カシミアの特徴や素材を考えた

 

みなさん、何素材のセーターがお好き?

 

冬と言えばニットですね

そろそろニットを着用している人も、多いのではないでしょうか
私も薄手のニットを着用し始めましたが、やはり暖かい!

 

ニットといっても、ウール、カシミヤ、アルパカから、
フェレット、シルク、モヘヤ、アクリルなど、素材は様々です

近年、高級ニットといえば、カシミア!なイメージが強いと思います。

最近では、随分と低価格でカシミアが手に入るようになりました。

 

一言でカシミア100%、といっても、値段はピンキリです
さらには、質もピンキリです

ほら、お肉だって「国産牛カルビ」といっても、
値段も質もピンキリじゃあないですか、それと同じです

10万円のカシミア100%のセーターと、
1万円のカシミア100%のセーターには、明確な差があるはずです

いや、なければならない。

 

昔は商品の良し悪しを値段やブランドで判断してきましたが、
今はそういったものが、あまりあてにならないのが現実です

「いい素材」の見分け方を知りたいもの。

そこで、知っておきたいカシミアの特徴について、
簡単にではありますが、ご紹介したいと思います

 

 


nano・universe カシミアストライプストール

 

 

意外に知らない、カシミアのこと

カシミアは、カシミア山羊の毛です。山羊なのです。

「繊維の宝石」なんて格好良い別名を持っており、特徴は、

・軽い ・柔らかい ・光沢感 ・ぬめり感

辺りが代表的な特徴ですね。
高級なほど、軽さ以外の特徴が際立っていくように思います。

 

ニットにも色々ありますが、カシミアは糸が非常に細いため、
ハイゲージのニットアイテムが作られることが多いです

目のつまった、つるっとしたニットが多いと思います。

 

繊維が細く柔らかいため、肌がチクチクしにくいのも特徴です。

モヘヤやアンゴラ、ウールがチクチクする!という方でも、
カシミアなら大丈夫という方も、多いのではないでしょうか。

西川 高級カシミヤ100%毛布

衣類だけでなく、寝具もあります

 

 

カシミアは、本当に暖かいのか?

カシミアは保湿性と保温性が非常に高く、暖かいです。

理由は、カシミアは繊維が非常に細いことにあるそう。

カシミアとウールとモヘア、それぞれ同じ太さの糸が並んでいても、
拡大鏡なんかで見れば繊維の密度が違うわけですね。
糸1本に極細の繊維がギュッと束ねられているのが、カシミア!

カシミアは、1本の繊維の密度が高いことから、
風も通しにくく熱も逃がさないのだそう。

繊維自体も、熱伝導率に優れているなど、あらゆる指標で、
他の素材と比べてもトップレベルの暖かさを持つと言えます。

 

 

カシミアのマフラー、暖かいですね

 

 

良いカシミアの見分け方は?

カシミア100%のニットといっても、全く値段が違います

カシミアの質自体は平均的に高いにせよ、
最底辺カシミアなら、高級ウールに負けると思うわけです。
暖かさとか、見た目の高級感とか…。

安価で高品質を求めすぎるのはどうしても無理がありますが、
許す予算の限りの中で、出来るだけ良い買い物はしたいもの。

 

良い買い物が出来るよう、
質の良いカシミアの見分け方を検証します

 

 

独特の光沢感をチェックせよ

カシミアの特徴のひとつが、光沢感です

ウールと比較すると、独特のツヤがあり、
これが”高級感”を出している部分が大きいように思います

高級なカシミアは、光沢感となめらかさとが合わさって、
「繊維の宝石」の名は伊達ではない美しさ!

光沢感、ツヤがあるかは、大切な指標のひとつです
ウールやアクリルとは、明らかに違う輝きがあり、
ピカピカと輝く…なんてのは大袈裟ですが、
モサモサ、ケバケバではなく、ツヤツヤしてしております

 

 

頬ずりしたくなる、なめらかさ?

なんといっても、その肌触りでしょう

カシミアは繊維が細かくチクチクせず、
非常になめらか、敏感肌の味方です!

カシミアの毛自体もなめらかですが、
良いカシミアほど、毛質的になめらかに感じるそうです

また、同じ糸を使ったとしても、使い方でなめらかさは変わり、
一般的には編みや織りの密度が少ない方が、柔らかいそう。

 

カシミア糸の質に合った使い方をすることで、
カシミアのなめらかさは、変わってくるそうです

……これは私たち消費者では、どうにもなりませんね

 

 

ぬめり感を目と肌で感じよう

カシミアの良さを語る上で、よく登場する表現「ぬめり感」
レザーや紙なんかにも、使われる表現ですね

要は、なめらかでしっとりとした、柔らかく手に吸い付くような…
まるで生きているような、水気をうっすら帯びているような感触…

文字で表現するのは非常に難しいのですが、こんな表現です

 

高級なカシミア、ウールなどに使用される表現ですが、
確かに「しっとり」という表現では片付けられないような、
「ぬめり感」と表現したくなる独特の質感は、存在します

高級な素材は、保湿力が高いことが多いので、
その保湿力と関係しているのかなあ、なんて勝手に思っています

 

実際に、高級なカシミア製アウターや、ニットは、
「しっとり」を通り越した「ぬめり」とも言える感触や印象を受けます

この「ぬめり」を感じるカシミア製品は、高級感を感じるうえ、
大概、凄く暖かいように感じます

やはり、この「ぬめり」という印象は、
カシミアの質を量るうえで大切なように思います

 

 

 基本的には、上質な物は軽い?

