コーデを締める!冬の赤の使い方

冬に映える色って、あるよね

夏だからこそ、冬だからこそ…
その季節だからこそ映える色ってあると思います。

個人的に、冬の白と赤は非常にキレイだと思っていて、定番の黒や紺と合わせると、お互いに引き立つように思います。
そして、上手く使っていると、上級者感を感じます。

男性にとって冬に真っ白は、案外取り入れにくいらしい。
また、ボルドーならまだしも、原色の赤はちょっと的な話を、最近小耳に挟みましたが…皆さんはいかがでしょうか?

冬の白と赤の使い方について考えてみました
今回は、赤についてです!

色彩ガイドブック―配色の基本がすべてわかる

 

★効果的な赤の使い方を考えた

インパクトカラーの赤。
青と比べると派手さがあり、同じ面積でも目立つ赤。

今年の夏、原色の真っ赤なパンツが流行しましたが、冬に同じ感覚で取り入れると、かなり目立つと思います。

夏は素材感が軽いので、原色も軽い印象に中和される感があります。
だから夏は鮮やかな赤や黄、緑なども着やすいのですが、冬は素材感が重くなり、原色の存在感が増すために、なんだか原色など派手な色が着辛くなります。一言で言えば、目立つようになるから!

 

アウターやパンツで、大胆に取り入れるのはもちろん手ですが、冬に原色の赤を大きな面積で使うなら、他でバランスを取らないと、相当なインパクトになります(経験済

待ち合わせ場所レベルになるほど、目立つ事故も引き起こせます(経験済

冬は、黒、紺、グレー、茶といった色のアイテムが、ワードローブに多くなると思いますが、そういった暗めの基本色で固めたコーデの中に、赤をアクセントとして上手く使えれば…おしゃれ感が出るのは確か。

個人的には、アクセントとして、スパイスとして、赤を効果的に使うのをオススメします。

地味だったコーデも、一気におしゃれに。グッと締まると思います。

ATTACHMENT_2013aw

ATTACHMENTの2013awです
シャツの襟が赤!他はベーシックなのに、この垢抜け感。

 

★冬に使える!赤のおすすめアイテム「ニット」

衣類ならば、取り入れやすいのはニットでしょう。
アウターだと勇気がいりますが、ニットならいける気がする…。

ごつくない、きれいめハイゲージニットならば、きれいな赤が見つかります!

真冬に赤いニットを着て、アウターからチラリと覗かせると良いポイントになり、私個人では黒の次に着る色だったり。

カーディガンなら、前が開けられるので、表に出るインナーの面積が増え、赤のインパクトを薄めることができるので、真っ赤に抵抗がある方にはカーディガンがオススメです!

AW13_MW_PRORSUM

バーバリーブローサムの2013AW。
ちょっと暗めの、着やすいレッドを使った正当派ルック
靴をヒョウ柄にして、遊びを効かせております

DSQUARED_2013aw

DSQUARED 2013aw
ニットの袖を前に掛けてる?上にジャケットを羽織る。
なるほど、一般人には真似しづらい。でも素敵。

 

★赤がワンポイントに使われた服は、楽!

スウエットのロゴ部分が赤、シャツの襟だけが赤。
パーカーのフードの内側が赤、だとか、一部分にのみ赤が使われていると、楽です。

着るだけでポイントになってくれるので、ごちゃごちゃと考えなくて済みます。

唯一欠点を挙げるとすれば、遊びようが無いというか、赤の分量を自分で調節したりできないことでしょうか?
でも、赤に初めて挑戦するなら、ワンポイントからが安全ですし、楽だと思います。

 

アンリアレイジ、2013AW
これくらいの赤の入り方なら、使いやすい

msgm_2013aw

MSGM 2013AWのアウターです
赤のライン、いいアクセントになっています

★最も扱いやすいのは、小物

インパクトカラーは、小物で適度に取り入れるのが無難。
最も扱いやすいと思います!

