あのワニも納得?2015SSポロシャツのツボ

 

こんにちは!「foundation garment」ですよ。

気温も上がって参りましたが…夏のご準備はされていますか?(ファッション的な意味で

夏のメンズトップスといえば、「3シャツ」ではないでしょうか。シャツ、Tシャツ…そしてポロシャツ!
今シーズンは「スポーツミックス」「ベーシック」がトレンドとして注目されており、その両方を押さえたポロシャツに注目が集まっております。

…つまり、2015年夏は、ポロシャツが熱いッ!

今回は、ポロシャツを楽しむためのツボを、あれこれお届けします!

今年選ぶべきポロシャツ

定番アイテムのポロシャツですが、今年押さえたいタイプはこの2点ではなかろうか。
1つは、ど定番モノ。もう1つは、今年だからこそ良作が豊富な別注モノ。

順にチェックしましょう、そうしましょう!

究極のベーシック!ラコステのアレ

ポロシャツを最初に作ったのはルネ・ラコステさん。
中でも元祖は「L.12.12」というモデルで、スタンダードとして世界中で長く愛されているアイテムです。
…スタンダード、原点回帰が注目される今年は、「L.12.12」がいいんじゃない?

定番であり流行のカラー・紺は、特におすすめ!

http://www.lacoste.jp/products/L1212A/166?utm_expid=45099585-14.Itja7ImFRdaS0XgRd_GLhw.0

http://www.lacoste.jp/products/L1212A/166?utm_expid=45099585-14.Itja7ImFRdaS0XgRd_GLhw.0

また、「L.12.12」はカラーバリエーションが非常に豊富なのもポイント。
定番色の他に、絶妙な中間色や、発色の良い鮮やかな色など、豊富に揃っていますよ。

http://www.lacoste.jp/products/L1212A/B07?utm_expid=45099585-14.Itja7ImFRdaS0XgRd_GLhw.0

http://www.lacoste.jp/products/L1212A/B07?utm_expid=45099585-14.Itja7ImFRdaS0XgRd_GLhw.0

http://www.lacoste.jp/products/L1212A/T01?utm_expid=45099585-14.Itja7ImFRdaS0XgRd_GLhw.0

http://www.lacoste.jp/products/L1212A/T01?utm_expid=45099585-14.Itja7ImFRdaS0XgRd_GLhw.0

詳しくは、ラコステ公式オンラインストアでご確認ください!

あのワニも唸る!こだわりの別注モデル

有名セレクトショップが、ラコステにポロシャツを別注しております。

ポロシャツがトレンドである今年は、別注数も多くバリエーションも非常に豊富!
各ショップこだわりの別注ポロを、一部ご紹介します。

SHIPS40周年記念!復刻のポロ

SHIPSは今年40周年!(おめでとうございます
周年祭を祝うべく登場したポロシャツは、70年代後半のモデルを復刻し、「L.12.12」をべースに当時のデザインを取り入れた、特別なアイテムです。

よーく見ると…あのワニがSHIPSブルー!青も似合ってるぜ、ワニさん!

 

http://www.lacoste.jp/products/PH411P/CCA

http://www.lacoste.jp/products/PH411P/CCA

BEAMSはざっくり仕上げ!

BEAMSは、通常の鹿の子素材に比べ、よりがっしりとした「ヘビーピケ」を使用。
ざっくりとした質感に仕上がっており、カジュアルな印象が強まっています。
胸ポケットの上に施されたワッペンは、80年代から90年代に使われていた、デッドストックの文字入りワニ!

 

http://www.lacoste.jp/products/PH033P/166

http://www.lacoste.jp/products/PH033P/166

B&Yはワニまで真っ白に!

ビューティー&ユース ユナイテッドアローズは、ワニまで真っ白な一品を別注。ワニがかくれんぼ!

白地に白ワニ、流行のオールホワイトです。
定番「L.12.12」をベースに、若干ゆとりあるサイズ感。素材には吸汗速乾のポリエステルを採用。よりスポーツテイストが増した一品に仕上がっております。

 

http://www.lacoste.jp/products/PH101P/CEA

http://www.lacoste.jp/products/PH101P/CEA

聖林公司はインディゴ染め

今年のトレンドで外せないのが「デニム」
聖林公司はインディゴ染料で先染めしたコットンを使ったポロシャツを別注しました。
ヴィンテージデニムのような風合いに仕上がっており、デニムのように経年変化を楽しみたくなる一品です。

 

http://www.lacoste.jp/products/PH306P/001

http://www.lacoste.jp/products/PH306P/001

参考にしたい!ポロシャツルック10選

今シーズンのトレンドをバッチリ押さえたポロシャツは、2015SSコレクションでも数多く使われました。
トレンドや着こなしのヒントは、コレクションにあり!です。

参考になりそうな、ポロシャツ使用のスタイルを、2015SSコレクションから選んでみましたよ。

クラシックにまとめた「Scye」

ポロシャツが人気アイテムのSyceは、茶系でまとめて。
重ねたポロシャツをタックインし、足元は革靴。クラシックなスタイリングです。

http://www.fashionsnap.com/collection/scye/2015ss/gallery/index5.php

http://www.fashionsnap.com/collection/scye/2015ss/gallery/index5.php

青系で統一「White Mountaineering」

今年の流行である、オールネイビーコーディネイト。
ポロシャツと帽子の柄がリンクし、いいアクセントになっています。

http://www.fashionsnap.com/collection/white-mountaineering/mens/2015ss/gallery/index8.php

http://www.fashionsnap.com/collection/white-mountaineering/mens/2015ss/gallery/index8.php

