グレーアウター、メンズコーディネイト例10選

メンズで人気?グレーのアウター

先日、セレクトショップ別アウター売り上げランキング1位を調査した記事を書いたのですが、ざっと調べた感じ、ダウンジャケットだと色人気がグレーが最も高かったんです。

参考記事:人気セレクトショップ別、メンズアウター人気1位調査

皆さんグレーのアウター持っていますか?
冬って全体的に色も素材も重くなるし、紺や黒に比べて明るいグレーは、結構使い勝手がいいですよね。
ボトムスに暗い色のパンツも持ってきやすくなるしで。

今回は、グレーのアウターを使ったショップ・ブランド提案のコーディネイト例の中から、いいなーと思ったもの・参考になりそうなものを10種類紹介したいと思います!

定番ピーコートのグレー

http://zozo.jp/shop/greenlabel/goods/4287418/

http://zozo.jp/shop/greenlabel/goods/4287418/

グレーにも様々で、チャコールグレー(濃いグレー)からライトグレー(明るいグレー)までありますが、これはライトな方のグレーですね。

参考記事:「グレーの色タイプ別、コーディネイト相性考

定番のピーコートでもライトグレーだと、黒や紺とは大きく印象が異なり、優しく軽い印象に映ります。
黒や紺と、ニットの白やスニーカーを合わせたら、パキッとしてメリハリは付くと思うのですが、そういうコントラストが強い組み合わせが苦手な人もいると思います。
中間色のグレーは、コーディネイトをマイルドにまとめてくれますよ。

明るいグレーのチェスターコートは使いやすい

http://zozo.jp/shop/onedaykmc/goods/3841751/

http://zozo.jp/shop/onedaykmc/goods/3841751/

http://zozo.jp/shop/rageblue/goods/3930721/

http://zozo.jp/shop/rageblue/goods/3930721/

パンツが黒や紺でも重くなりすぎないし、メリハリがつくぜ!ってのが、やっぱりライトグレーの良いところ。
どうしても冬は、暗い色のパンツがメインになりますから。
メンズの場合、丈の長いアウターなら、基本的には黒よりグレーの方が扱いやすいように思います。

ライトグレーは明るい分、インナーの色もきれいに引き立ててくれるので、上の写真のように中にボルドーや黒を入れてもキレイに映ります。

暗いグレーのチェスターで大人っぽく

http://zozo.jp/shop/ships/goods/4257316/

http://zozo.jp/shop/ships/goods/4257316/

ライトグレーだとなんかカジュアル?でも黒だと重いし強いような…
そんな人には、はい、チャコールグレー!

インナーにいれた強めの色を配色したニットとの相性も凄く良いですね。
先に挙げた明るいグレーより、濃いグレーの方が落ち着いた印象を受けます。

これくらいのグレーでも、黒と比べると十分軽い印象に映りますから、大人の方だとこれくらいの濃さの方が落ち着く…なんて方も多いかなと思います。

ブルゾンもグレーだと優しい

http://zozo.jp/shop/rageblue/goods/4284666/

http://zozo.jp/shop/rageblue/goods/4284666/

いま流行のブルゾンも、黒だと割と男らしい印象になりがちですが、グレーだとなんか優しげ。
黒よりグレーの人の方が、きっと話しかけやすいよね。

このブルゾンのように、身頃グレー×袖ブラックの組み合わせは結構多く作られています。
デザインが面白いとか抜きに、全てグレーより袖だけ黒の方が、スタイルが良く見える気がします。
腕も細く長く見えるしといったところで。

http://zozo.jp/shop/urbanresearchdoors/goods/4536206/

http://zozo.jp/shop/urbanresearchdoors/goods/4536206/

カジュアルな印象のボアブルゾンも、グレーだと優しげですねー。
グレー×ネイビーの組み合わせは、非常に爽やかです。

ダッフルコート、グレーだって使いやすいよ!

http://zozo.jp/shop/globalwork/goods/4608856/

http://zozo.jp/shop/globalwork/goods/4608856/

ダッフルコートといえば、キャメルかネイビーで覇権争いをしている印象。
どうにもグレーは印象が薄いんですが、グレーだって使いやすいよねって。

この写真のように、中に濃い色メインのボーダーを使っても映えるし、パンツに濃い色も持ってこれる。
ショート丈のダッフル、キャメルとネイビーばっかり見てないで、グレーだって見てあげて!

ダウンもグレーなら重くなりすぎない!

http://zozo.jp/shop/luis/goods/4592874/

http://zozo.jp/shop/luis/goods/4592874/

http://zozo.jp/shop/nanouniverse/goods/4712071/

http://zozo.jp/shop/nanouniverse/goods/4712071/

冒頭でもお伝えした通り、ダウンジャケットはグレーが人気。
コート自体のボリューム(重さ)が色が軽減してくれるから…?なんて書きましたが、写真で見比べると、確かに黒や紺より随分明るい印象になります。

表面がシャカシャカ生地ではなく、ウール生地で仕上げてあるタイプのダウンが好きな方だと、一番ウール感が出るのってグレーな気がするので、そこも評価ポイントなのかなーと感じました。

上の2枚目の写真は、ダウンなのにステンカラー型です。
ダウンジャケットのもこもこした独特のシルエットが苦手な方も、これなら…!
丈も長くお尻も隠れるので、暖かそうです。

ライトグレーで、ナチュラルで個性的な雰囲気も出せる

http://zozo.jp/shop/trove/goods/3748920/

http://zozo.jp/shop/trove/goods/3748920/

毛足の長いメルトンを使った、アウター。
ベージュ~茶でまとめると、紺や黒とのコーディネイトとはまた違った印象になります。

これが濃い(暗い)グレーだと、茶色を合わせると重くて淀んでしまいがちなのかな?と思うのですが、白により近い明るいグレーだと、茶系との組み合わせもとてもきれいです。黒髪とも相性良しですね。

 

以上、10選でした!

日常的に着そうな、色々な丈・素材のアウターを使ったコーディネイトを集めてみました。

繰り返しになりますが。
グレーは明るい分、優しい印象に映るのと、濃い色のインナー・ボトムスと合わせやすいのが良いところだと思います。黒や紺、キャメルとはまた違う魅力と使いやすさがあると感じます。

ちなみに、紺アウターバージョンもありますよ。
参考記事:「メンズの紺アウター コーディネイト例10選

参考になれば、幸いです!

2 Comments

  1. ケロッグ

    いつも楽しく拝見させていただいてます!!

    この間グレーとキャメルのチェスターコート、どっちにするか迷ってキャメルを買いました
    この記事読んだらグレーがよかったかもと思ってしまいました笑

    • こんにちは!
      キャメルにはキャメルの良さがありますから!笑
      私はキャメルも持っていますが、黒紺グレーの定番3色とは全く使い道や魅力が違いますよね。

      そのうちキャメルアウター特集も書くので、それを見て(キャメル買って良かった)と思ってください 笑

Comment コメントをキャンセル