裏原宿系ブランドが大流行した頃の話

2000年前後のファッションの話

今回は、昔の話を。

いまストリート系ファッションが流行していますが、30代の人からするとアレを思い出すと思うんですね。
そう、「裏原系」の大ブーム!…あの時のファッションを!

裏原系が流行っていた時期をわかりやすく2000年と考えても、もう約15年も経過しているわけで。
いま大学生の人は、まだ年齢1桁だったという…。

今日は裏原宿系が流行した頃の話を。
若い人には昔話、同世代の人には懐かしい!!と思って貰えれば…。

関連記事:往年の裏原系ブランドで代表スタメン組んでみた

入荷日に行列ができるのが当たり前

裏原宿系ブランドといえば、まず「行列」を思い出します。

人気ブランドは、商品の入荷日に行列ができるのが恒例行事。
特に限定アイテムだったり人気アイテムの発売日には、開店前からかなりの人!
純粋に欲しい人、転売目的の人、どちらが多かったのかは微妙なところですが…。

人気ブランドなら転売すれば、何であろうが最低1.5倍以上の値段で売れました。
転売目的でヤ○ザや業者がホームレスまで使って並ばせ買わせ、店側とトラブルになったり(私はナンバー○インとB×○でホームレスらしき人が並んでいるのを見たことがあります。)

ブームのピーク時、人気ブランドは店に行っても、ほとんど商品がない状態。
冗談かよ?と思うくらいに店の中が空っぽで、ちょろっと超高いものや仕入れ商品がある、みたいな。
商品無いなら開店すんなよ!と思うくらい、店には何にもない状態が続いたことも。

特に人気があったと感じるのは、やはりエイプ、ナンバーナインでしょうか…。
アンダーカバーも人気は高かったのですが、デザイナーズ色を強めレディースに力を入れていったため、裏原宿系ブーム最盛期にはすでに王道ストリート系ではなくなっていた感があります。 だから裏原宿系ブランドと括られるけど客層は微妙に違っていた印象。

偽物と転売の時代

偽物と転売が溢れた時代でした。

裏原宿系といえば、プリントTシャツがメインアイテムのひとつ。
…非常に偽物が作りやすいので、特に象徴的なアイコンのあるエイプやアンダーカバーなどのロゴTシャツは偽物が多く流通していました。

バッグも偽物が作られて、作りやすいBAPY(APEのレディース)のプリントロゴトートや、ヘッドポーターも偽物地獄でした。

上で触れたように、転売もとても多かったです。
当時、まだ利用料が無料で偽物や詐欺を取り締まるルールも無かったヤフオクは、偽物と転売だらけ! 中でも、やはりエイプのTシャツの偽物流通量が多かったイメージです。

店員の態度が基本的に悪い

裏原宿系ブランドといえば、「店員の態度が悪い」ことも忘れてはならない!

もちろん店と個人により差がありますが、基本的には今なら炎上レベルの態度の悪さの店も少なくなかった。

裏原宿系ブランド界隈に仲間内のノリの延長みたいな部分があって、店員ってそのブランドの誰かの友達…ってパターンも多かったと思う。

店に客が入ってきても、「いらっしゃいませ」も言わない。無視か!
名札も付けておらず、客がたくさんいると誰が店員だかわからないことも、あるある。
レジに座って肘付きながらガムクチャでパソコンしてるみたいな状態はザラ、ただし友達が店に来た時だけ「ウィース」とか声だして外にタバコ吸いつつダベりに行くみたいな。

…ひどい話ですが、珍しくなかったと思う。

某ブランドが、ブーム全盛期に態度が上記の通りにクソだったのですが、大手アパレル会社に買収された後に店に行ったら「いらっしゃいませ!(笑顔」「ぜひ鏡で合わせてご覧くださいね!(笑顔」と爽やか接客してきて、何ともいえない気分になりました。