小物だと面積も少ないので、派手になりすぎませんし、プラスワンとして使うことができるので調節もしやすいです。

これからの時期、おすすめなのは、赤ベースのマフラー、シューズ、靴下でしょうか。

ジョンストンズ、カシミアマフラー
チェックなら、赤でも使いやすいですね。

モードに決めたい方、きちんと感を出したい方には、
GUCCIなどいかがでしょうか?あえてのグッチ、ロゴ。
ヴィトンやグッチなどハイブランドのマフラーって、黒や茶だとギャル男風でなんだかイヤらしいですが、カラーものだと、結構おしゃれに映りますよ。

 

acne_2013aw

ACNE 2013AWのルックです
お手本のような、見事な赤の使い方!

赤の靴は非常に便利です。
足下を赤にするだけで、随分と印象が変わります。

 

こう見ると、なかなかの赤!ですが、足下なので、これくらいが丁度良かったりしますよ。

下は、トリッカーズの赤!
上品な色で、大人でも使いやすそうな色味ですね。

カジュアルスタイルの時も同じくです。

赤のレザー製の、コンバースのジャックパーセルを所持していますが、これもいい仕事をします。
ネイビーのアウターを主役にトラッドカジュアルにまとめたい時なんかに、選択します。

紺のコート、グレーのパンツ、赤のスニーカー。
こんな組み合わせ、非常に今年っぽいのではないでしょうか

コンバースの布製スニーカーの赤は、発色が良すぎて、ちょっとチープかもしれません。
カジュアル派の方には、いいチープさかも。

冬に使うなら、大人の方なら赤はレザーがおすすめです!

白地に効果的に赤が使ってあるタイプも、冬のスタイルには映えますね!

冒頭にも書いた通り、冬の白はとても映えます。。。

 

 

白が出てきたところで、今日はここまで!

 

赤は、冬場にポイントとして使うと、本当にきれいです

紺やグレーととても相性が良い色なので、
今年の流行色と合わせれば、上手く仕上げられると思います!

 

私は元々赤が好きなので、ストール、手袋、靴下、靴、鞄と、小物類で全て赤を持っています。
もう戦隊のレッドかっていうくらい。ヒーロー気取りかよなんですけどね。
冬場は全身のどこかに必ず赤が入る勢いで、活用していまーす!

最もポイントになる…投入することで印象を変えられるのは、やはり面積の大きいストール(マフラー)と、地面に近いだけに意外に目立つ、靴だと思います。

 

手袋だけ、ちらりと覗かせるセーターだけでも、
十分なポイントになり、コーディネイトのポイントになってくれます。
ぜひ今年の流行に合わせて、「赤」を活用してください!

白編もありますよ。
参考記事:「街で目を引く、冬の白の使い方」

 

冬の白も、赤と違った印象で、良いですよね!
よければご覧下さい。

 

参考になれば、幸いです!

 

結局、成熟とは何かはわかりませんでした

2 Comments

  1. WD

    「顔色が悪い」というコンプレックスがあって、その対策として、「上半身、出来れば胸から首の辺りに赤系の色を持ってくる」というのを心がけています。

    バーバリープローサムのニットみたいな赤(えんじ系?)がすごく好きです。
    画像のアンリアレイジのカーディガンの配色もストライクです。これ釦も凝っていますね。

    ニットはこの数年、具体的に欲しいものがシーズンに1つは出て来てしまって、困りものです(手持ちの数はまあまああるのに)。

  2. chanboo

    WDさん

    顔色が悪い方は、上半身に暖色系を持ってくると、
    血色がよく見えて印象も良くなると言われていますね!

    ニットは特に、理想の一品を探すのが大変だったりします
    冬って、ほぼ毎日ニットを着ると思うので、毎年数枚買い足しても、
    割と元が取れる方ではないでしょうか?
    (良い物だと単価が高いので、お財布には痛いですが)

Comment