男性にも、トレンチコートのススメ

トレンチコートという選択

長く使えるアウターと聞かれてまず思いつくのが、トレンチコート。
同率一位は、ステンカラーコート。

この2つは、まさに「3無い」です。
流行に関係ない、年齢に関係ない、季節に関係ない。

季節という意味では、ライナー付きを購入すれば真冬の極寒以外の時期に使えます。
おそらくウール素材より、時期的には長く使えるはず。

3月は十分寒い時期ですが、もう冬物は見た目に重い時期です。
余程のファッショニスタ()でなくとも、ウールは気分じゃない頃です。
そんな3月や4月にも活躍するのが、トレンチコート!

2014年の春は、トレンチが注目されています。
定番というよりデザインの効いたトレンチコートが、各ブランドから発表されており、要注目とされていますが、実際にはベーシックなスタイルが流行している流れを汲んで、定番型のトレンチが結局主流になると考えます。(特にメンズは。)

今日は、そんなトレンチコートについて!

 

トレンチコート、驚きの由来

トレンチコートの意味を最初に知ったとき、ビビりました。

トレンチって、塹壕(ざんごう)って意味だそうです。
元はイギリス軍が作った軍用コートで、非常に寒い欧州の泥やホコリでめちゃくちゃの塹壕での戦闘で大活躍したらしいのです!

元々は悪天候時用のレインコートだったそうで、第一次世界大戦で活躍したそう。
確かに本格的なものは生地もしっかりしているし、撥水性にも優れていますよね。

最初は軍用だったところ、機能的だし見た目もなんかイケてるんじゃね?ってことで、民間にも普及していったそうです。

…実用的なはずです、下手なウールより暖かいはずです。

 

トレンチコートの選び方を考える

トレンチコート、私服で着ている大人を意外に見ません。
スーツの上に、黒っぽいショート丈トレンチを着ている人は見ますが、男性で私服に取り入れている人って、思ったより少ないように思います。

探偵や刑事みたいになるからでしょうか。

若い人は、着崩したりして、ざっくり着ていますが。

 

まずは、色や柄のお話。

定番なのは、上の二色のような色ではないでしょうか?白っぽいベージュと、カーキっぽいベージュです。
他にも赤茶寄りのベージュも存在したりします。

次いで、黒・紺・グレーの色を多く目にすると思います。
男性モノだと、暗めの細いストライプ柄や、暗めのチェックなどの落ち着いた柄も見かけます。

何色が似合うのか・使えるのかは、個人差がありますが…

一番トレンチコートらしく季節も問わずに使えるのは、薄いベージュかと思います。
真冬は少し寒々しく映るかもしれませんが、春に向けての時期に非常に映えます。
トレンチのデザインやイメージが一番伝わるのは、やはりベージュ。

どんな系統で攻めたいかによりますが、次にお勧めなのは紺。
トラッドな印象をしっかり保ちつつも、暗い色なので使いやすいです。
黒ほど春に使っても重くならず、秋冬にも馴染みます。
男性ならば、使い勝手だけでいえば、紺が一番なのかもしれません。

 

今季注目はデザイントレンチらしい

雑誌だとかには、デザインが効いたトレンチが注目だと書いてあります。

例えば、破れた感じの加工がしてあったり、スタッズが付いていたり。
素材が変わっていたり、色がきれいだったりバイカラーだったり…。
袖だけレザー、みたいな異素材ドッキングも出てきそうです。

ANREALAGE_TC

アンリアレイジの2013-14AWのトレンチ。
ここは毎シーズンのようにデザイントレンチがありますね。

 

しかし、買うならば、まずは定番がいいと思います。
もし定番を持っていて扱いが慣れているなら、デザインものも良いですが。

流行を取り入れるなら他で取り入れ、トレンチは定番にしといた方が懸命だと思います。
色がキレイ色ってだけなら良いと思いますが、いきなり変わり種はギャンブルです。

もしデザインものを買うにせよ、あまり派手すぎない方がいいと思います。
アウターは値段も張りますからね…どうせなら長く着られるものを!

