【2014AW】流行柄チェック・選ぶならこれ

秋と言えば、チェック

色々なブランドやショップの、秋のカタログなどを見ていて思います。
柄はチェックが多いですね、特にメンズは。

しかし、流行など関係なく、秋冬と言えばチェック柄ですよ。

昨年の秋冬もチェックは注目柄として挙げられていましたが…
今年もなんだかんだ、チェックが注目されています。

数あるチェックの中から、2014年秋冬注目のチェック柄を3つ選びました。
今年らしい使い方や、色の選び方も。

1.やっぱりこれ!タータンチェック

秋冬のチェックといえば、タータンチェックでしょう。
王道です、トラッドです。永遠の定番です。

男性ならば、グリーンやブルーがベースのタータンチェックが着やすいかと思います。

トゥモローランド2014AW

パンツがタータンチェック。
上着は3.ハウンドトゥース、ストールはブロックチェック!

チェックを3つ使ってもくどくないのは、色のバランス。
かなりの上級者じゃないと、難しいコーディネイトです。

2.合わせやすさが魅力、グレンチェック

柄が控えめで、色も落ち着いているので、合わせやすい。
昨年の秋冬によく使われたチェックなので、お持ちの方も多いのではないでしょうか。

柄が苦手な方にもおすすめ。
細かいタイプなら、無地感覚で使えるものが多いです。

トゥモローランド2014AW_2

セットアップでもくどくないのが、いいところ。
上は、正確にはグレンチェックではないかもしれませんが、こんなイメージ。

これがタータンチェックだと、「伊勢丹の紙袋?」と言われます。

3.色も様々、ハウンドトゥース

別名・千鳥格子柄です。昨年よく使われましたね。
色は白×黒のイメージが強いですが、青×黒や赤×黒など他の組み合わせも存在します。
昨年ポールスミスは、千鳥格子柄にグラデーションカラーを使いましたっtけ。
色だけでなく柄の大きさでもイメージが大きく変わるのが、使いやすく面白いところ。

今年は90年代だ60年代だと、やたら過去に目が向けられています。
ハウンドトゥースはクラシカルなイメージを作りたい時によく使われる柄。
なんだかんだ、今年も使われそうです。

トゥモローランド2014AW_3

大きく柄を使って、色を用いると、こんな感じに。
1.に使った写真は、黒×白の細かい千鳥格子柄でしたが、比べると随分印象が違います。

柄が大きいとインパクトが増すのですが、柄自体はクラシックなので、派手になりすぎません。
柄が大きいと黒×白が逆に派手に映り、紺×赤や紺×茶や赤×黒などの、色同士の方が落ち着きます。

4.今年のトレンドチェックカラーは

チェックといっても様々で、どんな色で構成されているかは大事です。
今年っぽい色のチェックについて。

 

・チェックでも、モノトーン

モノトーンカラーのコーディネイトがトレンドです。
その流れから、白黒グレーで構成されたチェックが多いように思います。

クールな印象で涼しげなので、早めに秋冬を取り入れるのにも、手を出しやすい色です。
無彩色なので、コーディネイトもしやすく、使いやすいのも嬉しいです。

ただ、暖かみに欠ける色味なので、真冬には物足りなくなるかもしれません。
逆に、流行に関係なく春にも使いやすい色味ではあります。

saintlaurent_14aw_1

 

・グレイッシュなカラー、特にブルーとグリーンに注目

今年の秋冬の注目色の一つが、グレイッシュなカラー。
くすんだ色目で構成されたチェックは、今年らしいチェックに映ると思います。

中でも、注目色はブルーとグリーン。
上品なくすんだブルーやグリーンが入っているものはオススメです。
色味的にも扱いやすく、コーディネイトしやすいのではないでしょうか。

kolor_14aw_1

・グランジスタイル決めたいなら、タータンチェックの赤と緑!

今回、グランジがトレンドでもあります。
タータンチェックといえば、パンクスやグランジのイメージが強い方も多いのではないでしょうか。

グランジテイストを楽しみたい方には、赤のタータンがおすすめ。
赤はちょっと着辛い方は、グリーンをおすすめ。

もちろんトラッドにも着られるアイテムです。
アイテムや合わせ方次第で、180度イメージが変えられるのも、面白いところ。

news_np130326main

5.アイテムとしてのチェック

今シーズン、ニットがトレンドと言われています。

トレンドが「ニット」ってなんだよ!素材かよ!って思うんです。
特に男性はそもそも服の型が少ないわけで、ニットは何かしら着るだろって。

まあ、ニットがトレンドなわけですから、ニットで取り入れたら熱いんじゃないでしょうか。
さらにニットアウターなんかだと、(こいつ…追ってるな…)とはなるでしょう。

無難なのは、シャツでしょうね。
パンツも使いやすいです。パンツだと、トレンドを意識している感が出ます。

 

