大人向け?アートな香水「フレデリック・マル」

思ったより、自由な香水

最近は、マナーを気にする人が昔より増えました。
皆さんは、香水って使いますか?
香水を使う人が、なんだか、減ったような気がするんです。

代わりに、お部屋の香りや衣類の香りに気を使う人は増えたような。

さておき。
今日は、大人向け?少し変わった香水の紹介です。

知りたくなる、フレデリック・マル

「フレデリック・マル」という名の、香水ブランドです。
“クリエイティブな香水”なんて表現されることが多いです。

自由な発想で他にはないような調合を行い、他にはないような名前と香りの香水が生まれます。

実際に嗅いでみると、(ムスクなんだけど…ん?)だったり、(さわやかな柑橘…えっ、なに?)みたいな感覚に襲われたりする。面白い、鼻がバカになるまで色々と嗅ぎたくなる。
個性がありながらも、どれも上品で、特別であることが感じ取れます。

男性用、女性用、ユニセックスとあります。

 

フレデリックマル

 

香水の見た目は、こんな感じです。

値段は、ものによりけりです。
大体、50mlで約1.5万〜3万円くらいでしょうか。

 

ラインナップの一部を紹介すると…

<苦オレンジのコロン>…新鮮なビターオレンジの香り
<あなたの腕の中で> … 男の甘さと塩味とサンオイルのほのかな香り
<身を焦がすムスク>…香水の限界まで危険なほどに官能的な甘い香り
<情熱の花>…男の「セックスアピール」、官能的な甘さとさわやかさ

 

…気になりませんか?
どれだけ官能的なの?やばい、ねえモテちゃうんじゃね?(小声

それは嗅いでのお楽しみということで…。
世界中のセレブ層のみなさんも愛用していらっしゃるようですよ。
上品ながら個性の強い香りですから、セレブのオーラにも負けそうにない!

他にも、自然から着想したもの、絵画から着想したものなど、非常に多彩です。

 

 

「ドリスヴァンノッテン」という名の香水も

ドリス_フレデリックマル

面白いものでは、「ドリス ヴァン ノッテン」という香水があります。

フレデリック・マル氏自らが、友人であるドリス氏をイメージして作った香水です。
ブランドからイメージしたのではなく、デザイナー本人からですから、意外な一面が香りに潜んでいるかもしれませんね。

香水瓶のデザインがドリス仕様なのが、ニクいところ!

未だ、ドリスの香りは嗅いだことがないので、気になります。

 

東京だと、新宿伊勢丹のメンズ館にて販売しています。

フレデリック・マル、大人の方におすすめの、上品で他には無い香りが揃います。
大人が纏っても恥ずかしくない、人と被らない香りをお探しの方、ぜひ!

参考になれば、幸いです!

2 Comments

  1. WD

    香水、買ったことがないです。
    たまに外で「いい香りだな。どこの香水だろう」と思うことはありますが…
    昔の友人が「(「香水」と呼ばずに)フレグランス」と言っていたのを思い出します。

    記事の香水、ドリスさん関係のだというのは気になりますね。
    あと、瓶のデザインは大事だと思います(自分が買うとしたら、それが買う理由の一部になる位)。

    • chanboo

      香水の瓶はデザインは確かに重要ですね。
      アンティークでも香水瓶は大小色々なものが並んでいて、見ていて楽しくなります。
      使いもしないのに、買ってしまったり…。

      香水は、使い方の加減が難しいですよね。特に男性だと難しい気がします。
      不快と感じる程度も、人によって違いますし…。マナーに関わるので、難しいです^^;

      ドリスヴァンノッテンと名前が付いているのは、興味が沸きます。
      スパイシーで、オリエンタルな香りなんでしょうか?
      アーティストの名前を冠したシリーズの第一弾として発表されたそうなので、今後も楽しみです。
      第二弾以降はまだのようですが、今後も、気になります!

Comment