教科書は「smart」

当時、裏原宿系ブランドが好きな男子にとっては「smart」が筆頭雑誌でした。
あとはクールトランスやストリートジャック辺り。

今の「smart」って内容の方向転換を行って、エンタメ色も強くなりましたが、当時は裏原宿系(ストリート系)の割と硬派なファッション誌でした。
ちなみに裏原宿系女子の為の雑誌は「mini」 「smart」の女性版にあたる雑誌で、当時はピュアな魅力に溢れた美少女だった土屋アンナさんや、後にアンダーカバーの高橋さんと結婚してしまう森下璃子さんがモデルとして登場していました…。

ちなみにこの頃、品川庄司が裏原宿系オシャレ芸人筆頭でした。 特に庄司さん、よく一人で表紙を飾っていました(ほんとだよ

切り離せない、バンドブーム

裏原宿系を語るのに外せないのかなと思うのが、バンドブーム。

ハイスタンダードとかBRAHMANとかハスキングビーとか、「メロコア」というのか。
観客がオイオイ言って、ダイブとかモッシュするライブするバンドというか。
ハイスタが主催する「AIR JAM」というフェスに出演するアーティスト、という括りでもいいのかなあとか。

こんな感じの音楽が、ファッションの裏原宿系ブームと同時期に、若い男性を中心に非常に流行しました。
こういう音楽が好きな人って、裏原宿系ファッション率が非常に高かった。
音楽が先かファッションが先かはわからないけど、とにかく密接な関係だったように思います。
実際にブランドにバンドの人が関わるケースや、着用するパターンも多かったです。

ZOZOTOWNの運営会社の社長も、この辺の人。
元々は会社名であるスタートトゥディの名前で、人脈を使い裏原宿系ブランドの通販を始めたのが最初だと思います。
当時はブランドの通販なんて本当に珍しかったので、凄く驚きました。

…話は戻って。
そういったバンドのTシャツを着ることも「オシャレ」な風潮があった気がします。 バンドTシャツ+パタゴニアのショーツ+アウトドアブランドのシャカシャカブルゾンみたいな着方は男女共に王道パターンでした。

【余談】裏原系のブームと、当時の私

裏原宿系のブームって、いつからいつまでを指すか難しいんですが…。
私の中ではブームのピークって、1998年~2001年位の印象です。
私が中高生の頃にブームが到来したイメージなんですよね…。
(この後、エディスリマンによるディオールオム旋風がくるぞー!!)

細かく分けると裏原宿系の後に「恵比寿系」なんてものがあって。
でも、ブランドの出店する土地が変わっただけで洋服自体は大して変わんないから、もう同じ裏原系の括りでいいじゃんって思ってる。
だから、私の認識の中に恵比寿系も混ざってるかも。

当時の彼氏が上に挙げたような音楽もファッションも大好きだったため、店にはしょっちゅう行きました。
よく行ったのが、リボルバーやガルニ、ネイバーフッド辺り。
私自身は裏原系といわれるブランドは、アンダーカバー以外あまり興味なかったです。
SILASは割と好きだった記憶があります。

1万円のプリントTシャツ(ペラペラ)って冷静に考えるとクソ高いけど、でも1万円って学生にもなんとかなる金額で。
1万円で憧れのブランドが着れる!ってことで、学生も頑張って買ってましたよね。
ただブームのピーク時は行列しないとTシャツも買えなくて、だから私の周りはバンドTシャツ着ている男の子が多かったです。

裏原宿系ブランド、バンドブームが去ったあと。
日本の至るところで「息子が放置してて勿体無いから着てる」現象が起こります。「PIZZA OF DEATH」のロゴパーカーやTシャツを着るオカンが続出!(ハイスタンダードのレーベルの名前です)
その画は非常にシュールでした…。

私にも近いことがあって。

私の中で裏原系ブームが終焉を迎えると同時期に実家を離れたわけですが。
長期の休みに実家に帰ったら、当時高校生の弟(ファッション興味無し)が、私が実家に放置していったリボルバーのトートバッグを持って通学していました。
「プリントがかわいい」という理由で姉の置いていったブラフマンのTシャツを着るなど、意図せず遅れてきた裏原系ボーイ風になっていて、姉としては非常に驚きました!

