【流行】大人も履ける!汚くないダメージデニムたち

カーチャンに怒られそうなジーパン

破れたデニム、夏頃からよく街で見かけませんか?

いま、再注目されているのが、ダメージデニムです。
特に、クラッシュ加工が施された破れたデニムを街で多く見かけます。

あれですよ。カーチャンに「そんなボロ、履くのやめなさい!!」って怒られたり、勝手に補修されちゃう系デニムですよ。
グランジ、アメカジが注目される中…ボロボロのあいつらが返ってきましたよ!おかえりー!!!(にっこり

今日は、流行の破れている加工の施されたデニムについて!

選び方のポイントやオススメなど、あれこれです。

http://zozo.jp/shop/miharayasuhiro/goods-sale/4782818/

http://zozo.jp/shop/miharayasuhiro/goods-sale/4782818/

【はじめに】ダメージデニムを選ぶ時のポイント

流行の破れてる系ダメージデニム。
大人の男性が選ぶ際に気をつけたいことは、主に3点ではないかと。

・清潔感(ダメージ具合) ・シルエット(形) ・色

他人の目を気にするならば、この3つには注意したいところ。

【清潔感】ボロボロすぎるのは博打

ダメージ加工がいきすぎると、「汚い」と思われがち。好き嫌いが分かれます。
破れた部分から素肌が見えすぎることに、抵抗を感じる方も多いようです。
他人の目を気にするなら、ダメージはほどほどに、素肌が見えないタイプがオススメです。

【シルエット】スキニー具合にご用心

シルエットで注意したいのが…凄まじいスキニー!
タイツかな?というくらいにフィットする、スーパーなスキニーのことです。
足やお尻の形に加え、股間のぼってり感もモロに出てしまい、履く人をかなり選ぶと思います。
スタイルが非常に良い方にしか、格好良く履きこなせないと思うので…。他人の目を気にするなら、自分の体型とじっくり相談!

(下くらいのピチピチ度は、かなり難易度が高いと思われます。)

http://www.hm.com/jp/product/97848?article=97848-H

http://www.hm.com/jp/product/97848?article=97848-H

【色】汚れ加工にご用心

デニム本体の色は、ブラックから薄いブルーまでお好みで!…です。
問題は、加工による着色です。黄色っぽく変色加工してあるものや、濃淡の差が激しいものを「汚い」と感じる人がいます。
他人の目を気にするならば、色の加工が控えめのタイプが無難です。

旬のダメージデニムを選んでみました

・清潔感(ダメージ具合) ・シルエット(形) ・色

この3点を踏まえつつ、他人の目を気にしながら、ダメージデニムを選びました。
ちょっとダメージやりすぎじゃない?これスキニーすぎじゃないかね?みたいなものは、省きました。
オマケもいれて、全7種です!

ナノユニバース いい塩梅のダメージ加工

基本的にセレクトショップのオリジナル商品は、何事もやりすぎません。
このデニムも、いいところを突いています。汚すぎず地味すぎずです。広くウケる感じがします。

大胆に破ってるぅー!な部分には、しっかり裏布があり、肌は見せない優しさ。
裾部分に加工がないので、裾カットやロールアップも楽ちん。

日本製で、クラッシュ加工も手作業だそうですよ。その割にはお手頃!

MR.OLIVE 人気のデニムシリーズ

見た目はアメカジを意識しつつも、シルエットは日本人の体型に合わせたという、気の利いた1本です。
ブランドオリジナルのデニム生地を使用し、テーパードシルエットで仕上げたそう。
…こちらも、素肌が見えないようになっています。

私はこのデニムを「やりすぎ」「汚い」とは思いませんが…。
清潔感を重視するなら、念のため、デニム以外は”きれいな”アイテムで固めたほうがいいかな…と思います。

BALとLEVI’S 足見えも膝チラならセーフ?

