2014-15年秋冬メンズコレクション ルックまとめ 2

暗い色目がたまらないよ、秋冬

2014年秋冬コレクションのルックを選びます、の続き。

流行を取り入れるかどうかは別として、情報として把握しておくと、やはり違うと思うんですよね。
早め早めに次のシーズンを意識しておくと、買い物も変わってくるはず。

今回も、ハイブランドから買えそうなブランドまで、いくつか選んでみました。

 

 

今回はシックだ、CARVEN

carven_14aw_17

 

CARVENって、クラシカルながら派手、というイメージでしたが、今回は一味違います。
今回はシックです、驚きの地味さ!

しかしながら、CARVENらしさは随所にあります。
上のピーコート、細かい部分が「らしい」ですね。
色や形はベーシックだけど、ディテールが凝っているっていうアイテムは、一番上手く使える。

パンツが太めなのが、来季らしさ。
気持ち青が強めのネイビーも、きれい。

 

carven_14aw_2

 

グレー、白で合わせて、素材感が違う帽子でポイント付け。
襟と帽子の素材感がリンクしているところが、またいい。

 

 

BALMAN、ミックススタイル提唱

BALMAINHOMME_2014aw_1

 

今回のコレクションは、ストリートスタイル × BALMANのラグジュアリーさ、といったイメージ。
カジュアルなアイテム × ブランドらしいエレガントなアイテムの組み合わせがメインですが、このミックスが実に今っぽい。

カジュアルなコーデに、1点ラグジュアリーなアイテムを投入したり、足下はスニーカーやスリッポンで崩したり。
実際に参考になるバランス感のコーデが多いです。

この感じは、今の”おしゃれ”の型のひとつ。

 

BALMAINHOMME_2014aw_2

 

異素材ミックスのパンツで、来季っぽさ演出。

インナーに白×黒のゼブラ柄を入れるところが、オサレポイント。
冬の白って、いいポイントになりますよね。

 

 

White Mountaineeringの上品さ

WhiteMountaineering_2014aw_01

 

機能性の高いアウトドアウェアを、スタイリッシュに。
アウトドア系カジュアルを、大人っぽくスタイリッシュに着用したい方にマッチします。
おしゃれ日常着として、最高。

流行の続く英国調に仕上げ、かなりリアルクローズに近い提案。
そのまま参考になるスタイリング揃いです。

 

WhiteMountaineering_2014aw_3

 

これはアウトドアなのか?と問いたくなりますが、アイテム自体はしっかりアウトドア仕様。
“高機能””機能性”というワードが好きな男性は、ニヤリのはず。

 

 

KAZUYUKI KUMAGAIの大人ストリート

kazuyukikumagai_14aw_1

 

私が男だったら、今はこの路線なんじゃないかと思うんです。
スタイリッシュなきれいめストリート。

きれいな中間色を使った、スタイリッシュな大人ストリートテイストのアイテムで魅せます。

ウールのアウターも、適度なルーズ感があって凄く良いなと。
雰囲気があって、羽織るだけで決まりそう。

 

kazuyukikumagai_14aw_03

kazuyukikumagai_14aw_02

 

写真で見る限り、色が良いですね。
深みがあるんだけど、華もあって、秋冬にピッタリの色揃い。

色や柄の組み合わせも、参考になります。

 

 

DISCOVEREDも、大人ストリート?

Discovered_14aw_1

 

日本のブランドは、ストリート系のファッションを提案するブランドが多いです。
ディスカバードも、クリーンな大人ストリートといったイメージ。

異素材の組み合わせで魅せるアイテムが目立ちます。
キャメルの使い方がきれいで、黒やグレーといった暗い色との合わせ方は参考になりそう。

 

Discovered_14aw_2

 

素材を面白く使ったアイテムが多く、注目です。
異素材の組み合わせで魅せるアイテムも多いのですが、コーデュロイ生地でマフラーを作ったり、スーツ生地でカットソーを作ったりと、来シーズンらしい”異素材感”溢れるアイテムが豊富。

全体的にシックなので、取り入れやすそうなアイテムが多そう。

 

 

ぶれないね、サンローラン

saintlaurent_14aw_1

 

ぶれねえな、エディスリマン(にっこり)