 

丈はなにが使いやすいのか

大別すると、ショート、ミドル、ロングの3種類。

腰くらいまでが、ショート丈。
お尻が隠れる腿あたりまでがミドル丈、膝より下ならロング丈。

上のタトラスのものは、ミドル丈です。
一般的には、この丈が一番使いやすいのではないでしょうか。

コーディネイト的に、一番バランスが取りやすいと思います。
腰周りが隠れるので、スタイルも良く見えます。

丈がここまでくると、ロング丈です。

雰囲気がかなり出ます。
バランス良く素敵に着こなすには、結構な腕が必要かと思います。
カジュアル派の方なら、前を開けて、ざくっと着るのがおすすめ。

 

トレンチコートは誰でも似合うのか

定番とされているものって、誰でも似合いそうですが…。
経験上、意外と似合う似合わないが別れるアイテムだと思ってます。

定番トレンチコートは、硬くハリのある素材のイメージではないでしょうか。
定番は大体、ギャバジンという素材で作られています。
高密度のギャバジンは、玉虫色のような光沢があり硬めの質感が特徴です。

この素材感、見た目にも重厚感があるので、似合う似合わないの相性があるように感じます。
特にロングとなれば結構な重厚感で、ダメな人はダメ。

重い素材感が苦手な方は、コットンツイルやレーヨンで作られたタイプがお勧め。
形がトレンチだけど、素材がシャリっとしたものや、テロンとしたものだと、雰囲気も随分変わります。

よくある定番のトレンチコートがどうも似合わないという方は、素材を変えてみるのがお勧めです。

Love, Hope & My Trench Coat

 

 

今回は、トレンチコートについてでした。

私は背が低いので、重厚感のある定番のトレンチコートが似合いません。
ちびっこ探偵みたいになり、着られている感が半端ないです。

軽さのでるレーヨンとポリエステルのタイプだと、大丈夫でした!

トレンチが苦手…という方は、素材を変えて挑戦してみてください。
随分印象が変わるので、イケるはずですよ!

ぜひ、自分に合うトレンチコートを、ぜひ見つけてください。
流行に関係なく長く着られるので、お気に入りの一着を見つければ心強いですよ。

 

有名タイトルの続編が続きますね。
やっぱりお年玉狙いなんでしょうか。

 

2 Comments

  1. WD

    トレンチ、雰囲気があるアイテムですね。
    女性がタイトなのを着ている姿にも惹かれます。
    男だと銭形警部になりがち(あれも理想像だと思うのですが)。
    ジャケット(スーツ)の上から着るのか、ニット等の上から着るのかによっても違いそうですね。
    雑誌<ポパイ>に、hykeのトレンチを着た女性の写真が載っていて、格好よかったです。

    画像のアンリアレイジのもの、手首も見える位なので、袖丈は短めの設定なのでしょうか。着こなしが難しそう。ヴァリエーションのデザインとしては惹かれますが…

    <ZUCCa>の変形トレンチ(紺、薄手のウール)を数年前に買いました。女物で、背中のアジャスターがかなり高い位置にあり、衿まわりのデザインが変わっています。着こなしが難しいけれど、その分飽きない気もします。

    でも1着は定番的なトレンチも欲しい…ラグランスリーブではないやつで、細身で長い丈のもの。hykeからメンズが出ればかなり条件に合いそうなのですが…

    • chanboo

      銭形警部…笑
      まさに、そんな感じになりがちなんですよね。
      あれはあれでダンディーで格好良いのかもしれませんが、40代までの男性がやっちゃうと老けて見えてしまいそうですよね。

      スタイリッシュに着るには、少し薄手でタイトめなのがいいかあなあと思います。
      zuccaは変形トレンチとか得意そうですね!
      zuccaの定番にデザインを加えた系の無地のアイテムって、大抵長く使えるので。

      HYKEのトレンチは、ダッフル同様に男性からのラブコールも多いみたいです。
      垢抜けつつもスタンダードなデザインが、ありそうでないですもんね。
      業界関係者からも大好評ですし、そのうちメンズもやるのでは?と勝手に思ってます。

Comment