…という、裏原系にまつわるエトセトラでした。

あの頃って、ブランドに固執していた感があります。
当時がっつり裏原系に染まってた男性は、もう結婚して父親になっている人も多いと思いますが、今は皆さん何を着て何を聴いているのでしょう。
…元彼に聞けって?お断りします!

だらだらと書きましたが、楽しんで頂ければ幸いです!

12 Comments

  1. WD

    久しぶりの更新、安心しました。
    お体大事になさって下さい(と言うか、お互いに…)。

    裏原宿系というジャンル自体に、のめり込んだことはないです。単品で気になったものはありましたが…
    自分は昔、服飾関係の専門学校に通っていました(得た知識はもうほとんど忘れましたが)が、同じクラスの人が卒業後に<ドゥアラット>で働いていました。<デビロック>なんかも裏原系なのでしょうか。
    裏原系って、分かる人にしか分からない感じがしますが、「ブランドだから固執していた」という面もやはりあるかもしれないですね…いい服を作るところには、続いてほしいものですが。

    • ご心配頂きありがとうございます…!
      早く、何かお知らせできればよかったのですが、目が見えないと何にもできないんだなーと…。

      ドゥアラットもデビロックも、裏原宿系の重要ブランドだと思います…!
      裏原系自体が基本的には男性中心の文化だったので、私自身はあんまり…でしたが、私の周りの男の子は裏原系ばかりでした(ちょうど中高生でしたし)

      確かに裏原系って結構ハマった世代が限定されるかもしれません。
      私より世代が少し上だと、その頃は丸井系やデザイナーズにハマっていた人が多いように思います。

      昔って、ブランドものを着る=おしゃれ、みたいなところもありましたしね。裏原系の前にヴィトンだプラダだグッチだっていう所謂「スーパーブランド」ブームもあったりして。ブランドの力は偉大でしたよね。
      裏原系といわれるブランドの中でも、ブームに乗るだけじゃなかった人やブランドがそれなりに残ってるのかなあとは感じます。

      服飾の専門学校に通っていらしたんですね!
      私は今でも、専門的に勉強したかったなあ…と思います。

  2. eva

    懐かしいですね、裏原ブーム。
    その頃の自分はD&Gやマックイーン、プラダ、ラフシモンズなどモード一辺倒だったので、裏原アイテムは基本スルーでした。音楽もメロコアには乗れず、レディオヘッドとかビョークとか聞いていたので・・・なんて考えると、着ている服と聞く音楽って結構密接に関係しているのかなぁとも思ったり。
    にしても、当時のナンバーナイン×キムタクの組合せは最強でしたね。ナンバーナインはキムタクのためにある服なんじゃないかとさえ思っていました 笑
    あの頃の印象もあり、小金のある今は、ソロイストとか買っちゃっています。

    ラジオも、働いていると聴けませんが、学生時代は、ずーっと聴いていました。今でも伊集院や爆笑、おぎやはぎなんかはちょろっと聴くのですが、すぐ寝落ちしてしまいます。中高生時代の趣味って、アラサーになっても、案外変わらないものですね。

    • 私も、ガキながらにモードに憧れていて…。
      お金は当然なかったですが、憧れはマルジェラだったので、裏原系のTシャツにデニム!みたいなのに面白みを感じなかったというのが本音です。
      音楽も、まさに同じです!洋楽だとビョークやレディオヘッド、邦楽だとグレイプバイン(お馴染み)とゆらゆら帝国が好きだったので、メロコアの有名どころは一通りは聞きましたがそんなに…という。
      やっぱり、音楽と服の趣味って通じてくるものがありますよね 笑

