いま女に人気の女を4人選んだ。

女ウケと男ウケは別

基本、性的な目がないから。この一言。

男が格好良いと思う男と、女が格好良いと思う男って、違うじゃないですか。
オシャレと思う男も違うし、モテる男も違うんだと思います。

例えば、俳優の綾野剛さん。
女性からは結構人気がありますが、男性には何が良いのかわからないなんて声をよく聞きます。

 

今日は、女から見た女、のお話。

女から「オシャレ」「可愛い」などと評価が高い人物を紹介してみます。

 

 

愛されまくり、水原希子

モデルの水原希子さん。
1990年生まれ、アメリカ人と韓国人のハーフ。

モデルとしてファッション関係者から非常に評価が高く、オープニングセレモニーなどオサレブランドとコラボしたり、フィリップリムのシーズンモデルに起用されたりと、その辺のモデルとは一線を画す存在のように思います。

女性から人気が高く、ジャンルや世代を超えて女性誌のカバーを制覇しまくっています。

やばげな過去や噂もあるんですが…
スタイルいい!表情豊か!自然体!おしゃれ!と人気があります。

 

kiko

kiko_2


見たことあるでしょう?
有名企業のCMに起用されまくりですから。

エッジの効いたファッションの女子中心に人気がありますが、露出が多いので、割と幅広く好かれています。

ちなみに、BIGBANGのリーダー・G-DRAGON(大麻騒動の人)と交際の噂がずっとあるのですが、ヲタはおおむね歓迎ムードのようです。
「キコちゃんならお似合い!」だそう、これも女ウケの良さ故でしょう。

 

 

AMIAYA?AMOYAMO?…えっ?

いま一番人気のある双子と言えば、AMIAYAじゃないでしょうか。
いわゆる個性的な原宿系モデルで、雑誌「Zipper」などで活躍。

ちなみに、同じ系統で活躍する「AMOYAMO」ってのも人気があって、ひどく紛らわしいです。
さらに、二組とも歌も出していますからね!

今日はぜひ、見分け方を覚えて帰ってください。

AMIAYAはガチ双子なので似ている、つり目でスタイルが良い。
AMOYAMOは他人同士なので似ていなくて、雰囲気系(お察し)。
AMOYAMOのAMOさんは、BOWDIESのボーカル・ROYさんと結婚しました。

 

amiaya

HARAJUKU PRESS(原宿プレス) (マイナビムック)

上は、AMIAYAさん。姉がアヤ、妹がアミ。1988年生。

個性的な原宿系女子から人気があります。

「jouetie」というブランドを手掛けており、ラフォーレ原宿や渋谷PARCOなどに入っています。
このブランドは、なかなか人気があるそうです。
オセロの松嶋さん(金髪・色白の方)とコラボで洋服を作っていました。

元々は読者モデルです。青文字系読モ。

 

 

カリスマ主婦モデル・滝沢眞規子の夫は…

40代向けの雑誌「VERY」のモデル、滝沢眞規子さん。
通称・タキマキは、1978年生まれ。

元々は主婦で、家族で過ごしていたところを、雑誌のスタッフに猛烈にスカウトされる。
読者モデルから専属モデル、そして看板モデルとなり、今や一部主婦のカリスマです。

この人が着たり、blogで紹介すると、相当売れるそうです。

takizawamakikohyoushi

VERY (ヴェリィ) 2014年 05月号 [雑誌]

13833

主に、ロンハーマンが好きそうな主婦に人気があります。
…セレブ的生活に憧れる主婦層といったところでしょうか。

この方、元々専業主婦で、十二分に贅沢なセレブ生活をしていました。
ガチセレブっぷりが、主婦から憧れられるところで…。

 

どうせ旦那はIT系の社長だろ、と思ってたんですが…

旦那は…ネイバーフッドの滝沢伸介さん!

