【2015AW】異素材切替デザインのメンズアウター 5選

アウター毎年買いますか?

秋冬といえば、やはりアウター(羽織モノ)ですよ!

色々と気になるアウターはありますが…
今日は、異素材を組み合わせたデザインのアウターを選んでみました!

コミューンドパリ、襟がボアのピーコート

襟部分がボリュームあるボアだと、ピーコートも随分と印象が変わります。
ボアのボリューム、見た目にも暖かそう!

お値段は、78,000円+税。

http://flagshop.jp/mirabellah/shop/g/g2147476901MH_r10901/

http://flagshop.jp/mirabellah/shop/g/g2147476901MH_r10901/

襟のボアは取り外し可能です。
取り外すとベーシックなピーコートですから、季節や気分に応じて使い分けが可能です。クリーニングに出すときも安心だね!

コートのシルエット自体はベーシックなので、着やすいと思います。
形さえ着慣れた形なら、デザインがあれこれプラスされていても、案外着やすいものです。

下は色違い。シックな印象ですね。
ボア部分とコート本体の色の差が小さいから、こちらの方が着やすいと感じる方は多いかも。

http://flagshop.jp/mirabellah/shop/g/g2147476901MH_r10901/

http://flagshop.jp/mirabellah/shop/g/g2147476901MH_r10901/

J.W.ANDERSON、ベロア使いコート

ウール素材のコートですが、襟とポケットがベロア素材!
丸みを帯びた襟の形、メンズでは珍しいですよね。
すっきりしたタートルネックなどと合わせて、襟のデザインをアピールしたい。

お値段は、170,000円+税。

http://flagshop.jp/mirabellah/shop/g/g2142401046MH_r10901/

http://flagshop.jp/mirabellah/shop/g/g2142401046MH_r10901/

色違いのベージュ系のほうが、素材感はわかりやすいでしょうか。
はあ、ふかふかして肌触りが良さそうだなあ…。首、気持ち良いだろうなあ…。

http://flagshop.jp/mirabellah/shop/g/g2142401046MH_r10901/

http://flagshop.jp/mirabellah/shop/g/g2142401046MH_r10901/

http://flagshop.jp/mirabellah/shop/g/g2142401046MH_r10901/

http://flagshop.jp/mirabellah/shop/g/g2142401046MH_r10901/

BARBOUR(略)WHITE MOUNTAINEERING

覚えさせる気がないよね、このブランド名。
「BARBOUR BEACON HERITAGE RANGE BY WHITE MOUNTAINEERING」

BARBOUR定番のワックスコットン生地をベースに、コーデュロイやレザーを部分的に使ったダッフル型のジャケットです。

お値段は、135,000円+税。

http://flagshop.jp/mirabellah/shop/g/g2191527101MH_r10901/

http://flagshop.jp/mirabellah/shop/g/g2191527101MH_r10901/

ウールのダッフルコートって学生感が出て苦手…という方にも!
なかなか男臭く仕上がっております!

バックスタイルは、シンプル。

http://flagshop.jp/mirabellah/shop/g/g2191527101MH_r10901/

http://flagshop.jp/mirabellah/shop/g/g2191527101MH_r10901/

首周りも、なかなか凝っています。
このアウターは、着る人の年齢を選ばなさそうです。
20代からそれこそ60代まで、格好良く着られそうだなと感じました。

http://flagshop.jp/mirabellah/shop/g/g2191527101MH_r10901/

http://flagshop.jp/mirabellah/shop/g/g2191527101MH_r10901/

Kolor、ポケットがデニム!なニットジャケット

今季フォークロア調のアイテムが多い、kolor。
こちらのジャケットは、ポケットがデニム素材です!

商品写真だけを見ると、アメカジっぽいのかと思いませんか?
本体の色合いや素材感といい、ポケットはデニムだしで…

http://www.thecorner.com/jp/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88_cod41591386rn.html

http://www.thecorner.com/jp/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88_cod41591386rn.html

着用写真で見ると、意外にきれいめ。
意外にコンパクトなシルエット。グリーンのグラデーションの位置が絶妙です!
変な派手さや頑張ってる感がないので、気負いなく着られそう。そう、活躍するパターン!

参考価格、約150,000円。

http://www.thecorner.com/jp/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88_cod41591386rn.html

http://www.thecorner.com/jp/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88_cod41591386rn.html

GANRYUのダウンコーチジャケット

異素材を組み合わせたアイテムが多い、GANRYU。
以前、ダブルのライダースジャケット風コーチジャケットを紹介したのですが、今回は別タイプを!