      当時のキムタク着用効果は凄まじかったですよね!
      ナンバーナインは確かに似合いすぎていました 笑
      当時を知っていると、ソロイストには特別な感情を抱かずにはいられないですね。無視できないというか…。

      私も学生の頃は、ほぼ毎日深夜ラジオを聴いていました…!
      これが夜更かし癖をつけてしまった気がします…。
      挙げて頂いた辺りは、やはり面白いですね。雨上がりや極楽のJUNKも好きでした。

      ほんと、学生時代から趣味趣向って変わらないですよね。
      中高生の頃の自分に教えてあげたいです…「お前アラサーになっても基本変わってないから!」って 笑

  3. ササミカレー

    当時はファションに全く興味が無かったので、楽しく読ませていただきました。
    私はディオールオム旋風以後のファッション界しか分からないので、古着屋さんで裏原時代のナンバーナインのTシャツとか見つけると不思議でした。芸風変わってるやんけ、みたいな(笑)
    キムタクがよく着ていたTMTとかもそのあたりの時代ですか?
    ディオールオム旋風の頃の話も是非聞きたいです。日本のファッションを一瞬で変えたというのはよく話で聞くのですが、どれくらいの衝撃だったのでしょうか。
    体調お気をつけてくださいね。私も2週間風邪を引いてます…。

    • 楽しんで頂けたなら良かったです…!
      多分、同じ時代じゃないでしょうか?
      キムタクのスタイリストが野口強さんで、裏原系ブランドをガンガン着せてた時代かな…と思います。TMT懐かしいです 笑

      ディオールオム旋風も、なかなかのインパクトでした。
      お兄系、裏原系、モード系、あらゆるジャンルに影響を与えたんじゃないかと思っています。
      日本の裏原系の流れにトドメを刺したのはここだと思ってます 笑
      その当時は私自身忙しくて記憶が曖昧なので…記憶の裏を取ってから、書こうと思います!

      ご心配、ありがとうございます!
      風邪症状って地味に辛いですよね、体力も削られますし。
      お互いに気をつけて、健康に年を越しましょう!

  4. やよい

    初めまして。
    ここ最近このブログを楽しみにしています。
    パートナーの着こなしの参考にしています。
    田舎者だったので当時裏原系は全く縁がありませんでした(笑)
    でもなるほどなぁと思って読みました。
    更新されないなぁと思っていたら体調崩されていたんですね。
    週末寒くなりますのでご自愛ください。

    • はじめまして、コメントありがとうございます!
      まんまと寒さにやられたのか、本物の風邪をひいてしまいました…。
      ご心配頂いたのに、情けないです…。

      裏原系って基本的に男性中心の文化でしたし、ショップの数も少なかったために、一部地域限定の流行だったという説もありますね 笑

  5. trophy

    初めましてです◎
    体調は大丈夫ですか?
    12月に入り、いきなり寒くなりましたね>_<
    ホント体調管理には気をつけて下さいね>_<

    てかかなり遅い書き込みで申し訳ないです。。

    ちなみに私は30ですが、この記事(?)を読んで、自分の洋服遍歴を考えてしまいました。

    中2で、よく分からずstussy→beauty beastとハマり、その後はUKモノにドハマりして(6876やYMCやマハリシなどなど… ショップでいうとReady Steady Go!とかの感じでしょうか^^)

    その後はお金がないので、古着を並行して買ったり、パンク・ハードコアのテイストも混じったり…

    そんなこんなしながら18になり、夜中にバイトし始め、金回りが良くなると、コレクションブランド(と言っても、ギャルソンやマックイーンなど)を買い始め

    その後は、アウトドア系や古着も買うようになり

    そうしてるうちにヘルコビッチと運命の出会いを果たし、幸せな日々を過ごしてたら
    とある冬の予約会で予約したのに、大震災のせいか入荷の連絡が来なくて、自分的にも落ち着いてから、取り扱ってる渋谷のアッシュペーの本店に行ったら、アッシュペーは移転してて

