COX ジョージコックス 3588 WHITE LEATHER (BLACK SOLE)

GEORGE COX ジョージコックス 3588 WHITE LEATHER (BLACK SOLE)
価格:30,450円(税込、送料別)

パンク、グランジな印象の強い、ジョージコックス
履くだけで雰囲気の出る、一足です。

 

以上、冬の白の使い方についてでした。

白は、どんな色とも相性が良いので、ポイント使いできるようなお気に入りが見つかれば、きっと大活躍してくれると思います!
暗くまとまったちゃったなあ…なコーディネイトも、白が少し入るだけで印象も随分変わります。

 

定番アイテム、白シャツも非常に使えます。

今シーズンは、クルーネックのニットと重ね着すると、良いポイントになりつつ、今年っぽくなるのでオススメです。

 

女の間では、よく真冬の白のコートやワンピースは、”モテアイテム”に認定されます。

合コンで可愛く目立つには、白ワンピ!だとか、デートには、清楚に可愛らしく白コート!だなんてね…
くだらn…なんて書かれる程、冬の白い服は特別扱いです。

 

男性がモテるかどうかはわかりませんが、冬のファッションに、ぜひ白を活用してみてください!

明るく印象を変えられると思いますよ!

 

4 Comments

  1. WD

    「赤」の記事のコメント欄に続いて失礼します。
    白は血色のいい、健康的な顔色の人向きだと思うので、自分には上半身が白メインだと厳しそうです。
    衿もと、Vゾーンから少し見える程度なら自分でも出来るかなと思います。
    白のハイネックカットソーの上にカーディガン等を重ねるのを、これからの季節に試してみるつもりです。

    昔のアニメや漫画、今観ると凄く悲惨な設定のものが時折ありますね…不思議です。

  2. chanboo

    色は相性がありますからね
    私は、パステルカラーのように淡い色全般が、基本的にダメです。。
    相性ばっかりは、どうしようもないですね

    昔のドラえもんやガンダムでも、悲惨すぎる話があったりして、
    子供にはどう映っていたのかなあと、感慨深いです

  3. WD

    返信ありがとうございます。

    淡い色は僕も苦手ですね。上下淡い色とか、自分には出来ないコーディネートだと思っています。無理に着させられたら、落ち着かない気分になりそう。

    ドラえもんの悲惨な場面は、すぐには思い出せないですが、ガンダムを初めて観た時には、衝撃を受けた場面がいくつかありました。

  4. Ton

    三年前の記事ですが気になったので。

    白も色の幅があります。青い白から生成りみたいな黄色い白もあります。砂糖とかマシュマロみたいな白(実際シュガーホワイトとか言われる)を白と呼んでいるのだと思いますが・・・。
    配色についての記事がわかりやすかったので、細かいけれどこだわって欲しい。トーンにも触れているので。

    上級編を書くのなら、トーン×トーンを書いて欲しいです。そこまで書けてあるブログは未だ見れず。

Comment