ファッションデザイナーの顔まとめ2

ファッションデザイナーのご尊顔

第二弾です。

意外に知らない、ファッションデザイナーの顔やちょっとした小話をまとめました。
男性を中心に、生存されている方を集めました。

第一弾と併せてどうぞ!

関連記事:ファッションデザイナーの顔まとめ

日本在住、ジュリアン・デイビッドさん

日本に住んで、日本で服を作って、パリコレに出しています。
だからか、洋服やスタイリングに、日本のリアルなトレンドやスタイルを感じます。

デザイナー本人の着こなしも参考になるようなものばかり。
フランス人!って顔と額をしているんだけど。

10

L1004065

ぶれない男.エディ・スリマンさん

ディオールオムで一世を風靡し、今はサンローランのデザイナー。
どこに行っても俺流、ぶれない男です。

エディスリマンの服が好きなら、本人も要チェック。
本人はいたってシックにまとめており、非常に格好良く服を着ています。
写真のとき、いつも同じようなポーズですが、キメポーズなんでしょうか。

「俺くらい細くなきゃ、俺の服は着るなよ」って聞こえてきます(幻聴

e0152373_195563

heidi-1

日本の女帝・川久保玲さん

日本人デザイナーのトップといえば、川久保玲さんではないでしょうか。

川久保さんは慶応義塾大学卒業で、洋服の専門学校に行っていません。
フリーのスタイリストを経て、ブランドを作りました。

私は、こんなおばあちゃんになりてえなあと思っています。
年を取ると黒は似合わないと言われていますが、逆に格好良いと思います。

reikawakubo-thumb-480x422-128233

TKY201201180513

シック!ラフ・シモンズさん

川久保玲さんを尊敬していると公言する、ラフシモンズさん。
昔、フランス人の業界人に聞いた話だと「トップデザイナーに珍しく協調性があって、仕事しやすいグッドガイ」らしいです。

ジルサンダーを電撃解雇されてからの、ディオールへの電撃就任は記憶に新しい。

彼自身の着こなしは、シックでミニマルな、年齢を感じさせないもの。
こう見ると、黒の着こなしでも人によって様々ですね。

RAF-DIOR-TIMELINE_2189366a

右の人ですよ。
左はディオールの前任者、ガリアーノさんです。

raf

優しそうじゃん!ルシアン・ペラフィネさん

ドクロのイメージがあるので、凄くハードな方なんじゃないか…
渋いガリアーノ風…?V系に転んだエディ風…?
ところがどっこい、優しそうなオジサマでございました。

元々はスタイリスト・エディターだったようですね。

そういや、サッカーの中村俊輔選手が私服として着ていたのを見て、似合わry…いや意外だなと。

Exif_JPEG_PICTURE

img_8cd38866a8dbd17e03988794bc1ce74b43772

癒し系、 クリストフ・ルメールさん

エルメスのデザイナーを務めていました。

自身の名前を冠したブランドも持っています。
もう10年位前でしょうか…日本でも随分と注目を集めました。

私はクリストフルメールのエルメス、ラグジュアリーの余裕みたいなものが感じられて凄く好きです。
おだやかな、余裕ある服を作る人は、やはり見た目も穏やかだった…!

f84802d35e851d7e402713c616d91675__

ヒゲを生やすと全く印象が変わる、好例。

img_396fff30e9d8abd9b98d02264f1e0aac75598

おいイケイケだな…オリヴィエ・ルステンさん

バルマンのデザイナーを務めています、オリヴィエ・ルステン氏。
小顔でスタイルが良く、表にもよく出てくる人物です。
まだ30前だと思いますよ、若いのに凄いキャリア。

作る洋服同様、イケイケな印象です。
失礼ですが、デザイナーズのデザイナーって基本は根暗そうというか、変わり者感があるんですが…。

Rihanna-Olivier-Rousteing-Giovanna-Battaglia-3191271

セレブやお気に入りのモデルを招いて、プライベートパーティ。
リア充デザイナー。(しかも、フランス人。)

o0800077811959855849

以上になります。

見れば見るほどに楽しい、デザイナーの皆さんのお姿。
基本的に、日常もシックなファッションに身を包む方が多いですね。

デザイナーは黒を着る方が多いですが、黒の着こなしもやはり人それぞれ。
黒って、色々な見せ方のできる、面白い色だなあと改めて感じました。

続編もよければどうぞ!

関連記事:ファッションデザイナーの顔 まとめ 3集目


ハイファッション デザイナーインタビュー。

参考になれば、幸いです!

4 Comments

  1. WD

    第2弾、来ましたね。
    ジュリアン・デイビッドさん→去年〜今年の秋冬で、「MA-1の着丈を長くしたもの」を雑誌で見て、お名前を知って、すごく気になって見に行きました(軍ものは、普段特に興味はないのに)。試着もしたけれど、サイズが無かったです。あったらどうなっていたのか…
    エディ・スリマンさん→自分も同じ位痩せているのですが、高くて買えません…格好いいですね。
    川久保玲さん→昔よりロックな感じが強くなった気が。
    ラフ・シモンズさん→すごいアイディアの持ち主だと思います。
    クリストフ・ルメールさん→ご本人の名前のブランドも、もっと人気が出て、もっと展開されてもいいと思うのですが、今エルメスを手がけておられるのですか。

    ドリスさん、あれだけの服を作る方らしいお顔だなあと思います。
    ランバンのファムとオムのお2人は、味があるなあと思います。

    • chanboo

      ジュリアンデイビッドの服、格好良いですね。
      適度なモードさとストリートさで、私も良いなーと思うものが多いです。
      全体的にクリーンなイメージで、大人も着られるテイストですよね。

      エディくらい痩せているって、凄いですね!
      服を着る為に生まれてきたんですよ、ぜひオシャレしてください…!
      サンローランは普段着辛いうえ高すぎるので、買わなくてもいいと思います(小声

      「クリストフ・ルメール」って、いまやエルメスのデザイナーのブランドなわけで、もっともっと注目されてもいいはずなんですけどね。
      もはや若い人は知らなさそうな勢いですが、今までの代理店と切れたので、動きがあるかもしれないです。
      服自体はとても好きなのですが、ここ数年値段がやけに上がっていたので。。

      ドリスも、もっと売れてもいいと思うんですよね。。
      他にない独自性がありますし、ハイブランドほど高くもないし。
      新年のセールにもシーズンの象徴的なアイテムが結構残っていたし、あまり受けないんでしょうか…。

      • WD

        「服を着る為に生まれて〜」→ありがとうございます! ただがりがりなだけですが、ちょっと勇気づけられます。体型に合う服を頑張って探さなければ(昔にくらべると、まだ見つけやすくなりましたが)。

        ドリスさん、「いいな」と思う花柄のシャツが、素材がシースルーっぽかったりで、少し選びづらいです(すごくいいなとは思うけれど)。でもまだ諦めずに、いいアイテムがないか、お店に行って見てみるつもりです。

        • chanboo

          失礼な言い方は承知なのですが…
          世の中、太っている人にだけ似合う服はないですが、痩せている人にしか似合わない服は確実にありますから。
          特に男性は女性以上に身長・体型に左右される部分が大きいと思うので、立派な長所だと思ってください!
          でも、海外ブランドは基本的にサイズが大きいので、苦労しそうですね。。

          ドリスのメンズ、素敵なんですけどね。。
          見るには素敵ですが、実際に着るとなると若干浮世離れしているというか。そこがいいんですが…難しいところですね。
          レディースが個人的にあんまりなので、メンズが羨ましい限りです。

Comment