ダメージデニムについて数名の女性に意見を聞いてみたんです。
破れたデニムから足(特に太もも)が見えることを「嫌だ」とする意見が多い中、「膝ならアリ」とする意見が多かった。
…ということで、「破れたデニムは履きたいけど、周りの目が気になる」さんは、膝だけが破れているタイプを選んではどうでしょうか。

膝だけ破れているタイプ、結構多いですよ。

上はBALのもの。下はLEVI’S 501をテーパードにしたもの。
どちらもブリーチ加工はしてあれど、破れているのは膝だけ。控えめです。

NUMBER (N)INE やりすぎない”らしい”デニム

ナンバーナインらしい、加工デニムです。
ブリーチ、ペンキ、クラッシュなど様々な加工が施されていますが、どれも”そこそこ”。やりすぎてはいません。素肌も見えませんし、加工具合がちょうどいいところで止められている感。

値段も、16,200円とお値打ち。
こちら、ナンバーナインとラブレス・ギルドプライムのコラボ商品だそうで…
ナンバーナイン「監修」の元、製造販売されている商品との記載があります。だから、こんなにお安いのね。

http://zozo.jp/shop/guildprime/goods/4805618/

http://zozo.jp/shop/guildprime/goods/4805618/

http://zozo.jp/shop/guildprime/goods/4805618/

http://zozo.jp/shop/guildprime/goods/4805618/

 ジュンヤマン 大人でも履ける加工デニム

「JUNYA WATANABE MAN」恒例のパッチワークデニムです。
ダメージ加工デニムに抵抗がある方でも、取り入れやすいのではないでしょうか。
こちらも、素肌は見えないようになっています。全体的に清潔感があります。

こちらは前面がブルーですが、ブラックのタイプもあったはず。
共通して背面はブラックでした。(取り扱い店さんのブログによると、背面は「ウールドスキン」)

参照サイト(外部):「UNDERPASS」さんblog

http://eighteen.exblog.jp/24419827/

http://eighteen.exblog.jp/24419827/

お値段は、約72,000円(税込)。
今季のジュンヤマンは、このパンツを含めて全体的に細身です。ワンサイズ上げる方が多いそうですよ。

このデニムと、共に写っているスタッズスリッポン。
両方共レディースでも展開しています。女性で気になる方もぜひ!

http://eighteen.exblog.jp/24419827/

http://eighteen.exblog.jp/24419827/

 

以上になります。

他にも、アンダーカバー、ミハラヤスヒロ、Lee、CHEAP MANDAYなどに、格好良いものがありました。
サンローランにもあったよ…10万円超えるけど…(小声

トレンドアイテムですから、どこのセレクトショップも大抵はオリジナルで作っています。アローズやURでも、実際すでに販売されています。
それこそ、国内外のファストファッションブランドにもズラリです。
安いお店だと、破るだけで裏に布を張ってないタイプが多いように思います。(コストの関係?)

ピンからキリまで…今季はダメージデニムが大漁です!

長らく無地のベーシックなデニムがトレンドだったので。
無地デニムに飽きちまったぜって方、ダメージ加工デニムはいかがでしょうか!
レザージャケットにも、よく合いますよ!

関連記事:【メンズ】レザーライダースジャケット 王道着こなし集

参考になれば、幸いです!

6 Comments

  1. WD

    天の邪鬼なのか、「加工のダメージに、経年でさらにリアルなダメージが積み重なるとどうなるのか?」と考えてしまいます。

    ダメージデニムは、自分的には、古いですがこの動画みたいに、アーティストさんが着用しているイメージ。
    https://www.youtube.com/watch?v=uXf1AKmbY48

    またはセクシーなアイテムとでも言うのか、そんな思い込みがあって、男が履いている姿には、少し抵抗があります。

    リペア加工についても、「本当のリペアなら、そうはならないのでは?」と思ってしまいます。
    以前、ジーンズを業者さんに修理に出したところ、その業者さんが面白い方で(商売気がないと言うか)、「ご自分でも出来ますよ」と言われ、以降自分でミシンでリペアしたこともあります。

