おすすめ!メンズファッションECサイト5選

東京都民だってネットでお買い物

今って、何でもネットで買えますよね。
20歳前後の方には想像もできないでしょうが、15年~10年前なんて、ブランドものを買うのに一番便利で種類もあったのはヤフオクじゃないか?ってくらいでした。

ファッション(ブランド)がネットで購入できるようになったのって、実は最近のことなのです。

そんな日本のファッションネット通販事情を大きく変えたのは、ZOZOTOWN(スタートトゥディ)さんのお陰かなと、私は思っています。
ありがとう、ZOZOTOWNさん!

今日は、見ごたえもあり便利だなと思う、メンズ向けECサイトをご紹介します。

 

1.乳児からギャル男まで!ZOZOTOWN(ゾゾタウン)

いまやインターネットで洋服を買い物するとなれば、まず思いつくのがZOZOTOWNではないでしょうか。
特にメンズだと、ジャンルを問わず最もブランドの数もファッションの幅も広いと思います。

最近では、ZOZOVILLAにデザイナーズが続々と増えていて、最近ではLANVINやマッキントッシュまで加わりました。
トムブラウンとWE GOやチチカカまで一緒に買えてしまうという、脅威のショッピングモール!

ZOZOUSEDではブランド古着を取り扱い、ブランド公式で格好良く言えばアーカイブ、本音を言えば過去の在庫の品や、サンプル品などを安く放出したりすることもあります。

ポイント制度、ファストチケット、有料会員の特典など、提供するサービスの内容がよく変わるので、そこも目が離せません!

http://zozo.jp/

 

2.インポート派冷や汗!YOOX(ユークス)

シーズン落ちでも構わない方に、おすすめ。
イタリアのECサイトで、主に過去のシーズン物を安く販売するサイトです。
1年前の商品ならば、半額は当たり前ってくらいには安いです。

詳しくは、過去記事をどうぞ→「YOOXって安いけど、どういうサイト?」

ただ、サイズ表記や写真が、日本国内のECサイトに比べると親切ではなく…。
サイズ換算表が???なことも少なくないです。
実際にそのブランドのサイズ感を知らないと、非常にリスキーな買い物になると思います。
返品は可能ですが、サイズにはくれぐれも注意してください。

私は国内直営店で定価で買ったものが、ここで8割引とかになってて、よく半泣きになりまーす!

yoox.com

 

3.おじゃましまーす!CORNER(コーナー)

上のyooxグループのECサイトです。
こちらはオンシーズンものを取り扱っています、もちろん正規。

アン・ドゥムルメステール、メゾンマルタンマルジェラ、リックオウエンス、バーバリープローサム…通販で買うには勇気がいるような高価なブランドがずらり!
いつでも、あなたをお待ちしております。

地方には取り扱い自体がなかったり、直営店に入るには勇気がいるような価格帯のブランドが揃っており、ブランドの相場を知るにもいいサイトですよ(ごにょごにょ

庶民的には、買い物に行く前に、ブランドの価格帯は掴んでおかないと…。
カットソーは大体おいくら、デニムは1本おいくら万円がここの普通、って。
その辺わかっておかないと、怖くて入れないですからね。高級ブランドの店。

…ごめんなさいね、庶民的な話で。

thecorner.com

 

4.オサレ系 JUST LIKE HONEYEE(ジャストライクハニー)

honeyee.comのECストアです。
ザ・トーキョー!といったブランドが揃っております。

UNDERCOVER、C.E、フェノメノン、ファセッタズム、TOGA、kolor、THE RELACS、などなど。

取り扱いブランド数は少ないですが、これぞ!といった、好きな人が共通していそうなブランドが集合しており、趣味とマッチする人には無駄が無く、豪華なラインナップではないでしょうか。

モデルの着用画像はありませんが、商品の画像が非常に見やすいです。
写真も鮮明でキレイですし、寄って見られるので、細かいディテールが確認できて嬉しいです。

http://store.honeyee.com/

 