    もう面倒になり放置してたら、いつの間にか取扱を止めてて、日本では買えなくなり

    すねているうちにアラサーが近くなり、そろそろ大人に…と思い、フレカジをかじってみたりしたものの、本格的に迷子になり

    最近洋服楽しくないな~と思って、何とかならないかな~と思ってたら、このHPに辿り着きました。。。

    (今は東京→福岡に来て、服を買いに行く暇も減り、ギャルソンやナイジェル、あとは仲良くなったショップがセレクトしてる服を着たりしてます。

    てか洋服より別の事、頑張ろうかなーと思い始めてる30の冬です^^)

    さて裏原ですが…
    高校の頃に、地元鹿児島のアンカバのオンリーショップに人並んでんなー
    (アンカバの入荷日とか立ち上げとか、聞きました)
    位の記憶しかないです^^;

    ただ22位の頃にモテたいと思い、裏原のブランド古着(死語ですか?笑)を半年位で何着か買って着てたのは、覚えてます>_<笑

    (最近時代の流れか、無意識ですが、格好が裏原っぽいねーとかは、たまに言われたりはします^^)

    何だか取りとめのない話ばかり長文で申し訳ないです>_<

    今後もこのページに遊びに来るので、よろしくお願いします^^

    • こんばんは、はじめまして!

      今年30才ということは、私とほぼ同じ年ですね!
      人のファッション遍歴を聞くのはとても楽しいのですが、同世代だと特にリンクする部分が多いので思い出すことも多く、懐かしくも面白いものです。
      beautybeast、ヘルコビッチ…懐かしいです 笑

      今年は特に、裏原系のあの頃を思い出さずにいられないですね。
      よく流行は繰り返す、一周するなどと言いますが、まさか自分がこんなに早くその感覚を味わうとは…と感じています。
      年をとったと証拠ですが(懐かしい…!)と、街に出るたび思うシーズンです。

      私自身も、昔に比べればファッションに対する情熱は随分落ち着いたと感じます 笑
      大人になるつれ仕事も忙しくなり、環境も変わり、自由な時間もなくなりますしね…。

      お身体のご心配を頂き、ありがとうございます。
      完全に回復するまで休みきれないので、だらだら症状を引きずってしまっています…。
      学生なら今頃冬休みだなあ…と考えると、羨ましい次第です。

      …ぜひ、また覗きにきてくださいね!
      今後とも、よろしくお願いします。

  6. co

    初めまして、遅いコメントすみません。
    懐かしい話題だったので…
    当時はRMとapeによく行ってましたw
    だんだんUCとかsophとかになって最終的にはバランスウエアデザインだらけでした。
    恵比寿系、侵略裏原系とかありましたねw
    僕は今だにsupとかwtaps着てますよw
    若い頃にその界隈のショップ店員してて、それが今だに抜けないです。

    変わったことは、聴く音楽とシルエット…

    シャカゾンビとかBDBから洋楽聴くようになり、パンツは細くなり、髪は薄くなり…

    初めて拝見させてもらいましたが、ブログ末の買い物日記面白いですね。

    まだまだ冷える時期ですし、お体お大事にしてください。

    • はじめまして、コメントありがとうございます!

      当時、ショップで働いていたなんて!時代の生き証人ではないですか 笑
      「店員の態度がクソ」とか書いちゃってすいません…。
      働いていらっしゃったなら尚更、最近の裏原系ファッションの再来は感慨深いのではないでしょうか…?

      若い時に好きだったものって、抜けないですね。私も全然抜けないです。
      最近復活したAIRJAMの様子を見て(みんな引きずってるな!)と安心したというか、嬉しくなりました 笑

      髪が薄くなって…で思わず吹いてしまいました 笑
      私は身体も髪も肌も弱くなってしまって…生命力の低下をひしひしと感じています。
      頭髪含め健康第一、お互いに身体には気をつけましょう。。

      よければ、また覗きに来てください!

Comment