長く着たい!定番ニットブランド5選

大人なら、1枚くらい上質なニットを!

ニットって、高価で上質な物を着てしまうと、安い物には戻れない。

肌触りといい、暖かさといい、見た目の高級感といい…。
ああ、冬はお金がかかる…!

 

大人ならばひとつくらい、上質なニットを持っていると良いですよ。

やはり、その辺の4900円のカーディガンと、49,000円のニットでは…
パッと見るからに印象も全く違うと感じます。

ニットは、割と値段が見た目に出やすいと思います。
高級なニットを見たことが無い人には、違いが判らないかもですが…
良い物を見たことがある人なら、絶対に差が判ると思います。

だから、高級レストランに出掛ける時は、大事な人に会うときなどは、
ちょっと良いニットでの武装をお勧めしますよ。

 

今日は、上質なニットを製作しているブランドの定番どころ。
5つ紹介します!

お値段が高すぎず、割と買いやすく有名なブランドを選びました。

 

1.ジョン スメドレー

上質ニットの定番、ジョンスメドレー!
メンズ・レディースと取り扱いがあり、独立店舗もあります。

ベーシックなデザインが多く、通勤にも使いやすいものばかり。
非常にコストパフォーマンスも高く、人気があります。

コットンやウールなら、20,000円以下でも購入可能です。
ベーシックなのに値段に差がある場合、その理由は、たいていが素材。
カシミヤや希少なウールを使用していると、お値段も上がります。

こだわるなら、カシミア混のタイプがおすすめ
滑らかさ、毛玉のできにくさ、暖かさなど、良いことばかりなので。

2.ジョンストンズ

マフラー・ストールが大人気のジョンストンズ

大人の男性はマフラー選びに悩む方もいらっしゃるので…。
上質な暖かい物を探しているなら、ジョンストンズお勧めです。

チェック柄が豊富にあり、女性にも知名度が高いです!

カシミヤ商品が目玉。
凄く肌触りもよくて、とにかく暖かい!

3.ジョンモロイ

きれいめニットが続いたので、カジュアルニットを。

ざっくりとしたアラン編みのニットが名物!
カウチンのような厚手の物のイメージです

ナチュラル系のカジュアルがお好きな方におすすめです。
ジョンモロイは、ざっくりニット帽も人気ですね。

カジュアル商品を扱う、セレクトショップにて取り扱っていることが多いです。

カジュアル系の定番をもうひとつ、ハイランド 2000。

ここもざっくりした地厚系のニットが多いです。
流行したフェアアイル柄のニットといえば、ここのイメージ。

フェアアイル柄のベストやマフラー、手袋など種類豊富です。

小物が豊富で、レディース展開もあり知名度もあるので、ちょっとした冬の贈り物にも良いですよ。

値段も高すぎず、買いやすいのが嬉しいです。
ナチュラルテイストのカジュアル系アイテムを扱うセレクトショップで、見かけることが多いです。

5.sacai(サカイ)

最後は日本を代表するニットを。

いまや日本を代表するデザイナーズブランドのsacaiです。

sacaiMens_14ss_1

質の良さはもちろん、デザイン性が高いブランドです
デザイナーは、元コムデギャルソンのニットパタンナーだった方。

レディース・メンズと展開しているブランドです。

「使いやすいけど、ちょっと変わったおしゃれニット」が毎シーズン出てくるので、個人的には必ずチェックしています。

関連記事:sacaiが10年着られる理由を考えた

 

http://www.fashionsnap.com/collection/sacai/mens/2016-17aw/gallery/index32.php

http://www.fashionsnap.com/collection/sacai/mens/2016-17aw/gallery/index32.php

以上、5ブランドでした。

きれいめ、カジュアル、ドメスティックと、ど定番ブランドを挙げました。

ハイブランドのように、非常に高価なブランドはありません。

冬の必需品ニット。
アトピーが持病だったり、肌が敏感な人だと、チクチクして苦手だったりしますが、上質なニットは、凄くなめらかでチクチクしにくいものが多いです。

素材による問題が大きかったりしますが、ニットに苦手意識がある方も、一度袖を通して試してみてください!

 

参考になれば、幸いです!

 

 


ひこにゃんはやっぱりかわいい

 

2 Comments

  1. WD

    今月初め頃、プラダの検索で見つけて、興味深く読ませてもらっています。
    ハイランドのマフラー、巻き方が知りたいです。

  2. ちゃん(管理人)

    読んでくださってありがとうございます!
    マフラーの巻き方について、近いうちに記事にしますので、
    少々お待ち下さい!

Comment