ネイバーフッドそんなに儲かってんの?って位の豪邸&暮らしぶり。
裏原系ブランドが死亡しまくっているのに、なにこの生活!ってレベルです。
(豪邸・セレブっぷりが気になる方は、NEVARまとめへ)

 

 

ネイバーフッドは年商18億との噂があります(…信じられない…(失礼)

上手くやれば儲かるんですね、アパレルって。
…あの上原さくらがデビロックの社長と結婚したのも、頷けます。

最近は”滝沢眞規子の旦那”と呼ばれ、扱いが逆転していますが…。
ネイバーの年商の話が真実ならば、まだまだ収入は旦那が上。

私としては、旦那の収入や仕事の状況等が気になります。
私が昔買ったネイバーフッドのバッグのお金は、滝沢家の砂利の一粒にでもなっているでしょうか…。

 

 

未だ人気衰えぬカリスマ、梨花

一時期はよくテレビにも出ていました、モデルの梨花さん。
1973年生まれ、クォーターで祖父がイギリス人だそうです。
大体、いま35歳〜40歳の女性なんかが直撃世代?

男性だと、バラエティでの姿しか知らないので、彼女のモデルとしての人気の高さや凄さを知らないと思いますが…。
雑誌「JJ」の全盛期を作り、その後ライバル誌「Cancam」へ移籍し、読者も持って行きました。

その後、「Sweet」へ移籍。
ここで「大人カワイイ」といったジャンルを流行らせ、Sweetを日本で一番売れているファッション誌にしました。

 

rinnka
Love myself 梨花

彼女がblogや雑誌で紹介する私物は、馬鹿売れします。
blogに紹介されると、しばらく問い合わせが絶えないそうです。

彼女の手掛ける「メゾンドリーファー」というブランドも、人気が高いです。
代官山のお店も、大学生くらいから主婦まで幅広い層で賑わっています。
つい最近、クロエにバッグの別注をかけました…。これ凄くない?

新作が発売されると、ZOZOTOWNでも売り上げ上位に入ってきます。
やはり、梨花着用アイテムが人気が高いそう。

私が中学か高校の時から”カリスマ”なので、ここまで人気が続くって本当に凄いなあと思います。
明るく元気な人柄も、人気の理由だと思います。

 

 

 

以上、4名をご紹介しました。

“カリスマ”と言われるような、ファッションを真似されたりするような存在を選びました。
さらに、世代やジャンルもバラバラになるよう、選んでみました。

この4人(正確には5人)は、着たら売れたり、自分のブランドが支持されています。
これって、同性支持が大きい証拠だと思うんですよね。

世代によりますが、この4人を押さえておくと、女性と話が合うかも…?

 

参考になれば、幸いです!

 

 

■個人的 買い物日記■

メンズの花柄は、今季良いものが多いですね。
ダークトーンで、渋くて。

Siseのロールアップショーツ(FLOWER)。(シセ)

Siseのロールアップショーツ(FLOWER)。(シセ)
価格:33,480円(税込、送料込)

2 Comments

  1. WD

    水原希子さん→<ノルウェイの森>に出ていた人という印象(観ていないですが)。「やばげな過去や噂」が気になりますね。
    双子ともう1組のモデルさん→全然知りませんでした。
    滝沢眞規子さん→美人だなあと素直に思える感じです。この人が元々専業主婦だったというのは、ちょっと信じられない位綺麗ですね。<ネイバーフッド>の服には縁がないですが。
    梨花さん→「お馬鹿タレント」というイメージがあったので(失礼)、出産の話(雑誌でたまたま読んだだけ)や、出産や育児を経験してご自身の服の傾向も変わってきたという話から、最初より良いイメージになった気がします。
    もうかっているらしいので、本当は賢い人なのでしょうか。

    それにしても、女性人気と男性人気は違いますね。グラビアで男性に人気の方とかは、一般の女性にはまず知られていないか、知られていても嫌われていそうですね。

    やはり自分としては、好きなブランド(のレディスライン)が似合うとか好みだという女性に惹かれますが、あまり浮かばない…自分が芸能界に疎くなっているせいかもしれませんが。

    • chanboo

      同性間で憧れられるような存在って「格好良い」が大切ですから、ミュージシャンやモデルや文化人が多いような気がします。
      見た目の良さと並んで、+αの部分が重要だと思います。

      基本的に、アイドルって同性受けは難しいですね…。
      ジャ◎ーズが男性にウケないように、やっぱり異性に媚や性を売っているような存在は、同性として認め難いのかと思います…。
      「格好良い」「可愛い」とは思っても、憧れとなると違うような…。

      男性誌に出まくっているグラビアアイドルでも、テレビに出ていないと女性の間での知名度はかなり低いと思います。
      吉木りさ、篠崎愛なんかも、あんまり知られていないと感じます。
      やはり、そもそも目にしないというのは大きいですね…。

Comment