今回もテーマは”ロック”です。
「太いパンツがブーム?ストリート?はあ?」…そんなデザイナーの声が聞こえてきそうなコレクション。
いまや、女も避けるようなスキニー。

これはこれでいいですよ、立派な個性ですよ。
ブランドが納得してる以上、これでいいんだよ。

 

saintlaurent_14aw_2

 

「司会者」「演歌歌手」とかって思った人は、罰としてこのジャケット買ってください。

ロック系というか、ヴィジュアル系というか、アニソン歌手系というか…。
そういうファッションって一つのジャンルとして、変わらず存在してますよね。
そういうジャンルのブランドって、サンローランをパry…いや、結構オマージュしてます。

 

 

以上、6ブランドでした。

 

その1はこちらです、よければどうぞ!
来季のコレクションを見ると、来季のためにお金貯めなきゃ…って気になりませんか?

個人的には、好きなシーズンは本で持っておくのがオススメ。
各ブランド全部は載っていませんが、自分の知らないブランドを見たり、知るきっかけになります。

gap PRESS MEN vol.36(2014ー2015 PARIS,MILAN MEN’S COLLECTIONS (gap PRESS Collections)

 

来季も見据えつつの買い物をして、洋服を着ていくことで、いつのまにか世の多くの人より一歩先を行ってしまう可能性が大いにあります。
やはり、ファッションへの意識や、いまのファッションの捉え方が変わってくるように思うんですよ。
それが結果的に、おしゃれと思われる行動になっていく気がします。

いま、何も先のことを知らずに買い物をするのと、来季を見据えた上で買い物をするのは、内容が変わってくるんじゃないかなーと思います。

 

まあ、知らないよりは、知っておく方がいい!

 

参考になれば、幸いです!

 

 

■個人的 買い物日記■

集中したい時、懐かしいゲームの音楽聴いてます。
歌も入っていないし、テンション上がるし集中できます。

私のお気に入りは、「聖剣伝説2」と「ドンキーコング3」です。
「ドラクエ4」や「ファイナルファンタジー4」もいいです。

2 Comments

  1. eva

    リアルクローズだと、やっぱり日本のブランドはオシャレにまとめてきますね。
    個人的に、海外のブランドにはリアルクローズではなく、突き抜けた「個性」でショーを見せて欲しいと感じてしまいます。

    好きなシーズンだと、10年以上前に「ロマンティックボヘミアン」が流行った頃のシーズンが好きで、たまにその頃の本を引っ張り出して眺めたりします。あの頃流行った超長いドルガバのざっくり編みマフラーとか、今でもたまに使います。そういえば、この頃のドルガバ、好きでめっちゃお金使ってました。その後変なストリートに傾倒してしまい嫌悪しましたが、今でも好きなブランドです。

    ゲームの音楽に、同世代感を感じてしまいます 笑
    自分の場合は、聖剣2、クロノトリガー、ドラクエ、FF5、ロマサガですかね~。
    最近だとゲーム音楽はペルソナシリーズくらいしか惹かれるものがないですが、ゲームの音楽って、意外とちゃんと作られていますよね。
    ドラクエ室内楽アレンジの四重奏のアルバムが個人的にオススメです。

    • chanboo

      最近特に、日本のブランドはリアルクローズ路線ですね。
      不景気なので実売に繋げる為かもしれませんが、少しつまらなく感じてしまいます。
      海外のトップブランドには、トレンドや実用性を抜きに、思いっきりブランドの世界観みたいなものを出して欲しいなーと私も思います。

      ロマンティックボヘミアン!懐かしいですねー 笑
      ざっくりした長いマフラー、流行しましたね…。
      好きなシーズンって凄く印象深いし、今でも単品で取り入れたりもしますね。
      私はアンダーカバーの「scab」「but beautiful」というシーズンが凄く好きで、今でもたまに着用します。

      ゲームの話題で一番年齢がバレますからね 笑
      ロマサガ1〜3は延々と遊びました。クロノトリガーも面白かったです…カエル…!
      ペルソナってやったことないんですよ、完全に乗り遅れた感があります。
      ゲームの音楽っていいですよね、本当に馬鹿にできないです。
      弟に電話したら、ドラクエの四重奏を持っているそうなので、借りて聴いてみますね!

Comment