5.生活雑貨・インテリアならscope(スコープ)

最後は、生活雑貨です…え、ファッションじゃないって?
いま流行りの、ライフスタイルの提案だよ!
ほらどこの店行っても生活雑貨置いてあるでしょ、ああいう感じだよ!ハイッ!

scopeさんは、おしゃれなだけでなく、実用性も兼ねた「良いもの」を揃えています。

生活雑貨等を扱うサイトは女性向けのデザインや売り方が多いのですが、ここはどちらかといえば男性向けに思います。
スプーンやフォークひとつも、しっかりと丁寧に解説しています。

同じものが楽天に出店しているショップでも販売されていたりするのですが、scopeさんの写真や解説が良いために、まるで別の物のように映ることが多く、特別なものに見えるから不思議です。
素人目に写真が凄く良くて、オサレ感バシバシ!
サイトのデザインも、私は好きです。

http://www.scope.ne.jp/

 

おまけ:あれ、北欧デザインハウスさん!ここに?

リアル店舗も構えている、北欧デザインハウスさん。
意外にも、楽天に出店していました。独自ECサイトを展開していると思っていたら。
…だから今回、おまけ枠にさせて頂きました。

名前の通り、北欧から家具家電、インテリア雑貨などを輸入し販売しています。
こちらも良いものを揃えています、インテリアやデザイン雑貨に興味があれば、ぜひ。

サイトのデザイン、楽天に出店しているとは思えない!(失礼、主に楽天に

北欧デザインハウス

 

 

以上、5店舗+1店舗でした。

どこも有名なサイトなので、ご存知の方も多いかと思いますが…。

女性向けのECサイト(モール)というのは沢山あるのですが、男性向けというのは意外に少ないですね。
今回紹介したサイトは、全てレディース商品も取り扱っています。

値段が高い物を通販でいきなり買うのは勇気がいりますが、買い逃した時には便利です。
(やっぱり買ってこればよかった…)とか結構あることですから。

 

他にも無視できないのが、地方のオサレセレクトショップが楽天に出店していたり、独自でECストアを運営しているパターン。地方のセレクトショップの品揃えは…なかなかです…。

参考記事:「地方出身者にオシャレな人が多い理由l」

大手ストアや直営店で完売しているものが、ひょっこり残っていたりするので、検索してみる価値はありますよ。
その店独自の、他ブランドとミックスさせたコーディネイトが見られたりする面白みもあります。

 

参考になれば、幸いです!

 

 

2 Comments

  1. WD

    自分にとっては、ネットで買う上ではサイズが一番心配です。
    「過去に試着して、そのサイズを憶えていて(これが結構大変)、買うか迷っているうちに店頭から無くなった…」というものが出てくれば利用したいけれど、なかなかそううまくは行かない気がします。

    さゆりんごさん…名前は知っている程度ですが、乃木坂の以前の曲で、今更ながら「いいな」と思う曲があったので、それ位でも少しショックです。あと、弁解?言い訳?の内容が凄過ぎて。

    • サイズが怖いですよね。
      ブランドによってもバラバラですし、物によってもバラバラですから。
      試着してやめたもの、セールの時のためにも、サイズを覚えておくといいですよ。
      YOOXは、やはり小さなサイズと大きなサイズの掘り出し物が多いです。
      細身だというお話なので、小さなサイズは結構あるかもしれません。

      乃木坂の松村さんの弁解、史上最悪レベルです 笑
      何日も大人が集まって考えた最善のストーリーがアレだとしたら、裏にどれだけマズイ何かがあるのだろうと勘ぐってしまうほどです。
      処分も無しですからね。処分できないのでしょうか。

      不倫であることを避けたかったがためか、大事な何かを失っていますよね。
      話を鵜呑みにしても、ただのクソビッ×!などと、余計に印象が悪くなりました…。
      生駒ちゃんは「人間誰でも間違いはあるよ」とフォローしていましたが、普通の女の子でも、こんな間違い方はなかなかしないと思いますが…。

Comment