ユナイテッドアローズ、2015年春夏カタログ公開

ユナイテッドアローズ、2015SSカタログ

ユナイテッドアローズの、2015年春夏カタログが到着しました。
店舗での配布も始まっています。

Webで無料で閲覧も可能なので、興味のある方はぜひ!

参考記事:トゥモローランド、2015年春カタログ公開

http://www.united-arrows.jp/catalog/2015spring_summer/

http://www.united-arrows.jp/catalog/2015spring_summer/

前半がメンズ中心、後半がレディース中心という構成になっています。
ワーク、ネイビー、デニム、ストライプ、スポーツなど、今年の春夏らしいテイストをたっぷり盛り込みながらも、そんなにトレンド押し付け感がないと感じたのですが…。魅せ方の問題でしょうか。

セレクトアイテムも割と掲載されているので、取り扱いブランドのチェックにも役立つかも。

ユナイテッドアローズ 2015SS スタイルブック
http://www.united-arrows.jp/catalog/2015spring_summer/

 

参考になれば、幸いです!

8 Comments

  1. co

    こんばんは!
    買い物日記の件…すげーわかります。
    僕も最近まで靴でしたw
    先日コールハーンのローファーでやっとおさまりましたが、次が怖くて最近ひきこもってますw
    まぁそれはそれでつうはn…

    なんにせよ、温かくなってきたので捗りますね←えw

    • こんばんは!
      わかっていただけますか!
      どうせ何か買うなら、新しく買った靴に合う服を買えよ!と我ながら思うんですけどね。頭が靴モードで…。
      なんなら、新しく買った靴もまだ下ろしてないのに…。

      次の季節を感じてしまうと、どうしても物欲が高まりますね。
      もはやパブロフの犬状態だなと思います。

      • co

        わかりますよ!
        僕も管理人さんと同じく⁈服ヲタなので←認めたくないものだなw
        靴の前はベストの無限ループでしたよ。
        なんかこう、納得するまで?なんですかね?
        冷静になると…何これスゴイwみたいな量に。

        そうですね、次の季節を感じるとなぜか物欲がウォーミングアップを始めますね!

        • 自分の中でターゲットが他に移るまで買い続けるパターンですね?
          すごくわかります。
          「欲しい」というより「買わなければいけない」に近い感覚すらあって、ああ自分おかしいなと、常日頃思っています 笑

          おしゃれ、というより、収集癖だなと思うんです。
          固執するターゲットが、アイドルの生写真なのか、切手なのか、洋服なのかの違いなんですよ…。

  2. WD

    カタログの最初?のモスグリーンと言うかカーキ?のスーツが気になりました。ちょっと実物を見たいです。

    買い物で同じアイテムばかり見てしまうパターン、ありますね。
    自分の場合はニットでしょうか。数は一応そろっているのに、なぜか欲しいものが(具体的な商品として)出てくることが多いです。

    • ワークテイストって、個人的にあんまり好きじゃないんですけど…
      このアローズのカタログ、凄くきれいにワークを見せていて、好感触です。
      一枚目なんて、まさに!ですね。

      必要な物がひとしきり揃っていると、やはり、自分の好きなものに目が向かってしまうのかもしれません。
      逆に考えれば、特別何かどうしても必要じゃないというか…。
      そう考えると、私はアウターかシューズを買いがちです。困ったものです。

  3. PUNK

    わかります…凄く。

    スニーカーが買えなかった学生時代の反動からか
    一昨年末から今年にかけてレッドウイングからジョーダンまで30足ほど買ってしまいました。
    1か月に2足ペースで買ってる感じです…

    もう保管場所が見つかりません…

    • おや!それはかなり買いましたね…。
      既存の靴と合計したら、相当な数ですね。把握するのも大変そうです!
      知り合いは、靴の収納場所に困った挙句、屋外用の本格的な物置を靴用に購入し、ベランダに設置したそうです。賃貸アパートなのに 笑
      それくらい用意しないと、収納に困り果てるレベルですね!

      学生時代に買えなかったものへの憧れとか情熱って、大きいですね。
      私も、そこに突き動かされている感はかなりあります。

Comment