カシミアは、軽いと言われていますし、軽いです

同じハイゲージのニットでも、カシミア製はウール製に比べ、
確かに軽い印象です、柔らかいし。

カシミアの毛自体は軽いけど、
製品が軽いってのは使用している毛が少ないってことだから、
ある程度は重くないと、暖かくないし質も良くないんじゃないか。

…こういう考え方の人もいます

こればかりは、一概にどちらが正解とは言い辛いですが、
基本的に毛自体が軽いことは、間違いないです。

 

カシミア×ダウン、贅沢ですなあ

 

 

カシミアに弱点はあるのか

「繊維の宝石」カシミアにも弱点があることを、
ぜひとも知って欲しいのであります

 

上には良いことばかり書いてきましたが、
「宝石」なだけあり、非常にデリケートです

いやもう、弱点だらけ。下手すりゃシルクより弱いかも。

 

高級なものほど、毛玉ができやすく、ボロボロになりやすい
要は、繊細で、弱いのです…ほら、宝石だし。

そして、1日着ただけで、下手すりゃ伸びる。
だから、1日着たら1日休ませるのが、鉄則。
着たらブラッシングでケア、風通しも鉄則!

洗う度に、割とわかりやすく風合いが落ちていき、
自慢のぬめり感や、光沢感、柔らかさは失われて行きます

そして、非常に虫に喰われやすいです
上質だから虫にとってごちそう、即喰われますよ

 

カシミアは、基本的に贅沢品で、
日常的にガンガン着るシロモノではないのです

「 いま着てるカシミア、そんなことないよ、強いよ」
それは安い、ランクの低いカシミアですね…残念ながら。

 

 

 

低価格のカシミア、どうなの?

ユニクロはカシミアのセーターを、1万円以下で販売しています

どう評価するかですが、「値段の割には超良い」が妥当かなあと思います

百貨店に入っているブランドにある3万以下のレベルの物ならば、
カシミアの質だけでいえば、ユニクロと変わらないと思います

そういう点では、デザインが気に入ればお買い得!ですよ

 

ただし、高品質かどうかで言えば、お察しを、というところ。

高くないランクのカシミアを使っているので、安いわけです
クリーニングに出さずタンスに半年入れておいても、
おそらく、虫に喰われないのではないでしょうか?

それでも、カシミアはカシミア。
それなりになめらかだし、光沢もあるし、暖かい。

 

ユニクロのカシミアは、限界価格と言われています。
この質を維持して、これ以上安くするのは無理だと言われ続けています。

日常生活には、1万円以下のものでも、十分だと思いますよ。

むしろ強くていいじゃん、とも思ってしまいます、庶民なので…。

 

本当に最高級のカシミアが欲しい!と言うのであれば、
そういったものは一部の高級ブランドにしか流通しないので、
それなりの高級メゾンなりに出向く必要があります。
云十万は覚悟してください。。

 

 

 

 

 

 

カシミアについて、つらつら書きました

 

カシミアは本来、非常にデリケートな素材です

良い点も悪い点も特徴を知ったうえで、
値段と質のバランスを、考えてお買い物して頂ければ、と思います

 

また、カシミアとシルク、カシミアとウール、など、
素材を混合させた商品は非常に多いと思います

シルクと混ぜることで、ツヤとなめらかさを出したり、
ウールと混ぜることで、ふっくら感と厚みを出すなど、
服を作る側も、コストや着心地・見た目などのバランスを考え、
素材を配合しているのです

なにも、混ざるのは悪いことばかりじゃありませんよ!

 

着心地に関しては、触るだけじゃなく、
可能ならば試着すると、吸い付く感じや保湿性がわかると思います

 

マフラーひとつとっても、4900円から10万円まで色々!

色々な製品を触って、できれば身につけていくうちに、
高品質なカシミアとは何かが、感覚でわかってくると思います

 

ニットの良し悪しがわかると、冬の買い物は面白いので、
参考にして頂ければ、幸いです!

 

 

カシミ「ア」なのかカシミ「ヤ」なのか

2 Comments

  1. ウッディ

    ユニクロのカシミアセーター
    買おうかと思ってましたが
    思いとどまりました笑

    非情に生意気で申し訳ない
    のですが、

    またいつか、
    ファクトリーブランド?
    か、ウールパンツの記事
    を書いてもらいたいです!
    生意気言ってすいません!

  2. chanboo

    ウッディさん

    ユニクロのカシミア、損か得かで言えばかなりお買い得ですよ!
    値段の割に質は良いと思います

    私は、単純に肌触りが無印良品の方が好みなので、
    ちょっと高いですが、無印の物を買っていますが 笑

    ウールのこと、勉強しておきますね 笑
    気長にお待ち下さい^^

Comment