2014春夏の流行は、モノトーンが来る

後ろ髪ひかれながら、春夏コレクションへ

デザイナーズブランドでは秋冬物はとっくに完納し、
もはやプレ春モノの入荷が始まったブランドもあります

これからさらに寒くなることがわかりながら、
暗いトーンの洋服を見慣れた中で、春夏の明るくて薄い幸福感ある洋服を、
見たり買うなり予約するなりする行いって、
普通はわくわくするようなのですが、私は逆に(どんより)します。

春夏に秋冬物を押さえる時は、そうでもないんですが。
なんなんでしょう、この感覚。

 

しかし今回は、味わう(どんより)感が少なくて済みそうです

春夏コレクションは、モノトーンを基調としたところが多いです。
パステルカラーでハッピー!なテイストだけではないのです、
今の時期にもスッと入って行ける、白と黒の世界が広がっております。

春夏位明るく頼むよ…という人も多いでしょうが、安心してください。
明るい色も、きちんと出てきますから。

 

本日は、2014年春夏コレクションより、
お手本になりそうな白黒モノトーンスタイルを集めました

 

2014年メンズコレクションに関する過去記事はこちら

【速報】2014年春夏メンズ、流行まとめ

 

 

UNDERCOVERISMらしい、白黒

アンダーカバーは、今季春夏は白黒+赤を主軸に、
コレクションを発表しました

ストリート、パンクといったキーワードが浮かびます。
色使いやスタイリングから、ナンバーナインが頭によぎる…。
アンダーカバーといえばこんなイメージ!となる人も多いのでは。

ストリートとモードの融合、というのが、
アンダーカバーを表現するよくあるワードだと思いますが、
今季はまさにそんな印象を受けました。

日常生活で着やすい服、真似しやすいスタイリングが
今季は多いので、ストリート系もお好きな方は参考になると思います。

UNDERCOVERISM_2014ss_1

白黒ボーダーに、細身の黒パンツ。

足下に覗く白がポイント。

UNDERCOVERISM_2014ss_2

このモノトーンの柄が、今季メイン柄か。

やはり足下の白が冴えます。ブーツの一部ぽい。

UNDERCOVERISM_2014ss_3

やはり足下の白はブーツの一部だった!
このショートブーツ、人気が出そうですね。
いいポイントになって、非常に使いやすいと思います。

 

このようにモノトーンだらけの、アンダーカバー2014年春夏です。
赤黒のボーダーアイテムをはじめ、赤を差し色に使っている以外は、
他の色が見当たらないってくらい、使う色を絞っています。

 意外?BALMANのクリーンなスタイル

今シーズンのBALMANは、モードすぎず派手すぎず、
わかりやすいクセのあるスタイルではなく、
モード、スポーツ、マリンなど、様々なテイストを
実に絶妙に、上品に組み合わせています

しかし、随所に光るBALMANの技。
細かくルックを見れば、随所に光る技ありデザイン。

こういう、
「一見なんてことなくて着やすそうだけど、
よく見ると他にはなくて、なんか高そう」な服は至高。

ハイブランドなのに、全身そのまま真似したくなる…
そんなスタイルが多い、おすすめコレクション。

BalmainMen_2014ss_1

ザ・オシャレ。
なんといってもこのジャケットのデザインが、
春夏感を演出し、スタイルを格上げしている感が。
フラットなシューズも、上級者感。

BalmainMen_2014ss_2

個性的なスタイルではありますが、

「いやこれ無理だろ!」と心が拒絶しないのは、
この高級感と完成度、そして色使いからか。

BalmainMen_2014ss_03

(この素敵だけど、ジャケット高そうだなあ…)

春のアウターは、ウールはもう避けたいところ
型押しだったり、異素材のドッキングだったり、
柄以外で一癖あるタイプだと、コーディネイトのポイントに。

 

BALMANの2014SSテーマは、セルジュゲンズブール。
そのためマリン要素が強く、フレンチをベースとした、
ミックススタイルを打ち出す形となっております。

 

 

BALENCIAGAの王道モード

バレンシアガの2014SSは、
目立つ色のないスタイルで統一され、シックな印象です

モードといえば、モノトーンを連想する方も多いですが、
そういった意味では王道ともいえるメンズコレクションかも。

ただその分、印象には残りにくいと感じました。
わかりやすいインパクトが無いので、

balenciaga14ssm_01

ポイントはシャツです

ネクタイのように大きな布が垂れています!
ジャケットをレザーにし、素材でメリハリを。

balenciaga14ssm_02

グレーの織り地がポイントのセットアップです

ノーカラーのブルゾン型はモードで格好良いですね

balenciaga14ssm_03

バレンシアガは全身黒のスタイルが多いです

王道のスーツスタイルから始まり、
ブルゾンの素材を軽いものにしたり、
ボトムスをショートパンツにしたりと、
様々なオールブラックスタイルを提案しています

 

春夏も、トップメゾンがショートパンツを取り入れ、
セットアップなどにし、展開しています
次の春夏も、ショートパンツは流行しそうです

 

 

モノトーン+1色がメインになるのでは

モノトーンが流行するとはいっても、
白とネイビーを組み合わせる流れの方が、
今のトレンドを考えても、強くなるんじゃないかと思っています。

白×黒の組み合わせってモード感強すぎて、抵抗ある方も多いですし。

全身を二色でまとめきるのって、案外スキルも度胸も必要で、
結構、その人の雰囲気も求められるところもあると思うのですが、
白×紺の組み合わせって、強くもなく取り入れやすい色合わせです。

白黒、白紺…どちらにせよ二色の組み合わせに、
差し色として1色をプラスする流れになるのではないでしょうか。

 

やはり春夏ですから、ブルーやイエローなどの
春を連想させるような明るい色が、使われると予想します。
色の1点投入って、きれいですからね!

2014年春夏ギャッププレスメンズ Vol.34 (ミラノ・パリ)
 

12月、プレセールとプレ春の入荷ですね。
私はこの秋冬、何かを買い逃した感も特にないので、
なんだかんだ春物にすでに期待しています。

 

 

■個人的 買い物日記■

日が落ちるのも早くて、寄り道する気も失せます。
四時半にはもう暗くなりかけてますもんね。

2 Comments

  1. WD

    モノトーンだけだと顔映りが悪いので、赤を差し色に使っているというアンダーカバー、気になります。

    春と秋で、シャツ等も分けたいけれど、なかなかそこまで数を揃えられません…

    バルマンは、格好いい、面白いデザインのものがあると思うのですが、如何せん高過ぎです。

    26日の記事のエディフィスの限定アイテム、ネクタイを買ってしまいました。
    クラッチバッグはとりあえず保留にしました。

  2. chanboo

    エディフィスのネクタイ、買われたんですね!
    イヤミじゃないロマンティックさで、素敵なアイテムですよね。
    活躍すると良いですね^^

    バルマンはちょっとお高いですね 笑
    いつも衣装のように派手でしたが、今回はシックだったので、
    参考にできそうだったので紹介しました

    この春夏、グレイッシュなトーンのキレイ色が来そうなのですが、
    顔色が悪い方だと、くすんだ色は使い辛いですね。。
    顔色が良く見えそうな、きれいな色を出すブランドを見つけたら、
    またご紹介しますねー

Comment