    「リアルなダメージをリペアして、それが格好いい」というのが理想です(なかなかそううまくは行かない気もしますが)。

    それでも、周期的に流行しているからか、やっと「ダメージやリペアの加工も、デザインの一種なのだ」と思うようになりました。

    「リメイクデザインジーンズシリーズ、ハッピーデニム」これは面白いと思います。
    http://wondermoutain.blog.so-net.ne.jp/2013-10-03-1

    • 思えば、昔って今ほど加工デニム、無かったですよね。
      せいぜいブリーチくらいで、破ったりスタッズを打ったり、ペンキをかけたりした製品が当然のように売られるようになったのって、案外ここ最近かもしれません。

      理想はデニムを履きこんで自分で育てることですが…実際、そこまで履きこむのって、難しいですよね。
      10年以上前に、ヴィンテージ・ダメージデニムが流行った頃に、デニムの育て方・作り方みたいなものが、よく紹介されていましたね。
      石と一緒に洗ったり、ブロックでこすったり…色々ありましたが、私は面倒臭がりなので、読むたびに(こんなの絶対無理)と思っていました 笑

      ご紹介いただいたデニム、かわいいですね!!!
      人の手をかけないと無理なタイプ…デザインデニムですね!

  2. Oniwaka

    ダメージデニムでも最後まで突き抜けてしまうと
    嵐の相〇君が履いてたサンローランのチェーンデニムみたいな
    ド派手な着る人を選ぶ服になっちゃいますよね・・・(欲しいし着たいですけど)
    というとやっぱりここでいうナンバーナインのダメージデニムくらいが
    丁度いいのかなぁといつも買うときそこに落ち着いてしまいます

    記事冒頭でも注意されていましたが
    やはりピチピチスタイルを諦めきれずこの冬、
    茶のスウェードリングブーツに黒のスキニージーンズとダッフルコートという
    暴挙に出ようかと思っています・・・!

    • 加工も度が過ぎると、ホームレス系orヴィジュアル系orキ●ガイ系…どれかに分岐してしまいますからね。
      しかし、ファッションは開き直りも大切です。

      細身のパンツでも、柔らかいタイツみたいな素材だと危険なんですよ。
      スキニーデニムでも素材にある程度の硬さがあれば、足や股間の形はそこまでは出ないですから!江頭状態にはなりません、大丈夫です。
      硬さはあれども伸びるタイプはありますから、硬さがある程度残ったものをオススメします。股間へのダメージはそれなりにあるかもしれませんが 笑

      スウェードリングブーツ+スキニー+ダッフル…いいじゃないですか。
      やってやればいいんですよ!!!
      人の目を気にしすぎたら、無難な格好しかできませんからね!!
      お若いのなら、尚更です。若いだけで許されることって沢山ありますから、ぜひ若さには甘えてください!!!

  3. hare_1214

    はじめまして。いつも勉強させていただいてます(ぎんちゃんのほうも)。

    ダメージジーンズは、ここ一年ほど探し続けているのですが、なかなかしっくりくるのがありませんでした。レディースに比べて、メンズのダメージジーンズは少ないような気がします。

    清潔感って、ほんと大事ですよね。
    特におっさんが履くとなると、なおさら品がないと。

    納得いくものは自分で作るしかないなと思ってたので、今回の記事はとてもタイムリーで、参考になりました!

    • はじめまして!
      ぎんちゃん共々、いつもありがとうございます!!

      ダメージデニム、大人になると難しいですね。
      やはり全体の清潔感を大事にしながら、ベーシックな形のものを選ぶのが、今は良いのかなと思います。
      種類も、メンズのほうが少ないも思います。あったとしても、ハードすぎるものだったりして…。ちょうど良いものがないというか。

      この秋冬は、どこもダメージデニムを作っているので、良い物が見つかるかもしれません!
      また後日、ダメージデニムをきれいに着ているコーディネイトを集めて紹介できればと思っています。
      よければお楽しみに!また覗きにきてくださいねー!

Comment