【悲報】男性の7割、月の衣服代5,000円以下

ただしニッセンのネット調査

ちょくちょく出てくる、ファッション投資額のお話。

今回は、通販を手掛けるニッセンの調査結果です。
1ヶ月にかける衣服代が5,000円以下と解答した男性が、7割だったそうです!

 

ニッセン調査

 

ちなみに、回答者のパーセンテージは以下の通り。

0円:12.8%、1円〜5000円:58.4%、5001円〜10000円:21.0%、10001円以上:7.8%

 

ちなみに、回答者の年齢分布はこんな感じ。
ネット上のアンケート調査なので、詐称も含むと思います。

10代以下:36人 20代:30人 30代:101人 40代:277人 50代:271人 60代以上:184人

 

ちなみに、洋服の衝動買い率は、毎月衣服に使っている金額が高い人ほど多いそうですよ。

それは理解できます。
ファッションに興味がないと、そもそも洋服に一目惚れなんかしない。

 

 

ニッセン調査

※ 約11%はそもそも自分で服を買っていない模様

 

この手の調査結果が出る度に、どこで聞いてんだよ…と思うわけであります。

今回のこの調査は、ニッセンの運営する、「懸賞・プレゼントサイト」で行ったらしい。
(そう考えると納得のいく、回答者のオッサン率の高さ)

ニッセンの運営する懸賞サイトの登録者が対象の調査で、「7割以上は5,000円以下しか使ってませんよ!」と言われても、「ふーん」としか言えない。

だって、ニッセンだよ?懸賞サイト登録ユーザーだよ?
なんて言ったらいいんだろ、うーん。

正直、この人達が何万もする洋服を買う予感が一切しない。
絶対百貨店とか行かないし、しまむらユニクロイオンとかでしょ、と。
決めつけちゃ悪いけどさ。もやもや。

とりあえず、この結果をこっちに押し付けんなよ!って思ってしまった。

 

 

おそらく、月に5,000円以下しか衣類に使わない人と、月に5万円とか使う人とでは、もう価値観が違う。

そういうの全部一緒にして意味のある話をするのは、多分もう無理なんじゃないかなと。

年に1円も音楽にお金使わない人と10万円以上使う人じゃあ、価値観が大きく違うから、音楽とお金それぞれの意味や価値の話をしたところで、一向に噛み合わずイライラしたまま終わるのと同じで。

 

なんにせよ、こういうデータ持ち出されて、「平均は5千円以下!あなたも節約してください!」とか言われるのが、一番辛いなあと感じます。

まあ、ひとつの結果ということで。

 

 

ちなみに。
こういう調査の時、回答者の一番の出費源も併せて知りたいです。

余程生活に困っていない限り、何かしら出費しているはずなので、各々がお金を使う価値を感じているものに興味があります。

 

 

岡村靖幸に対する反応で世代がわかるよね

 

 

■個人的 買い物日記■

セールで買う物がなさすぎて
悔しいから靴下を四枚買いました

ロブスター柄、テニスソックス、ピンク、きいろ。

下のやつ。FRAPBOISで久々に買いました。
FRAPBOISの靴下やタイツは、やはり可愛いですね。

 

2 Comments

  1. WD

    衣服代…あまり計算したくないです(笑)。
    食事等は、「人と会う時は少し贅沢しようかな」と思いますが、1人の時は抑えがちかも。そのシーズンに買いたい服があれば、食費の方を我慢する気がします。

    FRAPBOISで欲しいものがあるのですが、それはどうもセールに出ないらしく、まだ迷っています。

    セールでtrippenのレザーサンダルを買いました。
    http://en.trippen.com/products/manolo-m
    の赤茶色のものです(日本のオンラインショップのサイトからはもう消えているので、このURLにしました)。
    サンダル、ほとんど履いたことがないので、合わせ方等、これから考えていこうと思います。

    • chanboo

      サンダル素敵ですね!
      ゴツくなくシンプルで、凄く使いやすそうです。
      ソールが前後で別れているのが、歩きやすそうなのもいいですね。

      私も、怖くて計算できないです。
      洋服に使うお金に関しては、完全に金銭感覚が麻痺してます…。
      やっぱり優先順位もなんとなくありますけど、洋服好きの人って、他のことにはあんまりお金を使わないって人は多いですね。

      飲食費って何も残らず消えて行くので、怖いですね。
      飲食費(特にお酒)さえ意識して抑えれば、結構余裕が生まれるような気がします。

Comment