参考記事:【2015AW】売れそう!な秋の新作アイテム 4選

前身頃だけがウールなんです…襟付きのジャケット風。

http://zozo.jp/shop/ganryu/goods/6489147/?did=18445070

http://zozo.jp/shop/ganryu/goods/6489147/?did=18445070

背面は普通のダウンジャケットのようです。
身頃と袖を切り替えるデザインは多いですが、前身頃だけが違うデザインというのは、割と珍しいです。

http://zozo.jp/shop/ganryu/goods/6489147/?did=18445070

http://zozo.jp/shop/ganryu/goods/6489147/?did=18445070

ちなみに、内側(裏地)も凝っています。
前身頃の裏地は袖のもこもこダウンで、背中部分にはつるつるのポリエステル。
こう見えて、結構暖かいのです。

お値段は、95,040円(税込)

http://zozo.jp/shop/ganryu/goods/6489147/?did=18445070

http://zozo.jp/shop/ganryu/goods/6489147/?did=18445070

お手頃価格でも、手に入ります

ここまで、割と高価なものばかりでしたが。
異素材がドッキングされたデザインのアウターは、お手頃価格でお馴染みのお店にも並びます。
いわゆるセレクトショップオリジナルなどでも作られるので、気になるけど予算がない!という方もご安心ください。去年も並びましたよ(にっこり

例えば、スタジャンの袖だけがレザー素材のものだとか、ダブルライダースジャケットの形で身頃ウール×袖レザーだとか…。
レザー×ウールのブルゾン・ジャケット類は、今年も多そうです。

 

昨年ちょくちょく見られたのは、ウールとダウンをミックスしたデザイン。
今年も、袖切替ブルゾンほどじゃないにせよ、登場しそうです。

まだ冬用アウターが並んでいないお店も多いですが、異素材のドッキング・切替は今年も流行が続いているので、色々なお店で各種見つけられるはずですよ。お楽しみに!

 

以上になります。

まだまだ気は早いですが、やはり秋冬シーズンはアウターが気になります。
私はアウターが大好きなので、アウターばかり追い求めています。

また、よさげなものがあったら、ご報告します!
人気のものは、寒くなる前になくなっちゃいますからね!!!(張り切り

参考になれば、幸いです!

4 Comments

  1. 小泉 海斗

    お久しぶりにコメントします!
    毎日ブログ見てます!
    これからも更新楽しみにしてます\(^o^)/

    • おお!めちゃくちゃにお久しぶりです!!お元気でしたかー?
      まだ読んでくださるとは…ありがとうございます!
      また気軽にコメントくださいね!

  2. WD

    自分は元々、着こなしとかお洒落より、デザイン性の高い?服に興味を持つ方が先でした。それでだと思うのですが、切替って好きです。

    J.W.ANDERSONさん、今をときめくデザイナーさんですね。ご本人のブランドや<ロエベ>のイメージからすると、このコートは「意外に、そこまで高くない」ように思えてしまいます(苦笑。十分高いのだけれど、基準が狂ってきますね)。このコートちょっと欲しいです。セールに出ないかなあ(笑)。とりあえずどこか(新宿伊勢丹しか思いつかないですが)で試着してみたいです。
    自分は、同じ生地の色違いの切替でも目が行く方ですが、異素材だと素材の違いによる面白さもありますね。kolorさんのは印象的です。

    切替と言うと、先日これを試着しました。
    http://www.thefashionisto.com/junya-watanabe-fallwinter-2015-menswear-collection-channels-formal-60s-styles/#jp-carousel-384059
    「自分自身のイメージとはちょっと違うかな」と思いつつ試着したのですが、「格好いい…」と思ってしまいました(大馬鹿ですね)。
    袖等とてもタイトで、着る人を選ぶ細さでした。ワークのようでもフォーマルのようでもあり、モードなような違うような、不思議な印象の服でした。切替のためか、黒だけれどのっぺりしていなかったです。
    実用面から言えば別に要らないのですが、欲しくなりました。多分買えないけれど。

    • アウターのデザインって、派手すぎても着る機会を逃してしまうので…。
      無地の切替くらいが実用的で、私も好きです!

      私もJ.W.ANDERSONのコート、(意外に安い)とすら思ってしまいました 笑
      ウールで裏地付のアウターとなれば、MARNIでも確実に20万超えますからね。
      デザイナーは今をときめいておりますが、このコートは似合う人を選びそうなので…セールまで残りそうな…。
      そもそも、コート自体11月まで滅多に売れないと思うので、今のうちに試着してサイズを合わせておいてはいかがでしょうか 笑
      伊勢丹以外だと、阪急メンズ(4階のセレクトコーナー)、ドーバー銀座にもあるようです。

      今季のジュンヤマンは、かなり細身みたいですね!
      みなさん普段とは一つ上のサイズを選ばれるそうです。
      今回はパッチワークというより、切替が多いですね。このアウター私も見ましたが、細身で格好良かったです。
      …今季凄く格好良いんですけど、着る時を選ぶ服も多いうえに、割と高価なので…そちらもセールに残るかもしれません(小声

Comment コメントをキャンセル