個人的にはマフラーやストールは、おすすめです。

小物なら、少々派手なくらいがちょうどよかったりして、冒険もできます。
毎日でも使えるし、チェックなら基本流行関係なく長年使える。
少し冒険するなら、今年は大判のストールがトレンドです。
大判を買って垂らしたり、ルーズに引っ掛ければ、今年らしくなりそう。

ジョンストンズのカシミアストールはオススメです。
柔らかいし暖かい。夫婦や親子で共用も可能。

 

 

以上になります。

今年の秋冬は無地コーデが流行するとも言われていますが…
夏の無地コーデはともかく、秋冬の無地コーデって、結構難しいと思います。

 

服の面積が広がるので、全身無地だと「のっぺり」しがち。
さらにワントーンとか中間色でまとめるとか、ファッション業界は推すけれど、現実問題として難しいと思う。
ただの地味な人、冴えない感じになりかねない。

実際に美味く取り入れられる人も少ないし、その良さが理解できる人も多くはないと思う。

 

柄が1つ入ると、それだけで締まるというか。コーディネイトはしやすいもの。

柄モノをひとつ決めて、あとは無地1色で固めれば、そうそう事故らない。
時間が無い時の強い見方でもあります、柄。

 

2014年AWのトレンドに関する記事一覧があります。
未読・興味がある方は是非 → 【2014年秋冬】メンズトレンド記事まとめ

 

ということで、今年も秋冬定番の柄、チェック。
おひとついかがでしょうか。

参考になれば、幸いです!

 

 

 

■個人的 買い物日記■

足と足首に蚊に刺された跡が、6つくらいずつ…。
このせいで、お出掛けする時に、サンダルとか履くのが嫌です。
大体毎日、靴下+ローファーとか履いています。

靴下+サンダルは、ちょっと恥ずかしいので無理です。

 

2 Comments

  1. WD

    「流行でない時期でも、基本的なチェックの色柄は常に出してほしい」と思ってしまう自分は、チェックが好きなのかもしれません。
    2の画像、チェックの柄も服の形も気になります。

    「靴下+サンダルは、ちょっと恥ずかしい」→そうなんですか…先日買ったレザーサンダル、靴下とセットで履いてしまっています…

    日付が変わってしまいましたが、29日、しつこく<アン・ドゥムルメステール><ドリス・ヴァン・ノッテン>の花柄の服を探しました。前者では、XXSサイズのTシャツを見つけましたが、色違いでした…もう、さすがにアウトレットかネットででも出ない限り、諦めるつもりです。
    そして<MARNI>×<PORTER>のバッグ、やっと買いました。「入荷待ちの時間が経つうちに、自分の中でだんだんどうでもよくなるのでは?」とも思いましたが、実物を持ってみるとやはりいいと思えたので、気に入っているのだと思います。
    年齢から言うと若過ぎというか可愛過ぎ?とも思いますが、頑張って使いたいです。
    こちらのブログでの紹介記事を見てその存在を知って、それ以来なので、かなり長かったです…
    第3弾も出るそうです。

    調子に乗って、<MARNI>の冬物の試着もしてしまいました。欲しいけれど、お金が…

    • chanboo

      チェックって派手すぎず、着やすいですよね。
      特に大人の男性は着られる柄も限られてくるので、チェックは色々な種類が揃うと嬉しいと思います。
      1.2.3.の画像は、トゥモローランドの秋カタログから画像を拝借しました。
      そんなに高くなかったと思います。トゥモローの秋はチェック祭でした。

      ドリスはもうアウトレットに移行したんじゃないでしょうか。
      トゥモローランドのアウトレットで、ドリスの春夏物っぽいものを見たという話を聞きました。半額+レジでさらに2割引だそう。
      商品が全国に散り散りになっているとはいえ、魅力的な値段ですよね。

      MARNIのバッグ、やっと届いたのですね!長い道のりでしたね〜
      冷めること無く愛用できているようで、なによりです!よかったです!
      この調子で、第二弾三弾と問題無く製作・納品できるのでしょうか?ちょっと心配です。

      靴下+サンダルって、スカート+靴下+厚底サンダルを想定してます。
      10代の若い子みたいになっちゃうので、さすがに恥ずかしいです。
      普通のぺったんこのサンダルなら、靴下合わせも平気ですが…笑

Comment