清涼感あるワントーン「LACOSTE」

アイスグレーで統一した、今年らしいコーディネイト。
適度なリラックス感が漂う全身のサイズバランス、絶妙です!

http://www.fashionsnap.com/collection/lacoste/2015ss/gallery/index17.php

http://www.fashionsnap.com/collection/lacoste/2015ss/gallery/index17.php

クリーンに仕上げた「TROVE」

全てスポーティなアイテムで構成されたコーディネイトなのに、汗臭くもストリートっぽくもない。
鍵はアイテムのサイズ感と、クールな色味?難しそうだけど、こりゃ格好良いね!

http://www.fashionsnap.com/collection/trove/2015ss/gallery/index15.php

http://www.fashionsnap.com/collection/trove/2015ss/gallery/index15.php

オール白系「GANRYU」

洋服・小物と、白に近い色で全身をまとめたGANRYU。
セットアップの中にポロシャツを使い、スポーツ感・カジュアル感を出す着こなしは他ブランドでも見られました。

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/ganryu/2015ss/gallery/index24.php

http://www.fashionsnap.com/collection/comme-des-garcons/ganryu/2015ss/gallery/index24.php

レトロなテニスルック「beautiful people」

beautiful peopleはズバリ、テニスをフューチャー!(じゃじゃーん
ちょっとレトロな雰囲気の、ポロシャツを使ったスタイリングが男女共に豊富です!

http://www.fashionsnap.com/collection/beautiful-people/2015ss/gallery/index65.php

http://www.fashionsnap.com/collection/beautiful-people/2015ss/gallery/index65.php

イマっぽく着る「SHAREEF」

ロング丈のポロシャツにスキニーデニムを合わせた、ブランドらしいスタイリング。
ベーシックなポロシャツもいいけれど、こんなポロシャツも面白い!

http://www.fashionsnap.com/collection/shareef/2015ss/gallery/index27.php

http://www.fashionsnap.com/collection/shareef/2015ss/gallery/index27.php

ラグジュアリーストリート「GIVENCHY」

今年のトレンド「ストリート」「モノトーン」を、ポロシャツルックで魅せたGIVENCHY。
あえてオーバーサイズのポロシャツを選びショーツを合わせ、小物で味付け…。ストリートっぽく着るのも今年らしいポロシャツの楽しみ方ですな!

http://www.fashionsnap.com/collection/givenchy/mens/2015ss/gallery/index23.php

http://www.fashionsnap.com/collection/givenchy/mens/2015ss/gallery/index23.php

落ち着きある「Magine」

黒とグレーのみでまとめた、Magineのポロシャツルック。
二色構成のポロシャツの一色をパンツに持ってくれば、簡単にまとまったコーディネイトが作れます。

http://www.fashionsnap.com/collection/magine/2015ss/gallery/index7.php

http://www.fashionsnap.com/collection/magine/2015ss/gallery/index7.php

爽やかマリン「J.crew」

J.crewは、青と白を使ってまとめた、爽やかなマリンスタイルを提案!サマー!
白ポロシャツは、ブルー系のパンツと相性抜群ですね。うーん、爽やか!

http://www.fashionsnap.com/collection/jcrew/mens/2015ss/gallery/index2.php

http://www.fashionsnap.com/collection/jcrew/mens/2015ss/gallery/index2.php

以上になります。

2015年春夏シーズンの、ポロシャツのツボをお届けしました。
ポロシャツ熱、盛り上がってきましたか?…ほら、あのワニもノリノリだよ!

ポロシャツの良さの一つは、経年変化が楽しめるところだと思います。
ガンガン着てガンガン洗うと、どうしても縫い目の辺りなど色褪せてくると思いますが…、それが味になるのが、ポロシャツの良いところ!
デニムのように「育てる」楽しさがあると感じます。

新しくきれいなもの、着こんで味が出たもの…ポロシャツの状態によって着こなしを変化させるのも、ひとつの楽しみではないでしょうか。

 

カジュアルからストリート、モードなど、様々な着こなしが楽しめるポロシャツ。
今年の夏も、ポロシャツ、着ようぜ!

参考になれば、幸いです!

3 Comments

  1. WD

    Scyeのルック、素敵だと思うのですが、暑がりの自分には重ね着は厳しいかも。
    White Mountaineering、Shareefのルックもいいなと思います。

    ジャケットと合わせるのはおっさんぽくなりそう(年齢的には十分おっさんなのですが)で、着こなしが少し難しいです。

    ラコステのポロシャツ、長袖ですが1着だけ持っています。しばらく着ていないけれど、記事を拝見して、また着たくなってきました。

    • Scyeのルック、茶系まとめるのが新鮮で、素敵ですよね。
      素敵だったので、トップバッターに持ってきました。

      ポロシャツにジャケットの合わせ、躊躇する気持ちわかります 笑
      素材などで上手くアクセントを付けるなりしないと、オヤジ臭くなりそうですよね。
      ポロシャツの着方も幅が広いですよね。改めてコレクションを眺めて思いました。
      長袖なんてのも、面白い着方が出来そうで、いいですね。

      • WD

        コメントを書いた後で、ネットでポロシャツの着こなしについて検索すると、長袖Tシャツの上にポロシャツを重ね着したコーディネートがありました。
        これも難易度が高そう。ポロシャツに限らず、長袖の上に半袖を合わせる着方にどうも自信が無いです。若い時に経験しなかったからかな…と思います(苦笑)。

Comment